SMBCコンサルティング

【管理会計実務マスターコース】
何をどう分析すれば「経営に生きる数字」を導けるのか

経営分析・損益分岐点分析のための管理会計の実務

~入門の必須知識である財務諸表分析・原価計算・収益性分析を1日で徹底解説~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年01月23日(火) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場階数とホールは当日1F掲示板にてご確認ください
※電卓をお持ちください

※本セミナーは、「管理会計実務マスターコース」のカリキュラムに設定されております

昼食

2018年01月23日(火) 昼食はご用意いたしません
(昼食の有無はセミナーの時間帯にかかわらず表示いたしております)

対象者

経営企画、経理・財務、各事業部門等担当者

講師

南青山FAS株式会社  南青山税理士法人 代表パートナー 公認会計士・税理士  仙石 実 氏
仙石 実 氏

略歴:2002年、監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)に入所。国内第2番目となる国際財務報告基準(IFRS)任意適用会社の監査及び助言指導業務、東証一部上場企業等の各種法定監査業務、株式公開支援業務、外部向け研修サービスに従事。2013年、南青山税理士法人/南青山FAS株式会社の代表に就任。上場・非上場を問わず多数の取引先の会計税務支援サービスに従事し、知的財産教育協会や各種実務セミナーの講師としても活躍中であり、豊富な実務経験を活かした実践的でわかりやすい講義には定評がある。

著書:「(立場別・ステージ別)ストック・オプションの活用と実務(第2版)」(共著、中央経済社)、「IFRS適用が与える税実務への影響~有形固定資産の減価償却と無形資産の償却」『旬刊経理情報』(No.1293)(中央経済社)等。


概要(狙い)

企業の財政状態や経営成績などについて報告する「財務会計」に対し、「管理会計」は会計数値を企業内部の業績管理や意思決定に役立てるためのものです。
管理会計をツールとして活用することで、企業行動を客観的に数値で評価することができ、改善点や目標を明確にすることができます。
それでは、会社をとりまく数多くの数字の中からどれを選び、どういった着眼点で分析を行えば経営に役立つ情報となり得るのでしょうか?基本の計算式を覚えれば自社での活用は決して難しいものではありません。
本講座では、管理会計入門レベルでの必須知識と言える財務諸表分析・原価計算・収益性分析を1日で演習を交えて実践的に習得します。

効果 到達目標

◎財務会計と管理会計の違いを理解し、管理会計を行う目的を明確化できる
◎財務諸表の数字を使って主要な経営分析を行うことができる
◎原価計算の目的と方法を理解し実践できる
◎収益性分析の目的と方法を理解し実践できる

プログラム

●財務会計と管理会計の違いは何か
●財務会計による経営分析手法とは ~安全性・収益性・生産性・成長性分析
●管理会計に必要な基礎知識の整理
●利益計画の策定方法~損益分岐点分析をマスターする

◆詳細は決まり次第、随時掲載いたします

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから