• SMBC
  • SMBCグループ

社内研修(講師派遣)

過去実施した研修の概要・経緯・内容・成果などをご案内

NEW
研修事例 25

労務管理とハラスメント研修 半日

企業概要
業種 金融取引業
社員数 約100名
研修対象 管理職(部長クラス)10名
研修内容 労務管理とハラスメント
企画背景(=課題認識)
  • 近年一人一人の業務負担が大きくなり、メンタルヘルス不調を理由に退職または休職する社員が増えている。
  • 女性管理職の積極登用を視野に入れているが、女性就労に関する法律知識などを具体的に学ぶ機会がない。

本研修の目的

 1.管理職として知っておくべき安全配慮義務について学びメンタルヘルス対応を確実に行うことができる。
 2.基本的な女性就労に関する法律知識を学び、女性が活躍できる環境を整える認識が高められる。
 3.管理職として労務管理への認識を高め、部下からの申し出に自信を持って対応することができる。

研修カリキュラム

時間 内容
13:00

オリエンテーション

1.メンタルヘルスへの対応策
 ~安全配慮義務と休職・復職の判断~
 管理職として知っておくべき対応について事例を交えて解説します

 1)労働者の健康に関する実務の現状
 2)安全配慮義務として要求されるレベルの高さ
 3)健康診断結果と安全配慮義務違反
 4)部下からうつ病など診断書が出されたら
 5)休職中の部下から復職したいと言われたら

2.セクハラ・パワハラへの対応策
 ~どこからがハラスメントになるのか ~
 ハラスメントへの基本的な知識を習得します
 1)パワハラとは
 2)パワハラの多様な実例
 3)パワハラにならないための上司の心がけ
 4)セクハラになり得る行為とは
 5)セクハラを防止するには
 6)セクハラを受けたとの申告があったときには
 7)気を付けたいマタハラ対応
 8)マタハラと言われない為に

3. 女性の就労に関する法律知識
 ~女性の就労に関する労務管理のポイント~
 法律知識を学びながら、部下の就労継続への意識を高めます
 1)男女雇用機会均等法について
 2)育児休業法の基礎知識
 3)妊娠し出産のため育児休暇を取りたいと言われたら
 4)職場復帰後の勤務注意点について

16:00 まとめ・質疑応答

研修の成果

  • 労務管理全般に関する認識が深まった。また早速職場でリーダーシップを発揮するメンバーもあった。
  • 問題予防にどう手を打っておくか、また問題が起きたらどう対応すればいいか等を具体的に理解でき、管理職として自信を持った対応を行った。
  • 管理職として知っておくべき女性就労の基本的法律知識を学び、女性の部下と自信を持った面談を行うことができた。

研修事例掲載一覧へ戻る

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから