SMBCコンサルティング

全社的コストダウンの決め手は購買外注だ

購買・外注に求められる成果と役割

~営業担当者に負けない値下げ交渉、発注先変更などのテクニックを実務家が解説~

東京

※このセミナーの募集は終了いたしました。

日時と会場

参加者料金を確認する
2016年11月08日(火) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場階数とホールは当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2016年11月08日(火) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

資材・購買・外注担当者の方、物流部門・生産部門・経営企画部門の管理者、スタッフの方々
特に次の方のご受講をおすすめします
●新たに購買・物流部門に配属された方
●コストダウンの問題意識はあるが、どこに問題があるのか、どこから手掛ければよいのか分からないと感じている方
●購買部門の効率化やコストダウンを求められている方
●購買・外注のプロを目指す方


講師

野本経営研究所  所長 内閣府・調達アドバイザー  野本 満雄 氏
野本 満雄 氏

略歴:昭和35年、東京芝浦電気(株)入社。工場の資材ライン業務および本社資材管理部にて資材スタッフ業務を担当。資材課長・資材部長を歴任し、入社以来、38年間一貫して資材・外注管理業務に携わる。38年に及ぶ購買第一線での実務体験とたゆまざる理論研究、50,000人をこえる講演・指導に裏打ちされた実務研修は、明日からの実務改善に役立つ実用本位の指導として大好評を博している。
中小企業診断士・資材管理士

著書:「購買担当者の実務~コストダウンのための購買業務マニュアル」(日本資材管理協会)


概要(狙い)

コストダウンのプロセスにおいて最も大きな比重を占める資材・購買。厳しい条件だけで商談を進めていけば優良下請け先に逃げられてしまいますし、甘い条件では、利益を確保できず会社に多額の損失を与えてしまいます。理論と情のバランスのとれた交渉力が必要です。
本セミナーでは、資材・購買・外注担当者が交渉を有利に進めるための心構えから、お取引先の選別法や見積もり価格のチェック法など、新たなコストダウン策を理論と現場を熟知した辣腕コンサルタント野本先生が解説いたします。
購買のプロを目指す皆さまの参加をお待ちしております。

効果 到達目標

◎会社の利益を創出する購買・外注のプロフェッショナルとしての責任と役割が明確になる
◎開発購買・相見積り、発注先変更など多方面にわたる基本的コストダウンの進め方と手法が習得できる
◎取引中止・値上げ要請といった難しいケースへの対応策を学ぶ

参加者の声

「カルチャーショックでした!購買業務担当者として、今後プライドを持って業務に携わることができます」
「購買としての認識の甘さを実感させられました。今後は常にコスト意識を持って努力を重ねていきたいと思います」

プログラム

1.買い方を知らない購買は会社をつぶす
  1)調達活動を通じて利益を稼ぎ出す部門
  2)買いによる利益とは
  3)業績評価も稼ぎ出した利益額で決まる

2.購買・外注 プロと呼ばれる条件
  1)購買業務の奥の深さと行動基準
  2)プロとして求められる3つの条件

3.購買業務と法令遵守
  1)社内規定と関連法規の遵守
  2)下請法と消費税転嫁法
  3)個別契約と基本契約

4.トータル・コスト・ダウン活動とは
  1)購入価格はどこで決まるのか
  2)もう一度見直したいVA(Value Analysis)活動
  3)「開発購買」4つのキーワードとは
  4)開発購買の具体的進め方は

5.取引先の選別のポイント
  1)良い取引先の条件とは
  2)新規取引先の見つけ方
  3)取引先の評価、判定はどうする
  4)取引を中止するときの注意点

6.納期確保の技術とは
  1)納期管理の目的とは
  2)納期確保のための心構えとポイント
  3)納期遅延の要因別対応策

7.購入価格の決め方
  1)購買外注担当者にとっての適正価格とは
  2)見積価格の妥当性をチェックする方法
  3)見積合わせを成功させる5つのポイント

8.購買・外注品の「CR」施策
  1)コストデータがある時のCR
  2)情報収集・分析によるCR
  3)まだある発注テクニックによるCR
  4)取引先を巻き込んだVAによるCR

9.営業担当者に負けない値下げ交渉の具体的進め方
  1)商談を行う際の10の心得
  2)商談を有利に展開するための事前準備とは
  3)値下げ申し入れの根拠・ケース別説得方法
  4)交渉場所と折衡相手
  5)質問で切りくずせ

10.値上げ要請への対応策
  1)まずは理由を説明し断固断る
  2)過去の取引経緯総点検
  3)根拠と内訳を聞き出せ

11.まとめ
  あきらめない限りコストダウンはまだまだできる

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから