SMBCコンサルティング

≪単科≫ 1日コース

新入社員研修 ビジネス文書・eメールの書き方とマナーA【引率】

~早く、正確で、わかりやすいビジネス文書を書けるように指導します~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年04月06日(金) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください
※昼食はこちらでご用意いたします
※日本橋駅A3出口閉鎖中につき、A7出口をご利用ください
※ご引率は1社につき2名様までとさせていただきます

昼食

2018年04月06日(金) 昼食はこちらでご用意いたします

対象者

新入社員引率者

講師

株式会社 シュハリ  代表取締役  山崎 朋子 氏
山崎 朋子 氏

略歴:法政大学文学部卒業。外資系メーカー・十條キンバリー勤務を経て、三井海上能力開発センターで研修の企画・講義に携わる。その後、上場企業創業者の専任秘書に転じ、管理職として秘書室等に勤務するかたわら、社員教育、社史執筆、社内報編集長などの責任者として活躍。現在は、株式会社シュハリ代表取締役として、総務アシスタント、秘書、管理職、女性社員、新入社員等を対象に研修を実施している。


概要(狙い)

社内外のビジネス文書や、e メールのルールと書き方を1日で習得するプログラムです。ビジネス文書を早く正確に書くための、形式、構成、表現方法、宛名書きなどの基本的なルールをおさえ、簡潔で分かりやすい文書の書き方を習得します。空欄埋めや、白紙フォームによる作成など、様々な演習を行います。

参加者の声

Q.明日から実行したいことは何ですか?
「シンプルな文書を書けるように気をつけたいと思います。特に、修飾語を多用しない、一文を短くする、箇条書きを利用する
 という点を意識したいと思います。」
「上司に提出する報告書など時間をかけずに書いてみたい。また、わかりやすくするために、二重否定の表現や箇条書きで書く
 ことに注意したいです。」
「私はよく文章が長いと言われるので、先に結論は何なのかということを意識して文書を書きたいと思います。読む人がわかり
 やすい文章を目指します。」
「忙しい上司の方々に読んでもらうために、要点をまとめた文章作りを心掛けます。また、社外文書では時候の挨拶や慣用句を
 用いて、丁寧かつ気遣いの表われる表現をしたいと思います。」

プログラム

<基本編>

1.「わかりやすい」文書なら誰でも書ける
  1)ビジネス文書と私文書の違い
  2)あなたの文書が会社を代表する
  3)自己満足せず読み手を満足させよう

2.「さすが」と言われる文書の心得とマナー
  1)適切なタイミングとは
  2)ときには手書きの礼状で相手の心をキャッチしよう
  3)敬称の意味と正しい使い方
  4)受け取った人が嬉しくなる「返信ハガキを書いてみよう」

3.さらに名文に仕上げるコツ
  1)タイトルだけで伝わるようにする
  2)一文は短く、主語と述語の関係を正しく
  3)あいまいで文学的な表現はこう書き換える
  4)項目番号と文体にもルールがある


<ビジネス文書編>

4.上司と先輩社員を安心させる社内文書
  1)社内文書は効率性を重視する
  2)簡単な書式とルールだけおさえよう
  3)穴埋め演習に挑戦!
    ●通知書
    ●稟議書
    ●議事録

5.お客様をファンにしてしまう社外文書
  1)社外文書は儀礼性を重視する
  2)あいさつ文を完全マスターしよう
  3)グループ演習 「発表会の案内状」


<eメール編>

6.ビジネスeメールの書き方と活用術
  1)注意したいeメールのデメリット
  2)宛先、CC、BCCを正しく使い分ける
  3)社内メール、社外メールの書き方・送り方
  4)返信、転送するときの心得
  5)事例研究 「感じよくわかりやすく書くには?」

7.研修報告書を作成しよう

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 10,800 10,000 800
SMBC経営懇話会会員 10,800 10,000 800
会員以外のお客様 10,800 10,000 800

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから