SMBCコンサルティング

マーケティング実務で使えるフレームワークを習得する

営業担当者のためのマーケティング入門

中小企業の事例を交えて、マーケティングの基本をわかりやすく解説します。

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
2017年10月05日(木) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします

昼食

2017年10月05日(木) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

営業担当者、経営企画室スタッフ、マーケティング思考力を高めたい方

講師

株式会社マーケティングアシストプロジェクト  代表取締役社長 中小企業診断士 青木 宏人 氏
青木 宏人 氏

略歴:アミューズメント業界で14年間営業活動に従事した後、2008年4月に経営コンサルタントとして独立。経営戦略やマーケティング戦略の立案と実行支援など約200社のコンサルティング支援を実施。支援では、独自の経営フレームワークを駆使した論理的な分析による計画立案と計画を実行していくためのチーム作りを大切にしており、「計画が絵に描いた餅に終わらず、成果に繋げること」がモットーである。また、経営戦略やマーケティング等のテーマでセミナーや研修講師として多数登壇。
講義では、難解な経営理論を具体的な企業事例をもとに説明する点やフレームワークの提示により分析の切り口を修得できる点、受講生参加型のワークショップ形式で知識の知恵化が図れる点が好評を得ている。
現在、中小企業のマーケティング上の課題を一括して解決する組織であるマーケティングアシストプロジェクトの代表として、マーケティング戦略の立案と実行支援を行っている。同組織では、売上、利益向上をミッションとして、複数のマーケティング専門家(全員が中小企業診断士の有資格者)による課題の抽出と課題解決のための具体的なプロモーション支援を実施している。具体的には、BtoB(法人ビジネス)マーケティング戦略立案支援、提案営業型組織化支援、プレスリリース支援、ウリの見える化を実現したホームページやチラシの作成支援などである。

著書:『お店の「ウリ」を「売上」にする方法』共著MAP編(同友館)


概要(狙い)

セミナーの前半では、マーケティングの基本知識をおさらいします。
具体的には、マーケティング戦略のフレームワークやマーケティング分析の視点などです。マーケティングコンサルタントである講師が、実務で必要な知識に絞って、その使い方を解説します。マーケティングの知識を実務で使うポイントは「必要な場面で必要な知識をどのように引き出すか?」です。まずは、ここをしっかりと押さえます。
続く後半では、ターゲット顧客の見極め方や新規顧客の開拓方法など、具体的なマーケティング戦略を立案するフレームワークについて解説します。ここで皆さんに質問。「ターゲットを絞りなさい」と言われて困ったことはありませんか? また、「新規顧客を開拓しなさい」と言われて途方に暮れたことはありませんか? これらの疑問を解消するのが「フレームワーク思考法」です。是非、この強力な武器を手に入れてください。
本セミナーでは、単にマーケティングの知識を説明するだけでなく、中小企業の事例を交えて解説することで「知識の使い方」をイメージしていただきます。マーケティング思考力を高めて、ご自身のビジネスに活かしてください!

参加者の声

・実務ベースに教えて頂けるので、普通の講義よりもわかりやすかった。
・個人ワークやグループワークが多く気づきがたくさんあった。
・すぐに現場で活かしていける内容であった。
・自社の強みをどう発見するか、パートナーの見つけ方など、営業現場で役立つことばかりで勉強になった。
・ワークショップがよかった。交流ができた。
・先生ご自身の過去の例など、具体例が出てきたので、わかりやすかった。

プログラム

1.マーケティングとは
1)マーケティングの定義
2)マーケティングの理想の姿<個人ワークショップ>

2.マーケティング戦略の枠組みとは
1)ターゲットと4Pのフレームワーク<個人ワークショップ>
2)一貫性のポイント

3.マーケティング分析の視点
1)マクロとミクロ
2)売上向上の分解式<個人ワークショップ>

4.ポジショニング
1)ポジショニングとは?<個人ワークショップ>
2)活かす強みは?

5.総まとめ事例B to C(顧客が消費者)<グループワークショップ>
1)街の電器屋は、どのように生き残るか?
○どのような土俵で戦うか?
○活かすべき強みは?

6.ターゲットの見極め方
1)B to C とB to B のセグメンテーション
2)過去の成功アプローチ<個人ワークショップ>

7.お客様の買う理由
1)B to C ビジネスにおける視点
2)B to B ビジネスにおける視点<個人ワークショップ>

8.新商品開発に貢献する着眼点
1)顧客の不満アプローチ<個人ワークショップ>
2)開発を成功に導く留意点

9.新規顧客開拓の考え方
1)購買プロセスモデル
2)パートナーとの連携<個人ワークショップ>

10.総まとめ事例B to B(顧客が法人)<グループワークショップ>
1)販促支援企業が、価格競争に陥らないためには?
○ターゲット顧客は?
○顧客の買う理由は?

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから