SMBCコンサルティング

なぜ人材育成がうまくいかないのか?研修の効果は?

人材開発・研修体系の構築と実施ポイント

~人材開発体系から研修体系・手法・プログラムの構築と効果測定のポイントまで~

東京

※このセミナーの募集は終了いたしました。

日時と会場

参加者料金を確認する
2016年11月16日(水) 10:00~ 16:30

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場階数とホールは当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2016年11月16日(水) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

人事・人材開発担当者、各現場の管理職・教育担当者等

講師

組織人事コンサルタント  寺崎 文勝 氏
寺崎 文勝 氏

略歴:早稲田大学第一文学部心理学専修。事業会社の人事部門、金融系シンクタンク、会計系コンサルティングファーム等を経て現職。主として組織戦略、人事戦略、コーポレートガバナンスなどのコンサルティングに従事。

著書:『役員報酬マネジメント』(中央経済社)、『わかりやすいCSR経営入門』(同文舘出版)、『人事マネジャーの仕事』(日本能率協会マネジメントセンター)、『勝てる会社の人材戦略』(総合法令出版)、『ニート世代の人事マネジメント』(中央経済社)その他共著多数。



概要(狙い)

めまぐるしく変化する経営環境の中、多くの企業で、人材開発の見直しが常に検討されております。どんなときにでも、企業にとって「人」が最も重要な経営資源であり、競争力の源泉であるのは周知の事実です。したがって、効果的な教育や研修により、いかに「人材力」を高めるかが、大きな課題と言えます。
本セミナーでは、人材開発の基本と本質をしっかりと押さえたうえで、教育体系の作り方や研修の具体的な手法・プログラム等のメリット・デメリット、また教育の投資効果の測定方法を解説します。

効果 到達目標

◎人材開発の基本と本質をしっかりと理解できる
◎教育体系や研修計画、プログラムの構築を具体的に検討できる

プログラム

1.人材開発の意義と目的
  1)人事マネジメントとは何か?
  2)人事マネジメントにおける人材開発の位置づけ
  3)要員計画と人材開発の関係
  4)HPI(Human Performance Improvement)による問題解決のアプローチ

2.トータル人材開発体系における研修の位置づけ
  1)研修だけでは人は育たない?
  2)人材開発は「学習」の結果である
  3)研修(トレーニング)と学習(ラーニング)の違い
  4)トータル人材開発体系とは?
  5)人材開発のための人事評価
  6)目標管理制度と人材育成
  7)目標設定理論のHPIへの応用

3.研修体系の作り方
  1)研修体系の構築フロー
  2)事業計画から人材開発計画への落とし込み
  3)人材ポートフォリオと人材開発方針
  4)コンピテンシーの活用ポイント
  5)研修の種類と目的
    ●階層別研修
    ●職種別研修
    ●テーマ研修(全社員共通)
    ●選抜型研修
    ●選択型研修

4.研修プログラムの作成
  1)研修の手法とメリット/デメリット
    ●OJT
    ●Off-JT
    ●通信教育
    ●eラーニング
    ●自己啓発
  2)習得すべきスキルの種類と研修手法
    ●テクニカルスキル
    ●ヒューマンスキル
    ●コンセプチャルスキル
  3)外部リソース(研修業者)の活用法と選定のフロー
  4)研修の要件定義の必要性

5.階層別研修のポイントと主なコンテンツ
  1)新入社員研修
  2)若手社員研修
  3)中堅社員研修
  4)中間管理職研修
  5)上級管理職研修
  6)アクションラーニング形式研修
  7)研修プログラム事例

6.育成型ローテーションの実施
  1)ローテーションにおける短期最適と中長期最適
  2)複線型人事制度(キャリアパス)の見直し

7.人材投資効果の測定方法
  1)人材開発施策のPDCAマネジメント
  2)研修効果の測定方法
  3)9ボックスによる人材開発状況の把握

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから