SMBCコンサルティング

<広報の達人・山見式> 広報・PR活動の基本を学び、情報発信力を身につけよう

広報部門の役割と実務

~企業規模は関係ない。大切なことは、正しくメッセージを伝えることだ~

東京

※このセミナーの募集は終了いたしました。

日時と会場

参加者料金を確認する
2016年11月08日(火) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場階数とホールは当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2016年11月08日(火) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

広報・PR部門、総務・管理部門、社長室・経営企画部門などに所属されている方

講師

山見インテグレーター株式会社  代表取締役 広報・危機対応コンサルタント 
九州大学特別講師 大妻マネジメントアカデミー講師 Value Integrator(価値統合家)  山見 博康 氏
山見 博康 氏

略歴:九州大学経済学部卒業後、神戸製鋼所入社。人事部、鉄鋼事業部、ドーハ駐在などを経て、79年より一貫して広報に携わる。豪州駐在後91年広報部長、ドイツ・デュッセルドルフ事務所長を歴任。97年スーパーカー商業化ベンチャー企業や経営コンサルティング会社に出向。多くの大小ベンチャー企業に広報・PRや危機対応・マーケティング支援を行う。2002年独立、現在に至る。広報の現場に詳しく、分かりやすい解説には多くのファンがいる。
■米国ダートマス大学エイモスタック経営大学院マネジメントプログラム修了
■(独)中小企業基盤整備機構「経営支援アドバイザー」
■九州大学・大妻女子大学、広報の学校「M・I・C」講師等

著書:『プレスリリースパーフェクトバイブル』(近刊)、『勝ち組企業の広報戦略』 『広報・PRの基本』 『企業不祥事・危機対応広報完全マニュアル』 『広報・PR実務ハンドブック』 『広報の達人になる法』他多数


概要(狙い)

新規事業・新製品の発表から企業不祥事の釈明にいたるまで、企業の広報活動はブランドや株価にも直結する重要な業務です。しかし、その優劣の差は歴然としており、思わぬ失態をしでかし著しく利益を損なうことも珍しくありません。
このセミナーでは、神戸製鋼及び大小様々な企業・団体における長年の実践経験によって広報の実務を知り尽くしている広報の達人・山見博康氏が、広報の基本的原則から、心構え、マスコミ対応など実践的な知識を分かりやすく解説致します。

※配布書籍:『勝ち組企業の広報・PR戦略』
※都合により書籍が変更になる場合等がございます。ご了承ください。

効果 到達目標

◎広報担当の姿勢から行動指針まで網羅的に学びます
◎危機発生時の対応をQ&A型式で具体的に学びます
◎知識の詰め込みではなく、豊富な図解により考え方を理解します
◎まず理論を学び、具体的な実践演習により着実に身につけます

プログラム

1.そもそも広報とは何か? ~お客様の視点から本質を理解する~
  1)人は小さい頃からPRの達人だ
  2)自己紹介法10ヶ条
  3)広報の本質とは?
  4)記事と広告は次元が異なる
  <自己紹介実践演習>立ち方・話し方等スピーチの仕方を実践指導

2.企業とメディアの関係を理解する
  1)メディアの種類と特徴
  2)メディアの組織と〆切とは
  3)企業とメディアの密接な関係
  4)メディアは企業の代理店

3.何がニュースなのか? どう集めるのか?
  1)ニュース素材のキーワード
  2)整理した情報で“ネタを創る”
  3)ネタはどこで探すか
  <自社・自商品のUSP・UDPを考える実践演習>
  <それを紹介するプレゼンテーション実践演習>

4.記事の出し方を理解すれば、戦略広報ができる
  1)記事の出し方には3+3ある
  2)一斉発表のプロセス
  3)記者クラブの役割と上手な利用法
  4)個別取材要請の方法
  5)戦略的広報フローチャート
  6)プレスリリース送付法と記者コンタクト法
  7)どの出し方を選ぶか?に広報戦略あり

5.「プレスリリース」作成の秘訣
  1)プレスリリース作成5つのキーワード+3
  <タイトル・キャッチフレーズを作る実践演習>
  2)独創的な工夫を行う
  <他社のプレスリリースから良い点・改善点を学ぶ実践演習>

6.「Q&A」作成の秘訣 ~Q&Aで会社の実力が判る~
  1)Q&A作成に求められる能力とプロセス
  2)Q&A作成の心得
  3)Q&A 3つに分けよ
  <いかに多くのQを出すか? Qの出し方実践演習>

7.広報の基本業務を整理する
  1)クリッピング業務 ~広報担当の日々の業務~
  2)社内コミュニケーションを重視せよ
  3)記者の特徴を知る
  4)広報の「小」「多」「異」とは
  5)スポークスパーソンの心得
  <(実際の新聞から)新聞記事のプロの読み方実践演習>
  6)個別面談をアレンジせよ
  7)こうしたら記事が増える、膨らむ!

8.広報の危機管理 ~事故、不祥事! その時どうする?~
  1)危機は管理できない、その事前対応とは
  2)危機が起きたら・・・「5つの直」が命運を握る
  3)危機収束時の心得
  4)マスコミ対応の心得
  不祥事発覚! いつ発表すべきか?いつ社長にあげるか? 判断演習

9.ネット時代の広報
  1)ネット時代の広報のあり方
  2)炎上を防ぐ社内での留意点

10.基本業務の積み重ねから“広報のプロ”を目指せ
  1)広報は経営だ 自分と会社を一致させよ
  2)有名になること・イメージアップの真の意味とは
  3)こんな対応は失敗の素13か条
  4)広報が学べ、得する10か条
  5)広報の達人になる法
  6)達人は見えない成果を誇れ!

11.メディア・コミュニケーション(記者応対)ロールプレイ実践演習
  Q、今朝起きたら、自社の仰天情報漏洩記事が出てる! その時あなたはどうしますか?


※「1分間ショートスピーチ」を織り交ぜインパクトあるスピーチの仕方や印象に残る自己表現力を養っていただきます

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから