SMBCコンサルティング

【経営企画実務マスターコース】
先が読めない経営環境で勝ち残る中期視点の戦略と改革とは

中期経営計画の立て方・使い方

~外部環境の分析、自社資源の総点検、計画策定手順と重要課題~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2017年11月09日(木) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場階数とホールは当日1F掲示板にてご確認ください

※本セミナーは、「経営企画実務マスターコース」のカリキュラムに設定されております

昼食

2017年11月09日(木) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

経営幹部、経営企画室・社長室・管理スタッフ・戦略スタッフ・人事スタッフ等

講師

東邦ビジネスコンサルタント株式会社  代表取締役社長 経営コンサルタント・公認会計士 粕井 隆 氏
粕井 隆 氏

略歴:1976年神戸大学経営学部卒業。朝日監査法人(現あずさ監査法人)では公認会計士、コンサルティング会社ではチーフコンサルタント(経営計画策定、経営システム強化を担当)として活躍。
1985年東邦ビジネスコンサルタント株式会社を設立。経営全般にわたる診断・指導や経営者の戦略ブレーンとして高い評価と信頼を得ている実践派コンサルタント。
〔最近のコンサルティングテーマ〕
(1)環境激変時代に勝ち残る為の「中期経営計画」の策定及び実行指導
(2)異業種ノウハウの導入による「新規事業」のプランニングと推進指導
(3)長中期的な企業価値を高める「取締役改革と役員報酬制度」の構築
(4)取締役・経営幹部の能力と意識を変革する「実践型幹部育成研修」の実施
(5)ゆでガエル病を克服する為の「企業ドック(総合経営診断)」の実施


概要(狙い)

経営環境が激変する中で、企業が勝ち残るためには、過去の経営の延長線を断ち切った自社改革のスピードアップが必要不可欠と言えます。
自社改革の「要」となるのが、社長・経営幹部がこれから3ヶ年に達成すべき戦略課題を明確にした「中期経営計画」です。中期経営計画による「P(Plan)-D(Do)-C(Check)-A(Action)」の徹底が、社内に健全な危機感と将来への夢を共有化させ、社員の意識と業績を必ず向上させます。
本セミナーでは、中期経営計画の立て方・使い方を、自社で即使えるフォーマット例(CD進呈)やチェックリストをふんだんに織り込んで、具体的に解説指導いたします。

効果 到達目標

◎外部環境・自社資源の分析、計画策定のプロセス・方法を理解できる
◎経営改革を実現する効果的な中期経営計画の立案を推進できる

プログラム

●中期3年経営計画の役割とは
●中期経営計画における自社改革テーマ
●外部環境を分析し、チャンスを掴む
●自社資源を総点検し、強化・拡大する
●中期経営計画の策定手順:10のステップ

◆詳細は決まり次第、随時掲載いたします

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから