SMBCコンサルティング

経営において最も重要な5つのスキルを習得する

経営幹部実力養成コース【全5講】

企業経営を担う経営幹部、幹部候補者に求められる知識、経営ノウハウの習得と意識の改革を総合的に目指します。
各講 選択受講可

大阪

このセミナーの募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
第1講 経営幹部に期待される役割と実務・行動力
講師: 鑄方 貞了(いかた ていりょう) 氏 
2017年10月12日(木) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第2講 ケースで学ぶ戦略的思考と戦略の立て方
講師: 浜田 由朗 氏
2017年10月25日(水) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第3講 業績を向上させる2018年度経営計画の立て方
講師: 粕井 隆 氏
2017年11月08日(水) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第4講 自社や取引先の決算書で学ぶ決算書の読み方・儲け方
講師: 小笠原 士郎 氏
2017年11月17日(金) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第5講 経営幹部・管理職に必須の法律知識
講師: 野口 大 (のぐち だい) 氏
2017年11月22日(水) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※全講受講の場合、割引適用価格となります(ページ下の【申し込む】までお進みください)
※各講(1日単位)選択いただけます(上記よりお申込ください)

昼食

2017年10月12日(木) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)
2017年10月25日(水) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)
2017年11月08日(水) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)
2017年11月17日(金) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)
2017年11月22日(水) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

取締役、執行役員、部長、課長等、経営幹部及び幹部候補者

講師

アクティブ経営研究所 所長 経営コンサルタント・経営士、後継者育成コンサルタント 鑄方 貞了(いかた ていりょう) 氏 
鑄方 貞了(いかた ていりょう) 氏 

略歴: 関西大学法学部卒業後、タイガー魔法瓶株式会社に入社し、特許、営業、製造、商品企画、人事、経理を担当する。1990年に繊維商社の役員として営業部門・工場部門(工場長兼任)・総務部門を担当する。その後、1995年、アクティブ経営研究所を設立し、経営コンサルタント・人材コンサルタントとして、経営計画、経営戦略の立案、営業、階層別研修、能力開発・組織活性化など多くの分野で活躍する。研修においては「心構えによって行動が変わり、人生まで変える」を持論とし、研修生に“気づき”を促し、“やる気”をおこさせる手法には定評がある。
現在は、1年でバトンタッチできる経営者に育成する後継経営者教育プログラムを開発し、「創業社長の思いを継承し、人間力とマネジメント力を身につけた2代目」を多く輩出している。
著書:『社長に好かれるリーダーになれ!』『あなたが変われば部下が変わる』(同友館)

株式会社HIM 代表取締役 有限会社浜田経営事務所 代表取締役 浜田 由朗 氏
浜田 由朗 氏

略歴:1957年北海道生まれ。国立広島大学教育学部附属福山高校、慶応義塾大学工学部管理工学科、同大学院工学研究科修了後、JMACで6年間、A.T.カーニーの東京事務所、シカゴ本社で9年間コンサルティング活動後独立し、有限会社浜田経営事務所を設立、代表取締役に就任する。この間、北米、ヨーロッパ、韓国、台湾をはじめとする東アジア、東南アジアでも活動。現在、株式会社HIM(エイチ・アイ・エム)の代表取締役として、三十年を越す一貫した国内外、数十社にわたる経営コンサルティング経験を活かし、全社革新、事業戦略、マーケティング戦略、営業戦略、営業マネジメントシステム、ソリューション営業分野で、戦略立案から実施・定着化までの実践的コンサルティングに重点を置き活動中。

東邦ビジネスコンサルタント株式会社  代表取締役社長 経営コンサルタント・公認会計士 粕井 隆 氏
粕井 隆 氏

略歴:1976年神戸大学経営学部卒業。朝日監査法人(現あずさ監査法人)では公認会計士、コンサルティング会社ではチーフコンサルタント(経営計画策定、経営システム強化を担当)として活躍。
1985年東邦ビジネスコンサルタント株式会社を設立。経営全般にわたる診断・指導や経営者の戦略ブレーンとして高い評価と信頼を得ている実践派コンサルタント。

<最近のコンサルティングテーマ>
(1)環境激変時代に勝ち残る為の「中期経営計画」の策定及び実行指導
(2)異業種ノウハウの導入による「新規事業」のプランニングと推進指導
(3)長中期的な企業価値を高める「取締役改革と役員報酬制度」の構築
(4)取締役・経営幹部の能力と意識を変革する「実践型幹部育成研修」の実施
(5)ゆでガエル病を克服する為の「企業ドック(総合経営診断)」の実施

御堂筋税理士法人 代表社員 税理士 株式会社 組織デザイン研究所 代表取締役 小笠原 士郎 氏
小笠原 士郎 氏

略歴:1952年大阪市生まれ、1976年大阪大学経済学部卒業、株式会社クボタ勤務を経て、1991年税理士事務所開業。理念は高業績企業づくり。財務管理を土台とし、経営計画-実行管理-学習組織作り-人材育成を基軸に、マーケティング・イノベーション・生産性にも踏み込み、また幅広いネットワークを用いて、ワンストップでお客様をサポートする、税理士コンサルタント集団・御堂筋税理士法人を率いる。『儲かり続ける会社作り』の実践指導には定評がある。
商工会議所・銀行などでのセミナー活動も多くこなし、特に「儲かり続ける会社の作り方」「計画倒れに終わらない経営計画の作り方」「人材が育つ会社の作り方」などのセミナーは、専門用語を使わないわかりやすい解説と、商売センスと経営者感覚が発揮された明快な切り口で、経営者から高く評価されている。

野口&パートナーズ法律事務所  代表 弁護士
野口&パートナーズ・コンサルティング株式会社 代表取締役  野口 大 (のぐち だい) 氏
野口 大 (のぐち だい) 氏

略歴:平成2年 司法試験合格、平成3年 京都大学法学部卒業、平成14年、ニューヨーク州コーネル大学ロースクール卒業(人事労務管理理論を履修)。企業法務や労使紛争に熟知し、数多くの団体交渉や労働裁判を専ら会社側の立場で手がける。部下の注意指導の方法等まできめ細やかにアドバイスするコンサル型弁護士。わかりやすく歯切れの良いアドバイスは評価が高く、企業の顧問・社外役員等を多数つとめている。


プログラム

【第1講】2017年10月12日(木)
「経営幹部に期待される役割と実務・行動力」/講師:鑄方 貞了 氏

1.社長の方針がなぜ現場に浸透しないのか
1)方針発表会がセレモニー的になっている
2)ポスター等で告知しているだけで「絵に描いた餅」
3)抵抗勢力が反対し、なし崩しになっている
4)社長の朝令暮改がまかり通っている

2.あなたが変われば、職場も部下も変わる
1)あなたの人生はあなたが社長だ!
2)交流分析であなた自身を見直そう

3.方針を徹底するのが幹部の役割と仕事
1)なぜ仕事をするのですか(GW)
2)管理者として高い「志」と使命感があるか

4.幹部の一番大事な役割はなにか?
1)幹部の一番大事な役割は(GW)
2)具体的な8つの役割と3つの力
3)部門経営者として経営者発想を持て
4)問題を解決しよう

5.経営方針を部門の方針にまで落とし込め
1)経営方針、部門方針、部門目標、具体的施策
  (目標、戦略、戦術、行動)
2)部門のあるべき姿を描け
3)重点課題の抽出と部門方針の出し方
4)部門の重点実施計画書の作り方
5)方針のブレイクダウンの仕方

6.チェックとフォローで徹底的に実行させよ
1)P.D.C.Aサイクルで確実に推進する
2)方針の徹底はプロセス(進捗)管理を行い問題を解決しよう
3)管理フォーマットで成果を出す

7.部下を動かせなければ方針は浸透しない
1)部下を指導育成する基本
2)やる気を起こさせる8か条
3)職場の人間関係を良くしよう
4)部下を快く動かす指示命令の仕方と報連相
5)上手な誉め方、上手な叱り方チェックリスト

8.幹部は部門経営者として意識改革せよ
1)自己革新型の幹部になるには
2)他己分析をして自分の長所を再確認し徹底的に伸ばそう
3)感動いっぱい


【第2講】2017年10月25日(水)
「ケースで学ぶ 戦略的思考と戦略の立て方」/講師:濱田 由朗 氏

1.戦略の考え方と戦略発想
1)戦略の必要性の高まり
2)戦う前の勝つためのシナリオ作り
3)論理性、戦略性、具体性

2.基本となる問題解決、ロジカルシンキングスキル
1)回復型問題と向上型問題
2)帰納法と演繹法
3)クリエイティブシンキング発想での補完

3.全社戦略、事業戦略と機能別戦略
1)SBU、PPM、アンゾフの事業拡大マトリックス
2)基本戦略と個別戦略
3)マーケティング戦略との連動

4.事業の特性と成功要因の考え方<演習>
1)事業特性を見る視点
2)業界成功要因と自社・自部門成功要因
3)ケース演習
  ~個人演習、グループ演習、代表発表、講評~

5.環境変化の認識と強み弱み分析の活用法<演習>
1)SWOT、PEST、5F、3C、Value Chain分析など
2)ケース演習
  ~個人演習、グループ演習、代表発表、講評~

6.基本戦略定石の活用(1)コア・コンピタンス
1)コア・コンピタンスの条件
2)製品・技術の視点
3)運営機能の視点

7.基本戦略定石の活用(2)強者・弱者の戦略定石
1)弱者の差別化、強者の同質化
2)足下の的攻撃の原則(競争目標と攻撃目標)
3)射程距離理論とNo.1戦略への展開

8.基本戦略定石の活用(3)ライフサイクル毎の戦略定石
1)市場成熟度の考え方
   ―導入期、成長期、成熟期、衰退期
2)市場参入戦略、普及率の考え方

9.基本戦略の立案方法<演習>
1)基本戦略創出の考え方
2)ビジネスモデル視点の活用
3)ケース演習
   ~個人演習、グループ演習、代表発表、講評~

10.戦略立案の実際
1)事例紹介
2)戦略立案上の留意点
3)全体まとめ


【第3講】2017年11月8日(水)
「業績を向上させる2018年度経営計画の立て方」/講師:粕井 隆 氏
 <フォーマットCD-ROM進呈>

1.経営計画の役割を認識する
1)先が読めない時代の経営計画の役割
2)勝ち組企業への自社改革を経営計画に織り込む!
3)健全な危機感と将来の夢の全社共有化
4)部門別計画の重視と幹部の役割責任の明確化
5)計画倒れに終わらないために -自社診断チェックリスト

2.年度経営計画策定の体制を整える
1)経営計画の体系と年度計画の重要性
  長・中期ビジョン→中期計画→年度計画
2)年度計画の策定手順
  トップダウンとミドルアップの統合システムの策定
3)策定体制とトップ・取締役会・経営企画・担当部門長・策定プロジェクトの役割

3.外部経営環境を分析し、チャンスを見つける
1)長・中期の経営環境の変化とトレンド予測
2)自社のチャンスとピンチを正しく認識する
3)過去の成功要因(KFS)の変化分析と新成功要因の構築
4)存続を阻害する要因・将来脅威への対応力分析
5)業種別:経営環境予測と経営改革課題チェックリスト

4.経営資源を総点検し、強化・拡大を図る
1)自社の「強み」と「弱み」の戦略的分析
2)顧客の目線で分析:顧客不満、顧客満足
3)ライバルとの戦力比較と競争優位戦略
4)経営資源の拡大:自力、提携、M&A、ハンティング

5.年度経営方針・全社目標を明示する
1)中期ビジョンと年度計画を連動させる
2)年度経営方針でトップの強い意志を示す
3)7つの切り口で全社課題をリストアップする
4)全社・部門別数値目標の設定(全社予算)

6.部門年度計画を策定する
1)部門計画の策定手順
2)部門目標(定性目標と数値目標)の設定
3)部門目標設定シートによる抽出と重点化
4)月次実行計画シートによる実行プラン化
5)機能別:経営改革課題チェックリスト

7.全社年度経営計画書としてまとめる
1)全社・部門計画の調整と確定手順
2)年度経営計画書の様式例:モデルフォーマット
3)全社共有化のための手法
4)目標売上高・利益と獲得資金のシミュレーション

8.計画を達成する仕組みを構築する
1)年度経営計画が実行されない原因とは
2)業績責任徹底のための組織改革・意識改革
3)達成度を高める業績管理体制・業績検討会議
4)期末組織評価による業績評価手法:組織業績評価表

9.まとめ 経営計画の成功10のポイント


【第4講】2017年11月17日(金)
「自社や取引先の決算書で学ぶ決算書の読み方・儲け方」/講師:小笠原 士郎 氏

1.決算書と付き合う心構え
1)経営の目的を算数でいうと『儲けてお金を残すこと』
2)決算書は図にして見るとわかりやすい

2.決算書の読み方~『経営の診断書』
1)損益計算書は『儲けの構造図』である
  (1)損益計算書をグラフにすると『儲けの構造図』ができる
  (2)儲けの構造の分析をする   
  (3)損益計算書のここを見て、改善せよ!
2)貸借対照表は『お金の構造図』である
  (1)商売で本当に要るものは「設備」と「商品」だけ!   
  (2)商売のお金を出す人は3人しかいない!
  (3)貸借対照表をグラフにすると『お金の構造図』ができる   
  (4)貸借対照表は事業で要るお金とそれを出している人の構造図   
  (5)『お金の構造図』でお金がどう動くかを見抜く   
  (6)設備を買うのに要るお金、日常の商売に要るお金の特質   
  (7)お金の構造を判断できる3つのポイント    
3)経営のものさしで『わが社の儲け方とお金の構造』を評価する  
  (1)経営のものさしの全体像を理解する
  (2)儲ける力の理由は人の働き方にある   
  (3)結局お金は残っているのか? びくともしないのか?   
  (4)経営の診断は業界の標準値と比べてみよう!
  (5)決算書のさらなる深掘り分析法をご紹介
まとめ ~決算書の見方で気づいたこと

3.数字に強くなる~採算意識と銭勘定を身につける
1)儲けの構造は『儲けの方程式』で考えられる
2)儲けの方程式とは、売上・粗利益率・固定費の関係式
  (1)社内では、管理会計で儲けを計算しよう!
  (2)『儲けの方程式』とは利益=売上高×粗利益率-固定費
  (3)管理会計を使えば、利益の増減要因がはっきりわかる   
  (4)目標利益を出す、売上、粗利益率、固定費を計算できる
3)採算意識とは、常に利益を意識して行動し、手を考えられること
  (1)売上を上げるためには?   
  (2)粗利益を上げるためには?   
  (3)固定費の効率を高めるためには?   
  (4)事業につぎ込んでいるお金の効率を上げるには?
4)さまざまな場面での数字のとらえ方   
  (1)一日いくら売ればよいか? 一分いくら作ればよいか?   
  (2)利益は速度で管理する! 時間チャージが究極の管理だ
  (3)日常の経営意思決定で正しく損得計算できるようになる   
  (4)日常の仕事での現象をお金に換算できる
まとめ ~数字に強くなるための気づき

4.キャッシュ・フロー計算書がわかれば達人!
1)キャッシュ・フロー計算書の作り方
2)お金の流れで会社の健康状態が分かる
3)お金の流れを診断する6パターンとは?
4)あなたの会社は成長? 衰退? 診断してみよう!

5.資金繰りを楽にする経営、未来に備える経営
1)資金繰りを楽にする4つの要素
2)なんといっても利益を出すことが第一である
3)利益はいくら出せばいいのか?
4)在庫と売掛でお金を寝かせない
5)設備投資の考え方と投資するときの判断基準とは?
  <ワーク>~キャッシュフローとお金の残し方での気づき
まとめ ~今日の学びのまとめ


【第5講】2017年11月22日(水)
「経営幹部・管理職に必須の法律知識」/講師:野口 大 氏

1.今、絶対に必要なコンプライアンス
1)最近の企業不祥事の具体的な事例紹介
  (1)コンプライアンス=法令遵守ではない
  (2)内部通報が増えている
  (3)役員の責任が重くなっている
2)コンプライアンスの体制・マニュアルのあり方

2.知らないと大問題になる!人事・労務の法律知識
1)問題社員と解雇
  (1)30日前に予告すれば解雇できるのか
  (2)解雇が有効となる要件
  (3)問題社員の対処法
2)年々厳しくなる労働時間規制
  (1)刑事立件されるケースも増えている
  (2)書類上の労働時間と実際の労働時間は異なる
  (3)労働時間削減のポイント
3)セクシャル・ハラスメント
  (1)具体的なトラブル事例
  (2)セクハラ相談窓口の運用上のポイント
4)パワー・ハラスメント
  (1)行き過ぎた業務上の指導・叱責
  (2)違法なパワハラと言われないためには?
  (3)具体的なトラブル事例
5)マタニティーハラスメントとは
6)メンタルヘルス
  (1)メンタルヘルスに問題ある社員の扱い方
  (2)素人判断によって対処を行ったトラブル事例
  (3)具体的なトラブル事例

3.トラブルを未然に防ぐ!契約書の法律知識
1)なぜ契約書は必要か?
2)形だけの契約書・契約事項など何の意味もない
3)想定されるトラブルと具体的な対処法が定められているかがポイント
4)具体的な事例
5)下請法の概要

4.取引事故を未然に防ぐための債権回収の基礎知識
1)倒産すれば手遅れ(事前の情報収集がポイント)
2)納入中止・取引停止
3)連帯保証
4)売掛金を担保にとる
5)商品引き上げ
6)その他の手段
7)時効に注意(請求書を送付し続けても意味がない)

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 112,320 104,000 8,320
SMBC経営懇話会会員 131,760 122,000 9,760
会員以外のお客様 150,120 139,000 11,120

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから