SMBCコンサルティング

自社・得意先の決算書・キャッシュフローが手に取るようにわかる!

決算書の読み方と使い方

~会社の数字の基本とそのつながり方を丁寧にわかりやすく解説します~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2017年02月10日(金) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場階数とホールは当日1F掲示板にてご確認ください
※電卓・蛍光ペンをお持ちください

昼食

2017年02月10日(金) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

経理・総務・財務部門の新任担当者
ビジネスパーソン・経営幹部として必要な会計・財務の基礎知識を身に付けたいとお考えの方

講師

松田会計事務所  所長 税理士  松田 修 氏
松田 修 氏

略歴:昭和61年 税理士試験合格。税理士 松田会計事務所 所長。学校法人 村田簿記学校講師(法人税法、簿記論担当)を経て、財務・税務のプロ集団「公認会計士 辻会計事務所」にて6年修行。主に法人税、資産税、財務分析を担当。平成5年に独立し「税理士 松田会計事務所」を設立。簿記・税務・パソコン財務会計主任者の専門スクールの「麻布ブレインズ・スクール」代表。

著書:『はじめてわかった決算書プロのコツ』(リイド社)、『Q&Aで基礎からわかる固定資産をめぐる会計・税務』(清文社)


概要(狙い)

不安定な経済情勢の中で、単に売上を伸ばすだけでは利益を確保することが困難です。これからの幹部社員、営業マンには自社だけでなく、得意先、関連会社の損益の仕組みをも理解し、経営状態を冷静に判断する能力が求められています。
本セミナーでは経験豊富な講師が、決算書を通して会社の利益の仕組み、貸借対照表の構造などをわかりやすく解説します。

効果 到達目標

◎決算書を通して会社の利益の仕組み、貸借対照表の構造を習得できる

参加者の声

「今までのほんの少しだけ理解できていた決算の基本がわかった。大変勉強になりました。」
「電卓を利用しながら自分で実際に解答してみるところが良かった。」
「大変わかりやすく、演習を行いながらなので理解しやすい。」

プログラム

1.決算書(損益計算書・貸借対照表)編
  1)損益計算書の見方・読み方、経営分析
    ●損益計算書に登場する5つの利益
    ●増収と減収、増益と減益、当期の決算を総括する
    ●売上原価率、粗利益率を計算し、その内容を理解する
    ●粗利益の低下に注意! わずか10%、5%の値引きが利益にあたえる意外な影響
    ●営業利益率、経常利益率を計算し、その内容を理解する
    ●会社に利益が出るとどんな税金が課税されるか
    ●会社に利益に対して何%の税金が課税されるか、実効税率を理解する
    ●一人当たり「月間経常利益」で見えるもの
    ●営業利益に占める「正味支払金利」の割合とその改善方法
  2)貸借対照表の見方・読み方、経営分析
    ●流動資産・固定資産の内容を理解する
    ●はたして資産?繰延資産の正体
    ●流動負債・固定負債の内容を理解する
    ●貸借対照表で一番難解といわれる「純資産の部」をやさしく理解する
     ・株主からの払込金
     ・過去の利益の蓄積(内部留保)
    ●自己資本(純資産の部)を充実させる2つの方法を学ぶ
     ・増資
     ・利益を出す
     ・現金はどちらが残るか?
    ●自己資本比率を計算し、その内容を理解する

2.決算書からキャッシュフローを徹底検証
  ~資金繰りに苦しんでいないか? キャッシュフロー計算書が入手出 来なくても大丈夫!~
  1)実践 キャッシュフロー経営
    ●キャッシュフロー(資金繰り)を良くする(悪くする)4つの原因を理解する
    ●「利益」が出ても現金預金が増えないのはなぜか?
    ●キャッシュフロー計算書が入手出来なくても大丈夫! 決算書からキャッシュフローを計算する
  2)決算書からキャッシュフローを読む「6つの経営分析」
    経営分析1)支払能力は十分か? 流動比率・当座比率を計算する
    経営分析2)売掛金の回収サイトと買掛金の支払サイトの違いに注目  
            ・売掛債権(売掛金、受取手形)は何日で回収しているか?  
            ・買掛債務(買掛金、支払手形)は何日で支払っているか?  
            ・サイトの差に無理は無いか?
    経営分析3)商品手持日数を把握し、不良在庫の発生を防ぐ
            演習 「商品手持日数」を実際に計算する  
            ・何日分の在庫を持っているか?  
            ・「不良在庫」は発生していないか?
    経営分析4)余分な資産はないか?効率的な経営をしているか? 「総資産経営利益率(ROA)」でチェックする
            演習 「総資産経営利益率(ROA)」を実際に計算する  
            ・「総資産経営利益率(ROA)」目安となる数字を理解する  
            ・「総資産経営利益率(ROA)」でわかる資金繰りの良し悪し
    経営分析5)設備投資は適切か? 「自己資本対固定資産比率」と「固定長期適合率」を実際 に計算する
            演習 「自己資本対固定資産比率」と「固定長期適合率」を実際に計算し、目安と なる数字を理解する
    経営分析6)キャッシュフローはB/S(貸借対照表)のこの比率で決まる
            ・「倒産会社のB/S」と「優良会社のB/S」を比較する
            ・「理想のB/S」とは?
            演習 B/S(貸借対照表)を図形化して検証する
  3)倒産会社から学ぶ「経営指数のデットライン」
    ・・・この数字を超えたら会社は「死の床」

3.損益分岐点売上編 「損益分岐点売上」の計算とその応用
  1)損益分岐点売上とは?変動費、固定費を理解する
  2)「損益分岐点売上」を実際に計算する
  3)「安全余裕額」と「安全余裕率」を計算する
  4)固定費が増加した場合、どの位売上をアップさせなければならないか?
  5)売上が減少した場合、固定費をどの位削減させなければならないか?

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから