SMBCコンサルティング

全従業員の経営参画を促す

部門別採算制度の構築・運用のポイント

~京セラ飛躍の原動力となり、JALを再生させたアメーバ経営の実践~

東京

※このセミナーの募集は終了いたしました。

日時と会場

参加者料金を確認する
2016年10月14日(金) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場階数とホールは当日1F掲示板にてご確認ください
※電卓をお持ちください

昼食

2016年10月14日(金) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

経営企画部門の方
経営管理部門の方
経営者・役員の方

講師

京セラコミュニケーションシステム株式会社  コンサル事業本部室長 兼 新規事業開発部長  堀 直樹 氏
堀 直樹 氏

略歴:大学卒業後、京セラ株式会社に入社。京セラの新規事業に携わり、営業・製造・管理の各業務に従事。その後、コンサルティング部門に異動、社外へのアメーバ経営コンサルティング事業にコンサルタントとして従事し、多数の企業のアメーバ経営導入に携わる。2006年にコンサルティング部門が分社独立し、2015年にKCCSマネジメントコンサルティング株式会社にて取締役に就任。これまでに約50 社以上の企業へアメーバ経営の導入コンサルティングを行い、企業経営への長期的な支援を行ってきた。2002年神戸大学MBA取得。アメーバ経営の運用指導を通して培った経験を基に、アメーバ経営学術研究会の事務局として、アメーバ経営の学術的な見地からの研究に携わる。現在は会社統合により京セラコミュニケーションシステム株式会社のコンサル事業本部室長として、広報・宣伝、会員事業、コンサルタント育成援、アメーバ経営学術研究会事務局など、アメーバ経営の啓蒙活動全般に携わる。


概要(狙い)

昨今の激変する経済環境の中で企業が生き抜くことは容易なことではありません。そのような厳しい環境下でも成長発展をし続けていくためには部門ごとに細かく数字を細かく管理し、コントロールしていくことが大事になってきます。
本セミナーでは、創業以来一度も赤字決算をしたことがない京セラの成長を支え、JALの再建を加速させた、アメーバ経営による部門別採算制度の構築・運用の方法を習得し、従業員一人ひとりが自部門の数字をコントロールするためのポイントを理解していただきます。全社を管理する経営企画・経営管理・経理・財務部門の方はもちろんのこと、各部門の管理職の方々のご参加をおすすめします。

効果 到達目標

◎部門別で採算管理をすることの効果と必要性を理解していただきます
◎部門別採算制度を構築・運営するためのポイントを理解していただきます
◎アメーバ経営の仕組みに基づき、自社で小集団部門採算を試算できる基本を身につけていただきます

プログラム

1.はじめに
  ●いま、なぜ、全員参加の経営が求められているのか

2.アメーバ経営(小集団部門別採算制度)とは
  ●アメーバ経営はなぜ生まれてきたか
  ●アメーバ経営とは
  ●アメーバ経営の3つの目的
  ●個人ワーク(演習):個人別家計簿を作ってみよう

3.アメーバ経営(小集団部門別採算制度)の特徴
  ●アメーバ経営の特徴
  ●アメーバ経営を構築する際の3つのポイント
  ●部門別採算管理の構成:他の部門別採算管理との違い
  ●アメーバ経営が持つコミュニケーションの仕組み

4.「部門の採算を見える化」するエッセンス
  ●組織の編成のポイント
  ●部門間の「稼ぎ」ととらえる仕組みをどう作るか
  ●部門間の経費・時間の捉え方のポイント
  ●グループワーク(演習):実績採算表を作ってみる
  ●質疑応答

5.部門別採算制度を実践していくためのポイント
  ●経営のPDCAサイクルを確立する
  ●採算予定の立案がもたらすもの ~採算予定立案の重要性~
  ●グループワーク(演習):予定採算表を作ってみる
  ●リーダー・幹部として何をしなければいないか?
  ●質疑応答

6.部門別採算制度は会社に何をもたらすか
  ●全従業員に起こる変化
  ●幹部に起こる変化
  ●経営トップに起こる変化
  ●まとめ
  ●質疑応答

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから