• SMBC
  • SMBCグループ

Business Watch

SMBCマネジメント+(プラス)

五百旗頭 真 氏

大谷翔平

敗戦後のモノのない時代に育った私どもの世代にとって、スポーツをするといえば設備のたいしていらないソフトボールやピンポンぐらいだった。草野球で育った世代である。

その頃、頭抜けてうまい者が一人いると、ピッチャーで4番、一人でチームを勝たせるヒーロー的な存在となった。ある時期まで、高校野球の甲子園出場チームにも、そんな存在がいた。しかし、大学や社会人野球、さらにプロにまで進めば、合理的役割分担が確立し、大きな組織の一部品がつとまるか否かが問われるようになった。投手には球数制限が課され、福岡ソフトバンクホークスの周東選手は足が速く、盗塁ができる一役割でレギュラーとなった。星飛雄馬のようなスーパーヒーローは、アニメの世界の話に過ぎないかに見えた。

ところがである。アニメ・漫画にインスピレーションを受けた日本の若者が、近年は本当にヒーローを演ずるようになった。大谷翔平はその極致であり、エースにしてホームラン王を、なんと大リーグで演じている。

私どもの子ども時代は、古典の名作に志と勇気をもらったものである。今の子どもたちに夢と志を最大出力で提供しているのが、アニメなのである。

それにしても、かつては大リーグから見れば、日本のプロ野球は高校野球レベルと言われた。野茂英雄とイチローが革命を起こし、大リーグのスターとなった。いまや、高校野球時代の夢をもち続けた日本の若者が、大リーグの不世出のスーパースターになろうとしている。

戦前の日本は軍事力に賭けて滅びた。戦後の日本は平和的再生を目指し、経済大国となったが、バブルがはじけて経済賑わず、普通の先進国の一つとなった。でも嘆くにおよばない。大谷翔平やコロナ下の東京オリンピックのメダルラッシュに見たように、思いがけない分野のスポーツでも世界のトップクラスになれる。

力も経済もいつの時代にあっても大切である。しかし文化とスポーツに秀でることの意味も捨てたものではない。



※本原稿は「SMBCマネジメント+(プラス)」2021年10月号(10月1日発行)に掲載されたものです。


マネプラ・オピニオンについて

ビジネス情報誌「SMBCマネジメント+(プラス)」にて、下記の6名の識者の方々が、自身の視点でまとめた経営者へのメッセージを巻頭コラム「マネプラ・オピニオン」として連載しています。

【執筆者一覧】 2021年4月号~

  • 五百旗頭 真 氏(兵庫県立大学 理事長、公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構 理事長)
  • 高橋 進 氏(株式会社日本総合研究所 チェアマン・エメリタス)
  • 田中 優子 氏(法政大学 前総長)
  • 冨山 和彦 氏(株式会社日本共創プラットフォーム(JPiX) 代表取締役社長)
  • 松本 紘 氏(国立研究開発法人理化学研究所 理事長)
  • 手嶋 龍一 氏(外交ジャーナリスト・作家)

※掲載順

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから