SMBCコンサルティング

部下が納得する目標を自らたて、やる気をもって自律的に動き、目標達成する仕組みと運用方法!

部下を育成し、組織目標を達成するための目標設定・目標管理の進め方【前編】【後編】

部門目標必達のためのマネジメント実務を、講義+グループワークで身につける!

大阪

このセミナーの募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
2016年12月09日(金) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします

昼食

2016年12月09日(金) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

部下の目標を管理している方、目標管理の企画・運営者、目標管理制度の導入を検討している方、経営幹部


講師

グッドストローク 額田 広一 氏
額田 広一 氏

略歴: 立命館大学法学部卒業、厚生労働省認定産業カウンセラー、キャリア・コンサルタント。大手精密機器商社にて営業実務及び営業企画、管理職経験を経て1989年から住友ビジネスコンサルティング(株)、(株)日本総研ビジコンにて人事コンサルティング・人材開発(人事制度と連動する教育体系構築から個別研修企画・実施)に従事。
 2002年に独立し、中堅・中小企業を中心に独自の人事制度づくり、制度定着のための運用と人材育成の両軸をテーマに活躍中である。現在300社を超えるコンサル・研修実績を持ち、成果にこだわる実践的な指導で、支援企業からの高い評価・支持を得、高いリピート率を誇っている。
著書:「必ず成功する成果主義人事への変革のすすめ方」
「成果主義人事導入マニュアル」
「基本からわかる人が育つ組織づくり」
「こんな人事はアカン」 他


概要(狙い)

人事制度改革と同時に目標管理を入れられた企業は多いでしょう。しかし、本来の経営目的を達成するための目標管理がしっかりと機能している企業は逆に少ないと感じています。うまく目標管理を機能させている企業の共通点は2点です。一つは、目標管理を経営視点で位置づけていること、もう一つは、目標管理を浸透させるために凄い継続努力を行っていることです。
さらに具体的な要件を付け加えると、「目標管理を本当に理解し、実践できる管理職の存在」が必須条件といえます。
数千人の管理職の方々の目標管理に関わり、指導してきた経験から、目標管理を機能させるために管理職として身に付けるべき条件は次の3点と確信します。それは(1)目標管理の目的・体系を正しく理解すること、(2)目標管理の運用能力を身につけること、(3)そのベースとなる日常のマネジメント能力を持つこと、と言えます。
本セミナーでは、それらを情報交流・具体的な事例を通して十分理解し、身につけていただきます。

*豊富な事例をもとに納得性の高い話をする講師
*指導企業で成果は実証済みのノウハウを大公開!

参加者の声

・具体的な話が多く、わかりやすかった。
・結果目標と施策目標の二本立てで進めるやり方が参考になりました。
・マネジメントは繰り返し行うことが重要なことがわかり、励みにします。
・テキストは図式化されており、とても見やすく編集されていた。
・目標を提出させた時のチェックポイントがよくわかりました。
・目標管理がうまくいっていない弊社として、何をすべきかが良く理解できました。
・講師が中小企業の実情をよく理解しておられる点が良かった。

プログラム

前編
1.目標管理とは、いつ、何をすることか? <グループディスカッション>
1)企業成長・目標達成に結びつく目標展開の仕方
2)目標管理の重要な4ステップと実践上の重要事項
3)経営・マネジメントを変えるツールとしての目標管理の活用

2.目標管理を活用して成果を上げている組織とそうでない組織の違いは何か? <グループディスカッション>
1)成果に結びつくか・結びつかないかを分ける2つの相違点
2)自社でもすぐに出来る成果を上げている企業の実践事例
3)自社の強み・課題を考える

3.目標管理を行う目的は? <グループディスカッション>
1)目標管理を行う2つの目的
2)目的を実現するために強化すべき2つのパワー
3)目標管理を評価に活用するときの管理職の重要な実践

4.目標達成の基盤は目標の理解・納得と部下との対話にある
1)管理職がまず、自社目標の意義・内容をしっかり理解・納得せよ
2)目標を達成するための部下との対話はマネジメントの基盤
3)企業事例「対話を通した部門目標の浸透」

5.成果を出すマネジメントの実践(目標へのこだわり、部下のやる気の引き出し、日常のマネジメントへの落とし込み)
1)目標は「日常のマネジメント」に落とし込まなければスローガンに終わる
2)目標に対しての「部下の理解・納得・実行力」を高める具体的な実践策
3)目標達成の要は「管理職のこだわり」と「マネジメントの確実な実行」

後編
1.情報交流~他社のマネジメント実践に学ぶ~
1)個別演習「今一番重要な組織目標と達成のための重要施策」
2)グループ内での個別発表と情報交流
3)発表・交流内容に関しての講評と質疑応答

2.成功事例に学ぶ目標達成のためのマネジメント
1)結果が出てからでは遅い、「目標設定時に注力」せよ
2)中長期に組織を強くする「部門目標設定の3要件」を押さえろ
3)「成果設定とプロセス(施策)作り」の両方に注力せよ
4)プロセス(施策)作りの具体的なポイント

3.目標達成できる部下を育てる3つの実践ポイント
1)部下の「現状把握」と「期待の示し方」
2)部下との「信頼関係を作るコミュニケーション」の具体的な取り方
3)メリハリのある指導・育成方法(受容と厳しさの両立)

4.目標達成の要は「目標設定」にあり!
  部下の目標設定はここを見て、指導しろ
1)「設定目標の良し悪し」を判断する3要件
2)「プロセス(施策)の妥当性」を判断する3要件
3)実際の目標設定でよく見られるチェック事項・留意点

5.部下からこんな目標が出された、あなたならどう指導する? <ケーススタディ>
1)グループ討議「6ケースに関して確認・検討・指導事項を考える」
2)ケースごとの講師による解説及び検討・指導ポイント
3)日頃、悩んでいる目標設定での質疑応答

※セミナー終了後、個別相談にも対応いたします。

※【前編】のみ、【後編】のみお申込みご希望の方は、こちらの申込書をFAXにてお送り下さい。

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから