SMBCコンサルティング

研修担当者必見!階層別研修の企画・運営ノウハウを公開!

研修担当者の役割と階層別研修実施のポイント・留意点

~効果的な研修の企画・実施および事後フォローのポイントを習得する~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2017年09月08日(金) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2017年09月08日(金) 昼食はご用意いたしません

対象者

・人事部門、教育部門の方
・教育、研修担当者
・研修の企画・運営に携わっている方

講師

HRBC株式会社  取締役コンサルタント 迫川 史康 氏
迫川 史康 氏

略歴:アストラゼネカ株式会社に営業(MR)として入社。九州地区を任され、開業医から大学病院までを担当し、既存病院の営業に加え、新規病院の開拓に力をいれる。また、卸管理も任され、取引先から絶大な信頼を得る。その後、チームリーダーとして、先輩MR・後輩MRとともに、チームの業績向上に貢献する。自らがMRとして成果を上げながら、後輩指導をすることで、チーム士気を高めていた。その成果を認められ、本社の人事部に異動。人材開発マネージャー、生産事業本部人材開発マネージャーに従事し、本社と現場を繋ぐ役割を担いながら、教育体系、評価制度などを構築する。現在は、HRBC株式会社の取締役コンサルタントとして活躍している。「楽しく学び、実践する」をモットーに、笑顔が絶えず、ときに厳しく指導する体験型の研修には定評があり、お客様から絶大な信頼を得ている。関西学院大学大学院 経営戦略研究科(MBA)修了。


概要(狙い)

企業が継続的に成長をしていくためには、そこで働く従業員一人ひとりの成長が欠かせません。そしてそのためには計画的に、継続的に人材を育成していく必要があり、OJTだけでなく、集合研修も有効な人材育成の手段である事は間違いありません。しかし実際には目の前の仕事に追われ、会社が企画する研修に受け身で参加している方も多く、そのため、研修効果も限定的な事例が多く見受けられます。一方で非常に効果的な研修を実施している企業も多く有り、様々な気づきを生み出し、具体的な成果に結びついている企業も少なくありません。このように人材をうまく育て得ている企業とそうでない企業の差が、そのまま企業間格差になって現れてくると考えます。
そこで本セミナーでは、研修担当者としての基本となる考え方を整理し、階層別研修の具体的な企画と実施のポイントや効果測定のやり方などを習得していきます。グループワークを多く盛り込み、他社の教育担当者との意見交換やディスカッションを行うことで、様々な視点からの気づきを得ることができるセミナーです。

※参加特典:階層別研修で使える便利なツール(研修アンケート、事前準備物チェックリストなど)を配布予定

効果 到達目標

◎研修担当者に期待されている役割と責任を再確認します
◎階層別研修を実施する上でのポイントと留意点をつかみ、自社の研修計画に役立てます
◎研修・教育という会社の将来に影響を与える重要な仕事に誇りをもてるようになります
◎各企業の研修担当者同士で社外ネットワークを構築します

参加者の声

「研修効果測定のあり方について考えさせられた。受講者本人だけでなく、上司の協力が必要だと気づけた」
「研修担当としてぶつかっていた壁(課題)に対する解決策のヒントをたくさんいただけた」
「質疑応答が明確だった。具体的な事例が多く、勉強になった」
「研修担当になったばかりなので、今後どのように業務を進めていくか心構えができた」
「他社人事担当との意見交換の時間が多くてよかった」

プログラム

1.研修担当者に求められる役割・行動・能力
1)人事部門が担う4つの役割
2)活躍する研修担当者が持つ、組織開発“7つの視点”
3)人財育成の手段と方法~OJTとOff-JT、内製と外部委託
4)人財育成の手段と方法を戦略的に組み合わせていますか?
5)目の前の受講者に集中しすぎていませんか?~関係者の巻き込み方

2.研修担当者としてのあなたの課題は何ですか?
1)あなたは単なる研修手配屋さんになっていませんか
2)研修担当者として専門性(強み)を磨く方法
3)研修担当者として押さえておきたい情報源
4)研修担当者自身がまず変化・成長する必要性とその理由

3.能力開発における基本的な考え方
1)自社が求める人財像は明確になっていますか?
2)求める人財像を、具体的な能力項目に分解する
3)代表的なコンピテンシーとその定義
4)教育体系の全体像~代表的な事例

4.階層別研修をより充実させるために
1)研修の目的・ゴールは明確になっていますか?
2)各階層の“つながり”を意識していますか?
3)研修にスパイスを加える~事前の動機づけと事後のフォロー
4)階層別研修で陥りやすいマンネリ化とその対策

5.新入社員研修企画・実施のポイント
1)近年の新入社員の傾向と特徴
2)「一人前の社員」その定義とは?
3)いつまでに、どのような状態に育てたいのか
4)配属先の育成担当者・上司との良い連携、残念な連携

6.次世代リーダーを育成する選抜型研修
1)研修体系における階層別と選抜型の位置づけとは
2)選抜型研修のプログラム事例と事務局の関わり方
3)採用、評価、異動などHRM(人事マネジメント)との連動方法
4)選抜型研修導入後の“光”と“影”

7.研修効果の具体的な把握方法とその実務
1)研修効果とは何か、どのように測定するのか
2)アンケートだけを見て、一喜一憂してはいけない理由とは
3)研修効果をはかる4つのステップをおさえる
4)研修担当者は将来のキャリアにつながる魅力的な仕事!

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから