SMBCコンサルティング

強い会社に変わる数字の読み方・活かし方とは?

経営管理に役立てる管理会計の基本

~3,000社の決算書を分析してきた会計士が教える、数字を経営に活かす7つのルール~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年02月06日(火) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください
※電卓をお持ちください

昼食

2018年02月06日(火) 昼食はご用意いたしません

対象者

●経営企画部門、事業推進部門、管理部門等の担当者
●経営者、幹部、幹部候補生
●経営管理に必要な数字への理解を深めたい方


講師

一般社団法人 価値創造機構  理事長 公認会計士  村井 直志 氏
村井 直志 氏

略歴:税務事務所、大手監査法人、コンサルファームなどを経て、公認会計士村井直志事務所を開設。日本公認会計士協会東京会コンピュータ委員長、経営・税務・業務各委員会委員など歴任。2013年日本公認会計士協会研究大会に、研究テーマ『CAAT(コンピュータ利用監査技法)で不正会計に対処する、エクセルを用いた異常点監査技法』選抜。

著書:『強い会社の「儲けの公式」』(ダイヤモンド社)、『会計ドレッシング10episodes』(東洋経済新報社)、『経理に配属されたら読む本』(日本実業出版社)、『会計チャージ 決算書の本質を4つの目線でつかむ』(中央経済社)ほか多数。


概要(狙い)

自社にとって大切な「数字」は何か?
一流の経営者と言われる人たちほど、自社に関わる「数字」をよく観ています。「数字」を経営指標としてフルに活用しているほか、何か異常を感じたらすぐに対策を考え、手を打っています。だから強い経営ができるのです。「数字」を観る上でのポイントは何か?経営管理にどう活かすのか?事業再生や株式公開等の業務に長年携わり、延べ3,000社もの決算書を分析し、指導してきた講師が、会計の本質から分かりやすく解説します。

※配布書籍:『経営を強くする会計7つのルール』
※都合により書籍が変更になる場合等がございます。ご了承ください。

効果 到達目標

◎経営管理に必要な数字を本質から理解する
◎数字を経営に活かす管理会計のルールを理解する

プログラム

世の中には、売上や利益で2番手以降を引き離しダントツな経営ができている会社がある一方、赤字決算が常態化し経営難に陥っている組織も無数に存在します。
両者を分ける理由は何か?会計的な視点から分析し、経営管理に役立てていただけるようにしたい、というのが本セミナーの狙いです。自社の数字をどう読み、どう活かすか?経営管理の基礎言語である「会計」の本質から分かりやすく解説します。


1.数字を経営管理に活かすには?「管理会計7つのルール」の全体像
  ●ROE5%以上が必要とされる根拠と「7つのルール」の関係
  ●「売上を最大に、経費を最小にすれば、儲けが生まれる」という大原則

2.ルール【1】 客単価をつり上げる
  ●「客単価×顧客数」に分けて、事実を把握する
  ●優先すべきは客単価か、顧客数か?

3.ルール【2】 顧客数を増やす
  ●自社の強みを把握し、顧客の半分を切り捨てる
  ●2人いる顧客との付き合い方(既存顧客と新規顧客)

4.ルール【3】 優良顧客を見極める
  ●売上には、2つの意味がある
  ●儲けを生み出す仕組みをつくる

5.ルール【4】 ビジネスを高回転させる
  ●強い経営の前提、「数字の関係性」「決算書のつながり」を知る
  ●一流の経営者は、なぜ「回転差資金」を重視するのか

6.ルール【5】 好調品に集中特化する
  ●「これまでの欠品」と「これからの欠品」
  ●危機を醸成するための「数字」活用術

7.ルール【6】 ダラリを排除する
  ●コスト削減のセンス
  ●パッケージを変えることでマーケットに対応する

8.ルール【7】 プロセスを複眼で観る
  ●経営に必要な2種類の数字
  ●顧客が評価する5つの要素と理想のスコア

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は開催日の前営業日の午後3時までにご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから