SMBCコンサルティング

知らないと困る、後悔する、トラブルを未然に防ぐポイントを解説

人事労務担当者が知っておくべき15のポイント【前編】【後編】

大丈夫? 法律改正にきちんと対応していますか? 重要ポイントに絞って解説

大阪

このセミナーの募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
2016年12月09日(金) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします

昼食

2016年12月09日(金) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

総務、人事労務の実務担当者、管理者

講師

株式会社 アルティ 代表取締役、アルティ社労士事務所 代表 特定社会保険労務士 藤井 えつこ 氏
藤井 えつこ 氏

略歴:神戸大学教育学部卒業。海運会社において輸出業務・総務を経験後、平成10年社会保険労務士として独立。3年間労働基準監督署にて総合労働相談員として勤務。「人材は会社の財産」をモットーに、中小企業から上場企業まで、人事・労務管理などの相談や諸規程の整備指導にあたるほか、年金相談や企業内研修・各種セミナーの講師をつとめる。


概要(狙い)

雇用形態がますます多様化する中、労働契約法やパートタイム労働法、労働者派遣法など労働にまつわる法律が次々と改正されています。企業の社会的責任やモラルが厳しく要求される今日、人事労務担当者はこれらの内容に精通し、人事トラブルを未然に防ぎ、迅速かつ適切に処理するリスク管理能力が求められています。
本セミナーでは、安心して働ける職場をつくり、従業員をリードしていくために押さえておくべき重要なポイントを法的な裏付け、判例等をベースに解説致します。

【企画者からの一言】
藤井先生は、教え方がとても丁寧で分かりやすいと評判の先生です。テキストも読みやすいと毎回、ご好評をいただいております。

*丁寧な教え方が好評。テキストもわかりやすく充実!
*最近の判例・実例を踏まえて解説。

参加者の声

・広く人事労務の内容がわかって良かったです。
・ポイントが15に絞られていて、それぞれが分かり易く解説されており非常に分かり易かった。
・講義内容、テキストともこれまでの社外セミナーで一番よかったです。ありがとうございました。
・判例の提示が多く、各法令に対する注意点がよくわかった。
・難しい専門用語をわかりやすい表現に置き換えてくれたので理解しやすかったです。
・「従業員に気持ち良く働いてもらう」のが人事労務の役割という言葉が印象に残りました。

プログラム

前編
1.就業規則に関すること
1)労働契約、就業規則、法令の関係
2)就業規則の作成と周知
3)就業規則を見直そう-不利益変更についての注意点
4)服務規律、懲戒規定の重要性

2.人事に関すること
1)労働契約を結ぶとき-必ず書面明示しなければならない事項は?
2)配置転換・出向・転籍-拒否されたら?
3)派遣労働者を受け入れる時の注意点-改正された期間制限

3.年次有給休暇をめぐる問題点
1)年休の申請を拒否できる場合とは?
2)年休の計画付与制度を上手に活用-労使協定例
3)退職時に年休をまとめて取ると言われたら

4.割増賃金に関すること
1)定額残業払いのリスクと対応策-未払い残業代を請求されないために
2)名ばかり管理職-課長に残業代は必要か?
3)割増賃金の計算は正しい?

5.労働時間に関すること
1)労働時間とは?-36協定の誤解
2)1か月・1年単位の変形労働時間制を導入するとき
3)労働時間管理の重要性-長時間労働、サービス残業のリスク

6.解雇をめぐる問題
1)勤務態度不良、能力不足の従業員を辞めさせたいときは?
2)契約期間の満了を理由に辞めてもらうには?
3)「退職勧奨」と「解雇」の法的な違いは何?
4)「解雇予告手当」の必要なときとその計算方法

後編
7.従業員の健康管理とメンタルヘルス
1)会社に求められる健康管理
2)会社の安全配慮義務
3)メンタルヘルスケア-うつの早期発見
4)セクハラ・パワハラ対策
5)労災事故-会社の法的責任は?

8.非正規社員に関すること
1)パートタイマー等の社会保険-加入基準の改正
2)パート労働法のポイント

9.健康保険の扶養に入れたいと言われたら
 ・被扶養者の範囲と認定要件

10.出産・育児休業・介護休業に関する留意点
1)産前産後の労基法・均等法・育児介護休業法-マタハラ防止の新指針
2)出産・育児・介護に関する届出と給付

11.従業員が一定年齢に達したときの手続き
 ・40歳、60歳、64歳、65歳、70歳、75歳の時の手続き

12.定年後再雇用するとき
1)65歳までの雇用確保と注意点
2)雇用保険からの給付は?
3)在職中の年金-再雇用後の賃金シミュレーション

13.従業員が退職するとき
1)退職後の健康保険・国民年金加入のアドバイス
2)退職後の雇用保険給付-退職理由に要注意!

14.従業員が自動車事故に遭遇したとき
1)仕事中か、通勤途中か、私用中の事故かを確認する
2)相手の保険を使う? 労災保険? 健康保険?-第三者行為災害の届出

15.労働基準監督署から調査が入ったとき
 ・「是正勧告」を受けた場合の対応と留意点

※【前編】のみ、【後編】のみお申込みご希望の方は、こちらの申込書をFAXにてお送り下さい。

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから