SMBCコンサルティング

経営幹部実務力向上プログラム
圧倒的に儲かり続ける会社づくりのための経営計画の作り方、実行管理の仕方を学ぶ!

経営計画の作り方と実行管理の仕方

経営計画の作成と実行するための具体的な方法をわかりやすく解説します

大阪

このセミナーの募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
2017年05月23日(火) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします

昼食

2017年05月23日(火) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

経営者、経営幹部候補、二世経営者など企業経営の実務に携わる方、これから携われる方

講師

御堂筋税理士法人 代表社員 税理士 株式会社 組織デザイン研究所 代表取締役 小笠原 士郎 氏
小笠原 士郎 氏

略歴:1952年大阪市生まれ、1976年大阪大学経済学部卒業、株式会社クボタ勤務を経て、1991年税理士事務所開業。理念は高業績企業づくり。財務管理を土台とし、経営計画-実行管理-学習組織作り-人材育成を基軸に、マーケティング・イノベーション・生産性にも踏み込み、また幅広いネットワークを用いて、ワンストップでお客様をサポートする、税理士コンサルタント集団・御堂筋税理士法人を率いる。『儲かり続ける会社作り』の実践指導には定評がある。
商工会議所・銀行などでのセミナー活動も多くこなし、特に「儲かり続ける会社の作り方」「計画倒れに終わらない経営計画の作り方」「人材が育つ会社の作り方」などのセミナーは、専門用語を使わないわかりやすい解説と、商売センスと経営者感覚が発揮された明快な切り口で、経営者から高く評価されている。


概要(狙い)

私が経営のお手伝いをする際の目標は、「圧倒的に儲かり続ける会社づくり」です。それは、お客様にファンになっていただける会社を創ることです。
そのための課題として、「1.経営計画、2.学習組織づくり、3.業績管理、4.人材育成、5.価値観教育」の5つがあります。ところがそのどれもが、私たち中堅・中小企業にとっては、具体的なノウハウの乏しいテーマです。
本セミナーでは、私が崇敬するドラッカーの考え方を実践する試行錯誤の中で築いてきた考え方と手法を提供してまいります。皆さんが経営計画を立てても、実行がなされない、変革が起こらない、業績が上がらないのは具体的な方法がわからず、実行フォローの手立てがなされていないからです。その勘所についてベストを尽くしてお伝えしたいと思います。ぜひ一緒に学びましょう。

※本セミナーは、「経営幹部実務力向上プログラム【全2講】」のカリキュラムに設定されております

※昨年度開催の「経営幹部イブニング塾 経営計画の作り方」「経営幹部イブニング塾 経営計画の実行管理の仕方」を1日にまとめました
※年間ガイドよりセミナープログラムを変更しております

プログラム

1.経営戦略とはニッチOnly1を実現する方策である
1)戦略とは常にニッチOnly1をめざすことである
2)永続的な高業績企業を創ることが経営の目標
3)その中核は、持続的競争優位の実現にある
4)戦略は、ビジネスモデルを考え、SWOT分析で補強する
5)経営のミッションを言葉にする

2.中期経営計画で経営の基本課題を明確化する
1)中期計画では、長期的な課題を明確にする
2)長期的な課題とは、マーケティング・イノベーション・生産性向上・人材育成の4つである
3)マーケティングではわが社のブランド化をはかる
4)マーケティングとイノベーションは幹部全員で毎月協議する
5)人材育成がもっとも効果的な戦略である

3.年度経営計画で経営課題の具体的行動計画をつくる
1)年度経営計画は中期計画と前年度の計画の反省から組み立てる
2)年度経営計画は全社方針→部門方針へと展開する
3)課題は『目標管理シート』で実行計画に落し込む
4)販売計画は昨対○%ではなく、積上げで考える
5)すべての計画は予算に結びつけられる

4.経営計画の実行管理のしくみを決めておく
1)会議などコミュニケーションのしくみを構築する
2)コミュニケーションのしくみでは、経営⇔管理⇔現場のつながりを考える
3)年間の主なスケジュールと行事予定はすべて決めておく
4)年間スケジュールを決めておくと経営の生産性が上がる

5.経営計画の策定合宿と発表会のしかた
1)幹部による合宿はチームワークを高め、計画を構想するのに効果的である
2)経営計画合宿の具体的な進め方
3)経営計画発表会は内外にわが社の方針を宣言することである
4)経営計画発表会の具体的な進め方

6.経営計画の実行管理の基本サイクル
1)経営計画の成果は実行管理で決まる
2)経営の推進の90%はコミュニケーションにある
3)実行管理とはPDCAを確実にすることである
4)PDCAの要諦は月次のサイクルである
5)PDCAを確実に回す根源は時間管理にある

7.課題の目標管理の思考の深め方
1)組織への貢献からの課題は3つある
2)目標設定は『マネジメントレター』を使って上司と共同で行う
3)『目標管理シート』で目標を具体的行動計画に落し込む
4)毎月末に目標管理している課題のふり返りを確実に行う
5)ふり返りとは、実行したこと、気づきと反省、次月への決意をすることである

8.個人面談におけるコーチング
1)毎月初の上司と部下の個人面談は不可欠である
2)個人面談は静かな部屋で、一人45分使って行う
3)個人面談では目標管理シートを使って進捗を話し合う
4)コーチングスキルは絶対に必要である

9.効果的な会議の進め方
1)チェックの中心に会議がある
2)会議の巧拙は経営のパフォーマンスに大きな影響を与える
3)『会議のアジェンダ』で会議を設計する
4)ファシリテーター、メンバー、リーダーの役割
5)会議の効果性を高める会議のルール

10.業績管理に必要な資料
1)業績管理とは、リアルタイム→月次損益→決算予測→経営全容を掴むこと
2)問題が見える化すれば業績は挙がる
3)まずわが社の活動と成果の関係を図式化する
4)『経営のコックピット』で経営の全体像を見える化する
5)業績検討に必要な資料はこれだけある

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから