SMBCコンサルティング

管理職の責任は重大!押さえておくべきポイントを伝授!

管理職になったら覚えたい労務管理とハラスメント対応

~問題予防にどう手を打っておくか、問題が起きたらどう対応すればいいか等具体的に解説~

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
第1講 管理職になったら覚えたい労務管理
講師: 中村 寛 氏
2017年11月06日(月) 10:00~ 13:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第2講 管理職になったら覚えたいハラスメント対応
講師: 中村 寛 氏
2017年11月06日(月) 14:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※全講受講の場合、割引適用価格となります(ページ下の【申し込む】までお進みください)
※半日単位で選択受講いただけます(上記よりお申込ください)

昼食

2017年11月06日(月) 昼食はご用意いたしません
2017年11月06日(月) 昼食はご用意いたしません

対象者

新任管理職の方、管理職になられて2~3年の方、
人事部門労務担当者

講師

社労士オフィスブレイン 代表 特定社会保険労務士 中村 寛 氏
中村 寛 氏

略歴:立命館大学法学部卒業。
大阪いずみ市民生活協同組合に24年間勤務、内、17年間は事業所長・組織部長・人事総務部長等マネジャーとしての役割を果たした。向き合った部下職員も多数に上り、この時の実践が現在の講師業務の礎となっている。
2010年に独立開業し、社会保険労務士として顧問先・関与先企業に対してコンサルティングサービスを提供している。専門は人事評価制度設計・構築・運用、就業規則作成・見直し、労務トラブルに対する助言指導など。研修のテーマは「人事評価者・被評価者訓練」「目標管理・設定」「チームビルディング」「ハラスメント」「コンプライアンス」「労務管理」など多岐にわたる。マネジャー経験を活かした実践的な内容が好評で、2016年は自治体や行政機関、企業など約160回に上る登壇実績を数えた。演習を多く取り入れ、受講者が主体的・積極的に参画できる研修である。


概要(狙い)

私は多くの部下と向き合い、指導・育成できた経験を自分の貴重な財産だと思っています。その経験を通じて、部下や組織、業務のマネジメント力やコミュニケーション力を身につけることができました。ただ、管理職になったばかりの頃は、部下の指導・育成よりも、上層部から指摘されていた時間外労働をどう削減するか、といったことや、職場でトラブルを起こすことが多かった部下にどう対応するか、といったことばかりに時間とエネルギーを取られていた記憶があります。
労務管理やマネジメントの基本についての研修は行われていましたが、どちらかと言えば知識中心で、対応方法やスキルなど実践的にすぐに活用できるものは少なかったようです。
本セミナーでは、すぐに活用できる知恵とスキルを、演習を通じて体得していただき、同時に管理職として最低限押さえておくべき知識を身につけていただくことを主眼にしています。管理職になったばかりの方、まだ管理職の経験が浅い方に是非参加してほしいと思います。

※労務管理の知識とスキルを学ぶセミナー

効果 到達目標

社会保険労務士として、労務管理上の問題に苦慮されている経営者の方が多いと実感しています。労務管理上の問題とは「無断欠勤したので懲戒処分にしたら、親が会社に文句を言いにきた」「有給休暇の買取請求をベテランの社員にされた」「サービス残業のことを労働基準監督署に告発した社員がいる」「メンタルヘルス不調で休職する社員がだんだん増えてきた」などです。ここで問題となる社員は、一般職の方が多いのですが、その方たちをマネジメントする現場の上司が一定の知恵と知識、そしてスキルを持ち合わせておくことによって解決・処理できることも実は多いのです。このセミナーは、新任管理職の方や、管理職になられてまだ2~3年の方を対象に、その知恵と知識、スキルを身につけることを目的に開催します。

プログラム

午前
「午前管理職になったら覚えたい労務管理」

1.労務管理リスクとコンプライアンス
   ~総務管理における管理職の役割~
1)管理職の役割の2つの側面~人材育成と労務管理~
2)労働局・労働基準監督署の取り締まり事例/使用者とは?
3)<演習>実例で考える『管理職の初動対応のミスが取り返しのつかない事態に』

2.労働時間の原則と時間外労働の管理
   ~未払い残業代請求事件の背景にある事実~
1)<演習>ケーススタディ/労働時間とは?
2)管理者に求められる労働時間の管理とは? 残業代ゼロ法案とは?
3)未払い残業代請求に対して労働者の主張に備えるための実務ポイント

3.休日・年次有給休暇の原則と適切な運用方法
   ~誤った認識はトラブルの原因~
1)<演習>休日・年次有給休暇に対する私たちの認識を知る
2)振替休日の正確な運用と有給休暇の時季指定権と時季変更権
3)<演習>休日・休暇の運用を適正にするために就業規則をどう見直すか

4.メンタルヘルス不調対策と安全配慮義務
   ~鍵を握るのは現場管理職~
1)安全配慮義務・職場環境整備義務が問われた判例と事業者としての対策の講じ方
2)施行されたストレスチェックのリスクを考える
3)<演習>次長・係長の対応の問題点は何か?

5.最近の法改正と実務上の対応

午後
「管理職になったら覚えたいハラスメント対応」

1.ハラスメント行為の実際と管理職の認識
   ~セクハラ・パワハラ度をチェックする~
1)<演習>ご自身のセクハラ度・パワハラ度をチェックする
2)報道に見るハラスメント行為と損害賠償額、企業の風評悪化の実例

2.セクシュアルハラスメントの定義と行動類型
   ~判例から対応策を考える~
1)<演習>ケーススタディ/組織風土・体質にあるセクハラリスク
2)セクシュアルハラスメントの定義と行動類型を就業規則に規定する意味

3.パワーハラスメントの定義と行動類型
   ~行き過ぎた指導に注意する~
1)<演習>これだけ違う! 上司の認識と部下の認識「適切な指導と思っていませんか?」
2)指導とハラスメントの境界線~厚労省HP「明るい職場応援団」より~

4.ハラスメント防止とマネジメントスキル
   ~「叱る」「ほめる」「指示する」コツを覚える~
1)<演習>「こんな場合あなたは上司としてどうしますか」(叱り方とほめ方のコツ)
2)<演習>20代社員、年上の部下、シニア社員それぞれの指示の出し方を考える

5.信頼関係構築とモチベーション向上
   ~労務リスクの対策はコミュニケーションにある~
1)部下にとって職場環境の最大は上司の存在
2)<演習>傾聴スキルを活用して部下の信頼を得る
3)情報の共有レベルを引き上げてモチベーションアップにつなげる

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから