SMBCコンサルティング

できる経理の部課長はここが違う! 8つの役割を指導します
<第31回>

【セミナー研修】社長を補佐する経理部長・課長の役割と実務

社長の参謀となり、収益・資金拡大体質を強化する!

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年06月08日(金) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします

昼食

2018年06月08日(金) 昼食はご用意いたしません

対象者

経理部長、経理課長、経理部門リーダー層

講師

東邦ビジネスコンサルタント株式会社  代表取締役社長
経営コンサルタント・公認会計士 粕井 隆 氏
粕井 隆 氏

略歴:1976年神戸大学経営学部卒業。朝日監査法人(現あずさ監査法人)では公認会計士、コンサルティング会社ではチーフコンサルタント(経営計画策定、経営システム強化を担当)として活躍。1985年東邦ビジネスコンサルタント株式会社を設立。経営全般にわたる診断・指導や経営者の戦略ブレーンとして高い評価と信頼を得ている実践派コンサルタント。

〔最近のコンサルティングテーマ〕
①環境激変時代に勝ち残る為の「中期経営計画」の策定及び実行指導
②異業種ノウハウの導入による「新規事業」のプランニングと推進指導
③長中期的な企業価値を高める「取締役改革と役員報酬制度」の構築
④取締役・経営幹部の能力と意識を変革する「実践型幹部育成研修」の実施
⑤ゆでガエル病を克服する為の「企業ドック(総合経営診断)」の実施


概要(狙い)

経営環境の激変時代における経理の部課長の役割は、社長の経営参謀として、自社改革の推進を支援し、収益・資金拡大体質を強化することです。
これからの経理部門には、「財務会計」ではなく「経営会計」が求められます。
本セミナーでは、「経営会計」の実践ノウハウである8つの武器「データの見える化」「財務分析」「損益分岐点技法」「コストダウン」「キャッシュフロー経営」「投資採算計画」「利益責任体制」「改革徹底システム」を実践的かつ判りやすくご指導します。

【企画者からの一言】
これまでの受講者の皆様の声をとり入れ、さらに内容を充実させ、わかりやすくしました。
実務家のための経営会計をわかりやすく解説いたします。

※大人気セミナー 31回目を開催
※経営改革を実践する実力コンサルタント
※昨年度開催の「社長を補佐する経理部 部課長の役割と実務」からタイトルが変更になりました

効果 到達目標

■経営管理に強い経理の部課長になる
■会社全体の P-D-C-A-J を推進する
■社長に頼られる経営参謀になる

参加者の声

・今年度末に次期中期経営計画を策定するにあたり、参考にしたい
・普段社長の言っている事の意味が理解でき、自主的な行動に繋げられると思います
・中期経営計画について、手順や注意点を説明して頂き、今後の実際の業務遂行時に参考になると思います

プログラム

役割1.経理の部課長は社長の右腕参謀になれ!
1)企業体質強化を経理部門が推進せよ!
2)財務会計から経営会計へ脱皮する
3)役立つ経理データとケーススタディ
4)グラフ・図表で「見える化」を推進する

役割2.B/S、P/Lを診断し、経営改善策をつくる
1)B/S、P/Lの読破術
2)財務分析手法による自社診断技法
3)決算書の裏を読み、自社課題を見つける
4)銀行の評価ポイントと信用力アップ

役割3.損益分岐点技法を使いこなす
1)売上・費用の変化と利益との関係を知る
2)これからのコスト戦略と損益分岐点
3)損益分岐点技法の活用法:必要売上高、必要利益
4)変動型予算による利益シミュレーション

役割4.コストダウンにより利益を生み出す
1)間違ったコストダウンがジリ貧を招く
2)コストダウンと経営の絞り込み・重点化
3)部門別コストダウンの切り口(チェックリスト)
4)経理部門がコストダウンの推進役

役割5.キャッシュフロー経営を推進する
1)キャッシュフロー3つの構造
2)CF計算書:シンプル作成法と分析手法
3)利益と資金のマッチング計画:Excelシート
4)部門別キャッシュフロー創出法

役割6.採算分析により投資計画を立案する
1)投資計画のチェックポイント
2)投資採算性の判断と採算判定技法
3)自社物件かリース取得か
4)不採算事業の撤退基準

役割7・部門別採算管理で組織責任を徹底する
1)正しい独立採算制システムの構築法
2)売買価格、本社費・共通費のルール
3)権限委譲と責任の与え方、「報・連・相」のルール
4)業績検討会議で「P-D-C-A-J」を徹底する

役割8.業績を向上する仕組みをつくる
1)時価B/S、未来P/Lで危機感を共有化する
2)部門別改革課題:営業、製造、購買、物流他
3)年度計画で部門の業績課題を明確にする
4)部門業績を正しく評価する:組織業績評価表

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから