SMBCコンサルティング

消費税の基礎知識から法改正まで解説

消費税の基礎知識と申告実務

~消費税の概要から基本実務まで事例を交えて説明します~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2017年03月10日(金) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※当日は電卓・蛍光ペンをお持ちください

昼食

2017年03月10日(金) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

経理・財務・総務担当者
主任・リーダー・管理職の方
税務担当者の方
消費税を基礎から体系的に学びたい方
「課税・非課税・免税・不課税」の区分をしっかり理解したい方
消費税率引き上げに伴う留意点を学びたい方

講師

松田会計事務所  所長 税理士  松田 修 氏
松田 修 氏

略歴:昭和61年 税理士試験合格。税理士 松田会計事務所 所長。学校法人 村田簿記学校講師(法人税法、簿記論担当)を経て、財務・税務のプロ集団「公認会計士 辻会計事務所」にて6年修行。主に法人税、資産税、財務分析を担当。平成5年に独立し「税理士 松田会計事務所」を設立。簿記・税務・パソコン財務会計主任者の専門スクールの「麻布ブレインズ・スクール」代表。

著書:『はじめてわかった決算書プロのコツ』(リイド社)、『Q&Aで基礎からわかる固定資産をめぐる会計・税務』(清文社)


概要(狙い)

消費税は平成元年に導入され、消費者の立場としても接していますので、馴染みの深い税金と言えるでしょう。しかし、消費税の特徴として、すべての取引において「課税・非課税・免税・不課税」の判断が必要になります。また、これらの処置を間違いますと、無駄な税金を払ったり、税務調査で思わぬ指摘を受けることになります。このような理由から、消費税は経理部門を中心に全社的に取り組む必要があります。
本セミナーでは、消費税の基礎から仕入税額控除など実務上問題となる点や、「仕入税額控除95%ルールの見直し」「消費税率引き上げに伴う留意点」など、税制改正項目を数多く取り上げて解説していきます。

効果 到達目標

・消費税を基礎から体系的に習得できるようになる
・消費税で最も重要な「課税・非課税・免税・不課税」の区分が理解できるようになる
・消費税率引き上げに伴う留意点を習得できるようになる

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから