• SMBC
  • SMBCグループ

社内研修(講師派遣)

過去実施した研修の概要・経緯・内容・成果などをご案内

研修事例3

能力開発型アセスメント研修

企業概要
業種 情報システム構築業
社員数 約130名
研修対象 次期管理職 12名
研修内容 1泊2日の集合研修
企画背景(=課題認識)
  • 部長候補、課長候補、主任候補を対象に能力開発型アセスメント研修を終え、今回はチーフを対象に能力開発型アセスメント研修を実施することになった。
  • 様々な理論を学ぶと同時に、他人とのかかわりやチームワークについて考えさせるだけでなく、現時点で「論理的思考」と「対人関係能力」に関する能力レベルを把握したいという要望があった。また若手を育成させるための環境づくりのアドバイスも求められた。

本研修の目的

  • 管理職候補から次期管理職を選抜する。
  • 研修を通して管理職に求められる思考や行動を学ぶ。

研修カリキュラム

【運営体制】

  • 部長が推進役となり、課長5名、主任1名で当研修を運営
  • 過去に能力開発型アセスメント研修を受講したラインマネージャーがアセッサーとして参加

    ※各アセッサーは3~5名の参加メンバーを担当し、2日間を通して担当メンバーの能力発揮ポイントをチェックする

時間 内容(1日目)
10:00
  • ①アイス・ブレイキング実習
  • ②チーム・ビルディング実習-1
  • ③ケース討議-1
19:00
時間 内容(2日目)
10:00
  • ④チーム・ビルディング実習-2
  • ⑤ケース討議-2
  • ⑥実習「プレゼンテーション」
  • ⑦実習「リーダーシップ機能 相互診断」
  • ⑧フィードバックセッション
19:00

研修の成果

  • 思考レベル、コミュニケーション能力が向上した。
  • ラインマネージャーがアセッサーとして参加したことにより、ラインマネージャーの「人財評価能力」が向上し、「部下を育成するという意識」が更に強くなった。
  • 全社的に若手を育成しようとする意識が強くなった。
研修事例掲載一覧へ戻る

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから