SMBCコンサルティング

経営に活かせる計数をタイムリーに捉える手法とは?

計数管理のスピードアップと経営改善への活かし方

~月次決算、四半期決算で異常値を捉える計数管理手法を1日でマスター~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2017年09月13日(水) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください
※電卓をお持ちください

昼食

2017年09月13日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

・経営者・役員・スタッフ・経理責任者
・経理担当者の方、ステップアップを目指したい方
・財務分析の活用を学びたい方 
・業務の効率化を学びたい方 
・決算書をわかりやすく説明したい方 
・お金の流れを理解し、目標・計画に役立てたい方

講師

一般社団法人 経理革新プロジェクト  代表・税理士  児玉 尚彦 氏
児玉 尚彦 氏

略歴:企業の税務会計顧問の他、経理業務の効率化、財務体質の改善などを中心に活動。講師を務める「経理財務セミナー」には10,000社以上が受講、企業経営に貢献できる経理社員の育成を支援している。
URL http://www.keiri4970.com

著書:『35歳までに身につけておくべきプロの経理力』 『「少人数で儲かる経理」はこうつくる』(日本実業出版社)、『会社のお金はどこへ消えた?』(ダイヤモンド社)、『新版 ココまでできる経理の合理化』(日本能率協会マネジメントセンター)他

共著:『3年で「経理のプロ」になる実践PDCA』(日本実業出版社)、『30代からの仕事に使える「お金」の考え方』(ちくま新書)




概要(狙い)

企業活動の状態を適切に管理するには、売上、利益、経費、キャッシュフローなどをさまざまな視点から計数的に捉えてチェックしなければなりません。タイムリーな計数管理ができていない会社は、問題発見が遅れ、経営が悪化していきます。
本セミナーでは、月次でモニタリングすべき数値、四半期ごとに把握する経営指標を、Excelを活用してスピーディーに分析し、経営に活かせる計数管理手法をマスターします。

効果 到達目標

◎月次でモニタリングすべき数値、四半期ごとに把握する経営指標を、Excelを活用してスピーディーに分析できるようになる
◎企業活動の状況を、売上、利益、経費、キャッシュフローなどさまざまな視点から計数的に捉えてチェックできるようになる

プログラム

1.計数管理の概要
 1)社内における計数管理の目的と重要性
 2)経営者・管理職・経理の数字の見方
 3)最近重視されている経営指標
 4)業種別の重点管理指標
 5)基準値の設定と異常値の認識

2.月次でモニタリングすべき数値
 1)会計データを利用した計数管理
  ・Excelを活用したデータ分析グラフ
 2)収益構造別にデータを分解して検証
  ・セグメント別の利益率と経費率
 3)予算実績管理で見るべきポイント
  ・管理会計による問題発見
 4)構成要素別に利益影響度を把握
  ・単価、数量、変動費、固定費
 事例演習 マージンミックスによる利益率の改善

3.1Q(第1四半期):予算実現の可否判断
 1)四半期データで季節変動を管理
  ・対前年比較グラフで計画差異を把握
 2)収益構造の変化を分析
  ・売上増加減少の要因分析
 3)売上を構成要素に分解して伸び率を比較
 4)変化をキャッチして今後の戦略を軌道修正
  ・事業計画、年度予算の再検討

4.2Q(第2四半期):上半期の検証と下半期の布石
 1)財務分析と経営管理指標
  ・ROA、ROE、売上高利益率
 2)時系列データの検証で早めの対策
  ・移動年計グラフによる傾向分析
 3)販売管理費の妥当性の検証
  ・費用対効果と利益貢献度
 4)労働生産性を管理し社員の働き方を見直す
  ・一人あたり利益の適正額はいくらか?
 5)労働分配率が利益を決める
  ・人材投資と付加価値に占める人件費割合
 事例演習 労働生産性と労働分配率による人員配置

5.3Q(第3四半期):キャッシュフローの検討と改善
 1)売上と利益の業績管理だけでは失敗する理由
  ・スピード経営ではキャッシュフロー効率が優先する
 2)CCC(運転資金回転期間)が重点管理指標
  ・在庫回転日数、売上債権回転日数、仕入債務回転日数
 3)四半期単位での回転期間の分析
  ・資金サイトのズレを発見するキャッシュ効率分析
 4)優良企業が実践するCCCの改善法
  ・売掛金の回収期間短縮策、在庫削減対象品目の選定法

6.4Q(決算):財務数値の検証と決算直前対策
 1)決算数値の着地点予測と有効施策
  ・目標達成すべき「利益額」と「利益率」
 2)4Qの結果が来期以降の事業の成長を決める
  ・事業価値を左右するFCF
 3)決算直前対策の優先順位と成果
  ・決算セールと在庫処分の有利不利
 事例演習 販売価格変更のタイミングと意思決定

7.計画予算:事業計画の見直しと予算編成
 1)川上と川下への事業領域展開
  ・スマイルカーブを意識した多角化と統合化
 2)製品ライフサイクルを考えた商品構成の検討
  ・既存商品構成と新商品投入計画
 3)設備投資計画をROICでシミュレーション

【まとめ】計数管理の実践と今後の課題
 1)現状の計数管理能力の評価と必要とされるスキル
 2)参考図書の紹介

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから