SMBCコンサルティング

【経営幹部養成コース】
企業不祥事や取引先トラブルのリスクを回避する

コンプライアンス経営と法律知識

~内部統制とコンプライアンスの基本からリスクマネジメント・危機管理の実務まで~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2017年11月29日(水) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場階数とホールは当日1F掲示板にてご確認ください

※本セミナーは、「経営幹部養成コース」のカリキュラムに設定されております

昼食

2017年11月29日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

経営幹部・管理職、および総務・法務・監査・経営企画・各事業部門等担当者

講師

弁護士 慶應義塾大学大学院法務研究科 教授  菅原 貴与志(すがわら たかよし) 氏
菅原 貴与志(すがわら たかよし) 氏

略歴:1957年生まれ。現在、弁護士登録(東京弁護士会・小林綜合法律事務所)、慶應義塾大学大学院法務研究科教授(2004年~)。得意分野は、会社法、経済法、国際取引法、情報法、リスク・マネジメント等の企業法務全般。

著書:『新しい会社法の知識』、『詳解 個人情報保護法と企業法務』、『企業トラブルの解決・予防法』、『内部統制の理論と実践』(編著)、論文に“Recent Legal Measures to Enhance Corporate Transparency in Japan”,Business Law Review Vol.12, KBLA等。


概要(狙い)

企業不祥事や取引先とのトラブルが後を絶たず、かたちだけではない「コンプライアンス経営」がますます重要となっております。
また、内部統制やコーポレートガバナンスの高まり、相次ぐ法規制の強化など、関連する法律等への影響も踏まえて対応していく必要があります。
本セミナーでは、コンプライアンスの基本と法律知識をしっかりと押さえた上で、実務におけるリスクマネジメント・危機管理のポイントをケーススタディにより実践的に習得します。

効果 到達目標

◎コンプライアンスの基礎知識と関連する法律や制度を網羅的に理解できる
◎企業不祥事や取引先トラブルへの対応方法や予防策を講じることができる

プログラム

1.現代日本企業を取り巻く法務環境

2.リスクとは
  1)リスクとは何か
  2)ビジネスリスクと法的リスクの関係

3.法務的なリスクマネジメント
  1)会社法上のいわゆる内部統制システム
  2)リスクマネジメントとコンプライアンス
  3)その他の法的リスク

4.会社法上のリスクマネジメント各論
  1)内部統制システム
  2)従業員に対する指揮監督義務
  3)委任と雇用をめぐる諸課題

5.コンプライアンスに関する法律知識
  a.会社法
  b.消費者保護法制
  c.労働法
  d.独禁法等

6.事例演習 ~ケーススタディから問題点を指摘し、対応方法や予防策を検討
  <ケース1> コンプライアンス事例 (営業秘密の管理、個人情報リスク、労務リスク等)
  <ケース2> リスクマネジメント事例

7.不祥事発生時にとるべき対応

8.総括と補足

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 31,320 29,000 2,320
SMBC経営懇話会会員 36,720 34,000 2,720
会員以外のお客様 42,120 39,000 3,120

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから