SMBCコンサルティング

「組織的リスク管理」のための方針策定と体制整備

外国為替のリスク対策と会計実務

~基礎知識から「リスクヘッジ」の考え方、具体的会計処理まで~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年01月17日(水) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場階数とホールは当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2018年01月17日(水) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

経理・財務、海外事業部、貿易部門等担当者

講師

有限会社 吉成コンサルティング  代表取締役  吉成 英紀 氏
吉成 英紀 氏

略歴:慶応義塾大学商学部卒業。1987年に英和監査法人(後のあずさ監査法人)に入所し、監査業務の他、外資系金融機関向けコンサルティング業務等に従事。1994年にあずさ監査法人を退職後、有限会社吉成コンサルティング代表取締役として、国内大手企業、外資系金融機関向けコンサルティング、M&A案件支援業務、不良債権査定業務、会計アドバイザリー、内部監査業務等に従事する一方、企業分析、新会計基準等の講師も多く務めている。



概要(狙い)

経済のグローバル化が進んだ現在、多くの日本企業は国際取引に伴い発生した外貨建資金の為替リスクに日々晒されています。
各国の経済情勢を反映して変動する外国為替相場は企業損益に直結することから、外貨の適正な管理は経営上の重要な課題と言えます。
しかし実際には「外貨の管理は担当者と金融機関任せ」または「過去の踏襲」となり、有効なリスク対策が組織的に議論されていないのが実情ではないでしょうか。
本セミナーでは、外国為替の仕組みと基礎知識から、リスク管理のあり方、会計への影響まで、
一般事業会社の外国為替関連業務担当者に必要とされる知識と検討ポイントを1日で漏れなく解説いたします。

効果 到達目標

外国為替の仕組みと基本用語を理解する
外国為替に係る会計処理のポイントを理解する
自社での為替リスク管理方針を見直し、体制面を含めた改善方法を検討できる

プログラム

●外国為替の基本用語の理解、為替相場決定の仕組み
●一般事業会社にとっての為替リスク管理の難しさ
●為替リスクの損益への影響
●ヘッジ会計の基本と適用、リスク管理方針
●為替リスクに係る失敗や不祥事を防ぐために

◆詳細は決まり次第、随時掲載いたします。

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから