SMBCコンサルティング

取引先や自社の経営状態を正しく把握せよ!

決算書のやさしい読み方・使い方

決算書が実践的に読め、会社の数字が身近になる

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
2017年02月17日(金) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※電卓をご用意ください

昼食

2017年02月17日(金) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

経理担当者、営業担当者、経営者

講師

公認会計士・税理士 西尾 宇一郎 氏
西尾 宇一郎 氏

略歴:昭和52年同志社大学経済学部卒業。昭和57年公認会計士登録。


多くの企業の会計監査、指導、税務相談等に活躍。著書に「会社の税金便利事典」、「相続・贈与の税金便利事典」、「土地・建物の税金便利事典」、「経理実務便利事典(共著)」、「預貯金・有価証券をめぐる会社税務(共著)」などがある。



概要(狙い)

ますます厳しさを増すビジネス社会で生き抜くためには、経理部門に携わる人だけでなく、経営者・管理者をはじめ様々な部門の人に「決算書」を読む能力が求められています。
本セミナーでは、決算書の読み方を基礎から応用まで幅広く解説し、「決算書」の実践的な読み方を身に付けていただきます。
取引先や投資先、また自社の財務内容をより深く理解することが必要な、経営者や経理担当者、営業関係の方々のご参加をお勧めします。すぐ、日常業務に役立てていただけるものと確信しています。

*簿記の知識がなくてもわかる!

プログラム

1.決算書を読む前に
1)決算書にはどんな種類があるのか
(1)貸借対照表とは
(2)損益計算書とは
(3)キャッシュ・フロー計算書とは
2)大会社とそれ以外の会社の決算書はどう違うのか
(1)法律で義務付けられている決算書は
(2)大会社と中小企業の決算書の違い

2.貸借対照表の読みかた
1)貸借対照表のしくみはどうなっているのか
2)資産とは何か。どう見たらいいのか
(1)流動資産と固定資産の区分
(2)流動資産の内容は
(3)固定資産の内容は
(4)繰延資産とは
3)負債とは何か。どう見たらいいのか
(1)流動負債と固定負債の区分
(2)流動負債の内容は
(3)固定負債の内容は
4)純資産とは何か。どう見たらいいのか
(1)純資産の部はどう見るか
(2)債務超過とは
5)減価償却を理解する
(1)減価償却とは
(2)減価償却の計算は
6)引当金を理解する
(1)引当金とは
(2)どんな引当金があるのか

3.損益計算書の読みかた
1)損益計算書のしくみはどうなっているのか
2)収益とは。その中身は
(1)売上とは
(2)営業外収益とは
(3)特別利益とは
3)費用とは。その中身は
(1)売上原価とは
(2)販売費及び一般管理費とは
(3)営業外費用とは
(4)特別損失とは
4)いろいろな利益の意味は
(1)売上総利益、営業利益、経常利益、当期純利益は何を表すか
(2)売上高利益率とは

4.経営分析で会社の内容を見る
1)収益性(儲かっているかどうか)はどうして見るか
(1)総資産経常利益率(ROA)で収益性を見る
(2)自己資本当期純利益率(ROE)で収益性を見る
2)安全性(大丈夫かどうか)はどうして見るか
(1)流動比率で支払能力を見る
(2)自己資本比率で安全性を見る
(3)固定資産への投資資金を見るには
3)回転期間とは
(1)回転期間の計算のしかたは
(2)回転期間で何がわかるか

5.キャッシュ・フローの読みかた
1)利益が出ているのに、なぜ、おカネがないのか
(1)利益とおカネはどう違うか
(2)資金繰り悪化の原因は
2)資金の動きはどこからわかるか
(1)決算書から資金の調達と運用を見るには
3)キャッシュ・フロー計算書のしくみは
(1)営業キャッシュ・フローとは
(2)投資キャッシュ・フローとは
(3)財務キャッシュ・フローとは
4)キャッシュ・フロー計算書をどう読むか
(1)営業活動でどれだけ資金を生み出しているか
(2)投資資金はどのように調達しているか

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから