SMBCコンサルティング

企業にとっての課題である働き方改革。進め方、成功させるためのポイントなどを具体的に解説

働き方改革コース 【全5講】

各講 選択受講可

大阪

このセミナーの募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
第1講 【セミナー研修】人事・経営側の立場で進める働き方改革の行い方と成功させるためのポイント
講師: 若林 雅樹 氏
2018年05月16日(水) 10:00~ 13:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第2講 【セミナー研修】リーダー・管理職のための自分の現場での働き方改革の進め方
講師: 若林 雅樹 氏
2018年05月16日(水) 14:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第3講 【セミナー研修】働き方改革を実現する“事務改善”実践セミナー
講師: 藤井 美保代 氏
2018年05月23日(水) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第4講 【セミナー研修】働き方改革を実現!生産性を高めるタイムマネジメント・仕事術
講師: 坂本 行廣 氏
2018年06月14日(木) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第5講 【セミナー研修】管理職のための育児・介護の両立支援の進め方
講師: 瀧井 智美 氏
2018年07月10日(火) 10:00~ 13:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします
※全講受講の場合、割引適用価格となります(ページ下の【申し込む】までお進みください)
※各講(1日単位)選択いただけます(上記よりお申込ください)

昼食

2018年05月16日(水) 昼食はご用意いたしません
2018年05月16日(水) 昼食はご用意いたしません
2018年05月23日(水) 昼食はご用意いたしません
2018年06月14日(木) 昼食はご用意いたしません
2018年07月10日(火) 昼食はご用意いたしません

対象者

人事・総務・経営企画の方、働き方改革を進める、行う現場の方

講師

株式会社 プロスタンダード 代表取締役 若林 雅樹 氏
若林 雅樹 氏

主な得意分野:残業削減、生産性・ワークライフバランス向上

略歴:早稲田大学理工学部卒業。株式会社インテリジェンスに入社し、一貫して5年間人事を経験。その間、1,000名が受講した生産性向上研修を企画、講師を実施。インテリジェンスで開発した研修は、'11年12月の労政時報トップ記事として取り上げられる。全社5,000人の残業削減プロジェクトを任され、2年間で従業員の大幅な残業削減を実現。'12年3月にHITO本部MVP受賞。'12年株式会社プロスタンダードを設立。企業向けにホワイトカラーの生産性を上げるサービスを提供中。

著書:「メールはすぐに返信するな。」

株式会社 ビジネスプラスサポート  代表取締役 人財育成プロデューサー 藤井 美保代 氏
藤井 美保代 氏

略歴:大学卒業後、ソニー関連の人材育成会社にて、組織活性化の研修業務に従事。独立ののち、平成14年、株式会社ビジネスプラスサポート設立。「輝く人財づくりを支援する」を理念に、人と組織が豊かで幸せになることを実現するための研修・コンサルティングを、これまでに約1,000社以上で展開。
現在も事務改善や業務効率化コンサルティング、資産価値の高い組織実現に向けての人財開発指導を行っている。
単なるスキルや知識、ノウハウを教えるだけではなく、それらを根付かせるために必要な姿勢や志からしっかり教える研修は、各地で高い評価を得ている。
ワーク・ライフ・マネジメントを実現する働き方支援・コンサルティングに注力している。

プレイフルワークス 代表 坂本 行廣 氏
坂本 行廣 氏

略歴: 同志社大学卒。人材・組織開発コンサルティング企業にて、組織風土変革プロジェクト、人材育成体系構築など様々なプロジェクトの企画・実施を担当。
プレイフルワークス設立後は、人材・組織の課題に対し、プレイフルな(前向きで遊び心のある)発想で提案し、コンサルティング、研修、ワークショップ、コーチング等を活用しながら課題解決することで、人と組織の成長に貢献している。体感型のプレイフルな研修は、常に笑顔が溢れ、高い評価を得ている。

主な研修テーマ:
コミュニケーション領域/コーチング、ファシリテーション、プレゼンテーション、説明力向上等
思考領域/問題解決、論理的思考等
マインド領域/リーダーシップ、マネジメント、フォロワーシップ等
その他/自己肯定感の醸成、モチベーション向上、生産性向上等

株式会社ICB 代表 瀧井 智美 氏
瀧井 智美 氏

略歴:
営業事務、パソコンインストラクター、キャリアカウンセラーを経て、キャリア開発・組織活性化支援の【Office ICB】を設立。個人の成長、組織発展のためにはワークライフバランスが必要であると注目し、ワークライフバランスコンサルタントとして職場の風土改革や働き方見直しのコンサルティングに力を注いでいる。
株式会社ワークライフバランス社(実績900社)の加盟コンサルタントとして西日本地区の中小企業を十数社担当中。現在はコンサルティングにとどまらず、社内推進者育成のための講座(ワークライフバランスコンサルタント養成講座の講師)や、全社員正しくワークライフバランスを理解・実践するための通信講座【ワークライフバランス実践術】の講師も務めるほか、ワークライフバランス導入支援研修や働き続けやすい職場作り・活力ある組織作り、自立した組織作りの研修およびワークショップの実績多数。中でもキャリアデザイン研修やコミュニケーション研修など、「人間関係構築力」と「自立力(=自ら考え未来を切り開く力)」を養うことを目的としたプログラムを得意としている。
また、大学でのキャリア教育にも力を入れており、龍谷大学にて「キャリアデザイン科目」「キャリアプランニング科目」を担当するほか、神戸女学院大学でもキャリアカウンリングを担当中。
プライベートでは夫と娘(17歳・12歳・9歳)との5人暮らし。自身でもワークライフバランスを大切にした働き方を実践中。


概要(狙い)

働き方改革は、少子高齢化による生産年齢人口減少という我が国の構造的な問題に加え、働く個人のワーク・ライフ・バランスの改善や生産性の向上による長時間労働の是正等の諸問題を解決するために必要な改革です。
本コースでは生産性向上と組織改革推進のために必要な全社方針を決める「人事・経営側」、現場をマネジメントする「リーダー・管理職」が行う働き方改革の進め方、現場の事務の生産性を高める「事務改善」の行い方、社員1人1人の「タイムマネジメント・生産性向上術」、今後増加が予想される「育児・介護をする社員のマネジメント法」についてセミナーを行い、皆様の働き方改革を応援します。

プログラム

【第1講】2018年5月16日(水)10:00~13:00
「人事・経営側の立場で進める働き方改革の行い方と成功させるためのポイント」/講師:若林 雅樹 氏

1.残業削減=売上(顧客)減少という連想をどう解消するか?
1)経営者の仕事は何か?
2)なぜ、現場は残業削減=売上(顧客)減少という連想をしてしまうのか?
3)残業削減=売上(顧客)減少の公式をどう解消するか?

2.全社的な働き方改革が下火になる理由、課題解決をどう行う?
1)早帰りDAYが形骸化する現象を深く掘り下げてみると・・・
2)働き方改革に立ちはだかる9つの壁
3)課題解決の方向性

3.働き方改革を成功させるための具体的なアプローチ
1)ストーリーを持って戦略を描く
2)働き方改革の施策は小さく始める
3)事務局内でPDCAを回す


【第2講】2018年5月16日(水)14:00~17:00
「リーダー・管理職のための自分の現場での働き方改革の進め方」/講師:若林 雅樹 氏

1.働き方改革でリーダー・管理職に求められていること
1)なぜ今働き方改革か?
2)働き方改革でリーダー・管理職に求められていること

2.自分の現場をどうやって効率的に運営するか?
1)職場全体の効率化
  (1)職場での働き方改革の進め方
  (2)ムダな会議のリストラと必要な会議の効率化
2)部下一人一人への効率化指導
  (1)部下の仕事の質と段取り力の高め方
  (2)部下の仕事のスピードの高め方
3)リーダー・管理職の自分自身の日々の業務効率の高め方

3.リーダー・管理職が現場でできること、会社全体で取り組むべきこと


【第3講】2018年5月23日(水)10:00~17:00
「働き方改革を実現する“事務改善”実践セミナー」/講師:藤井 美保代 氏

1.働き方改革を実現する事務改善
1)改善とは
2)ムダを省くだけが改善ではない
3)改善とは“ 三方よし” の活動
4)改善ステップは「着眼→着想→着手」
5)仕事に対する細かい改善が成果を生む
6)生産性を意識した仕事の進め方

2.ムダの発見が事務改善の第一歩≪STEP1:着眼≫
1)ムダの発見と改善に必要な視点Ⅰ:チェックリスト<個人ワーク>
2)あなたの周りにもきっとある「5大ムダ」
  (1)時間にかかわるムダ 
  (2)定型的な仕事にかかわるムダ
  (3)書類にかかわるムダ 
  (4)引き継ぎにかかわるムダ
  (5)コミュニケーションにかかわるムダ
3)ムダの発見と改善に必要な視点Ⅱ:改善8原則
4)私の身近に存在するムダを列記<個人ワーク>

3.楽しみながら改善アイデアを生み出す≪STEP2:着想≫
1)改善に忘れてはならない5つの意識
2)アイデア出しに有効なブレインストーミング
  ~私たちにできるコストダウン~<ブレインストーミング>
3)アイデア出しのヒント:オズボーンのチェックリスト<グループワーク>

4.周りを巻き込み改善に着手するポイント≪STEP3:着手≫
1)こんな場合どうする?「改善リーダーとして改善活動を推進する際の手順考察」<グループワーク>
2)周りを巻き込み改善に着手するポイント
  (1)改善活動のステップ
  (2)活動の進捗管理
  (3)成果の検証

5.豊かな人間関係が飛躍的に効率をアップする
1)組織風土は見えざる資産
2)コミュニケーション不足がもたらす弊害
3)ヒト改善とモノ改善は両輪で
4)コミュニケーションとはクリエイティブな関係性
5)コミュニケーションが活発に交わされる職場を目指す
6)人間関係を良くする5カ条
7)行動の見える化→グループ内発表


【第4講】2018年6月14日(木)10:00~17:00
「働き方改革を実現!生産性を高めるタイムマネジメント・仕事術」/講師:坂本 行廣 氏

1.働き方改革を実現するために重要なタイムマネジメントとは
  自分の生産性を高めるには?
1)1日の探し物、メール処理の時間
2)探し物、メール処理が年間で占める割合
3)生産性向上チェックリスト 
4)生産性向上の切り口

2.仕事上の習慣の見直しと身につけるべき習慣
  太郎君の1日 ケーススタディ
1)太郎君の仕事の進め方を自分に置き換えると・・・
2)今すぐやる 
3)嫌な仕事ほど先にやる
4)問題をただちに解決する 
5)優先順位をつける
6)やるべき仕事は必ず記録する(エビングハウスの忘却曲線)
7)仕事を振るときの注意点(パレートの法則)

3.効率的にメール処理をする極意とは
  メール処理を細かい作業に分解し、効率化の方法を知る
1)メール処理の回数・時間制限
2)タイピングが生産性に与える影響
3)おすすめ辞書登録と辞書登録の設定方法
4)おすすめショートカットキー
5)メール文章を考える時間の効率化
6)メールのフォルダ分けイメージ

4.スケジュールの立て方、振り返り方、仕事の分け方
  スケジューリングの目的
1)作業の洗い出し 
2)所要時間の見積もり
3)作業を1週間単位で洗い出す<個人演習>
4)時間を自分で区切る(パーキンソンの法則)
5)仕上がりの遅い作業工程を管理する(クリティカルパス)
6)各作業にデッドラインを設ける 
7)PDCAサイクルを回すには
8)1週間単位のスケジュールの振り返り方
9)捨てる仕事、効率化する仕事、人に振る仕事を見つける

5.会議の見直しと会議の変え方 会議を見直す視点
1)月間・年間の会議コスト 
2)会議そのものを捨てる
3)会議のやり方を変えるインパクト
4)会議のやり方を変える 事前準備編
5)会議のやり方を変える 運営編
6)会議のやり方を変える 事後対応編


【第5講】2018年7月10日(火)10:00~13:00
「管理職のための育児・介護の両立支援の進め方」/講師:瀧井 智美 氏

1.育児と仕事の両立支援のポイント
1)出産・育児に関する制度の確認<講義>
2)産休・育休前面談、復帰前面談、復帰後面談に必要な心構えと確認事項<講義&ワーク>
3)どういう言葉がけが安心感ややる気に繋がるのか<ワーク>

2.介護と仕事の両立支援のポイント
1)介護の現状と利用者に必要な情報<講義>
2)介護との両立で一番困ることは何か<講義&ワーク>
3)どういう言葉がけが安心感ややる気に繋がるのか<ワーク>

3.チームで成果を出すマネジメントスキル
1)マネジメントとは何か<講義>
2)支援の実践演習<ワーク>

4.今後の部下マネジメント力向上のために心がけること<振返り>

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 82,080 76,000 6,080
SMBC経営懇話会会員 96,660 89,500 7,160
会員以外のお客様 110,160 102,000 8,160

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから