SMBCコンサルティング

新任経理パーソンを即戦力化する入門コース

新任経理担当者セミナー【全2講】

経理実務に必要な基本を丁寧に分かり易く解説します。
各講 選択受講可

大阪

このセミナーの募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
第1講 新任経理担当者セミナー【全2講】<第1講>
入門! 簿記・経理の基礎知識

講師: 高下 淳子 (こうげ じゅんこ) 氏
2017年04月21日(金) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第2講 新任経理担当者セミナー【全2講】<第2講>
入門! 決算書の読み方

講師: 高下 淳子 (こうげ じゅんこ) 氏
2017年05月19日(金) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※電卓をご用意ください
※全講受講の場合、割引適用価格となります(ページ下の【申し込む】までお進みください)
※各講(1日単位)選択いただけます(上記よりお申込ください)

昼食

2017年04月21日(金) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)
2017年05月19日(金) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

経理業務の新任者、経理業務の基本を確認したい方

講師

税理士 米国税理士 CFP(R)  高下 淳子 (こうげ じゅんこ) 氏
高下 淳子 (こうげ じゅんこ) 氏

略歴:外資系コンサルティング会社(監査法人)に勤務ののち独立開業。税務会計顧問業、経営コンサルティング業の他、全国各地の金融機関、中小企業大学校等の講演・セミナー講師、企業内研修の企画実施などで活躍中。経理担当者、経営幹部、新入社員、後継経営者、営業担当者などを対象とした、明快かつ、分かりやすい実践的講義には定評がある。

著書:「とにかくみんなで考えよう! 日本の借金わが家の税金わたしの年金」「やさしい法人税申告入門」「経理のしごとがわかる本」(中央経済社)「法人税申告書のしくみとポイントがわかる本」「決算書を読みこなして経営分析ができる本」(日本実業出版社)など多数


概要(狙い)

第1講
☆「<入門>簿記と経理の基礎」では、仕訳と簿記と決算を同時に理解する「T/Bメソッド」で経理実務の基本を学んでいただきます。
☆基礎となる簿記と仕訳のテクニックから決算書作成の流れまで、日次・月次・年次の経理全般について、ポイントを絞ってわかりやすく解説いたします。
☆簿記や仕訳に対する苦手意識やアレルギーを感じることなく経理のしごとを理解し、簡単な決算書を作成できる実力を最短距離で習得していただきます。
☆新たに経理部門に配属または異動された方、経理部門以外の現業部門の方々、経理実務の基本を再確認したい方、経理のしごとに興味をお持ちの方、後輩指導のご担当者などの実務研修会として、ぜひ、ご活用ください。

第2講
☆「<入門>決算書の読み方」では決算書のしくみと読みこなし方、決算書を使いこなすための基本知識を習得していただきます。
☆決算書が作成される流れを理解したうえで、貸借対照表から財産状況の健全性、損益計算書から収益力の高さを評価するための決算書分析を解説いたします。
☆資金繰りの「安全性」を捉えるために、損益計算書の「利益」だけではなく「経常収支」により「勘定合って銭足らず」の実態を見抜いていただきます。
☆会社成長に不可欠な「1人当たり付加価値額」と付加価値額の分配を見ることで、生産性の高い会社であり続けるための着眼点についても取りあげます。
☆ビジネスパーソンに必須の決算書の基本知識と、「儲け」と「資金繰り」の両面で決算書分析の手法を習得するための講座として、ぜひ、ご活用ください。

※年間ガイドよりセミナープログラムを変更しております
※電卓をご用意ください

プログラム

【第1講】2017年4月21日(金)
「入門! 簿記・経理の基礎知識」

1.経理の仕事の基礎知識
(1)企業経営を支える経理業務とは
(2)経理の3つの大事な仕事
(3)会社の数字は2つの側面から見よう

2.経理は「5つの箱」で理解しよう
(1)経理をやさしく理解するコツ
(2)会社の活動と「5つの箱」
(3)「借方」と「貸方」の意味と複式簿記
(4)仕訳のルールはとても簡単!
  《演習》 「5つの箱」で仕訳にチャレンジ
(5)簿記は「原因」と「結果」で捉える
  《演習》会計上の取引となるか判定しよう
  《チェック》「5つの箱」の理解で決算書が作成できる
  《演習》「5つの箱」で決算書を作成してみよう
(6)簿記の目的と経理業務の流れ

3.勘定科目と仕訳のルールを理解しよう
(1)「資産」の箱の中身 ~プラスの財産~
  《演習》小切手の回収と振り出し、コピー機の購入
      預金から現金の引き出し、商品をツケで売る
(2)「負債」の箱の中身 ~マイナスの財産~
  《演習》商品をツケで仕入れる、手付け金を受け取る
(3)「純資産」の箱 ~元手と儲けの蓄積~
(4)「収益」の箱の中身 ~会社の稼ぎ方~
  《演習》固定資産の売却と商品の売上
      先に手付け金を受け取った商品の出荷
(5)「費用」の箱の中身 ~稼ぐための工夫~
  《演習》商品の販促キャンペーン費用、文房具の購入
      得意先との打ち合わせ、出張旅費と宿泊費と日当

4.日常の経理業務での留意点と仕訳演習
(1)会社に備え付けるべき帳簿と保存
(2)伝票の種類と書き方をマスターする
  《演習》給料の仕訳を振替伝票に書いてみよう
(3)現金出納業務のトラブル撃退法
(4)売上取引にかかる簿記の流れ
  《演習》売掛金回収に関する仕訳
(5)仕入取引に関する簿記の流れ
  《演習》買掛金支払いに関する仕訳

5.決算の流れも知っておこう
(1)日次、月次、年次の経理の仕事
(2)売上総利益と売上原価の計算方法
  《演習》売れ残りがある場合の決算書作成


【第2講】2017年5月19日(金)
「入門! 決算書の読み方」

1.決算書を読みこなすためのコツ
(1)会社が作成する「決算書」とは
(2)決算書が作成される流れを理解する
  《チェック》「5つの箱」で決算書が作成される流れ

2.貸借対照表を読みこなすポイント
(1)貸借対照表を読みこなすステップ
(2)貸借対照表から見抜く短期的な資金繰り
(3)貸借対照表から見抜く長期的な資金繰り
(4)財務体質の健全性を表す経営指標
  《演習》貸借対照表を分析してみよう
(5)「運転資金」を理解して資金繰りを楽にする
  《演習》運転資金を計算してみよう

3.株主資本等変動計算書と注記表の役割
(1)株主資本等変動計算書の役割
(2)すべての会社に求められる注記とは

4.損益計算書を読みこなすポイント
(1)損益計算書から読みとる情報とは
(2)損益計算書から見抜く商品力
(3)損益計算書から見る本業力
(4)損益計算書から見る実力
(5)最終の利益と法人税等の負担
(6)総資産経常利益率で収益力を総合評価
  《演習》損益計算書を分析してみよう

5.資金繰りの「安全性」を評価する
(1)会社の経営状態の変化と危険信号
(2)資金繰りの「安全性」を判断する
(3)経営結果は「3→5→3」の動きで見分ける
(4)決算書の「お化粧」を見抜く方法
(5)リーダーは貸借対照表(B/S)を見よう
(6)「勘定合って銭足らず」の原因とは
  《演習》「経常収支」で資金繰りの実態をつかむ

6.「生産性」の高い会社であり続けるために
(1)企業が生み出す「付加価値額」の計算方法
(2)付加価値額は1人当たりで見る<付加価値生産性>
(3)付加価値額の「分配」とは
(4)付加価値生産性を高めるための着眼点
(5)付加価値額と給料の関係<労働分配率>
  《演習》付加価値生産性と企業体質

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 45,360 42,000 3,360
SMBC経営懇話会会員 52,920 49,000 3,920
会員以外のお客様 60,480 56,000 4,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから