SMBCコンサルティング

【管理職実務マスターコース】
今、管理職に求められるマネジメントの必須スキルを習得

【セミナー研修】
管理職実務マスターコース【全3日間】

~ダイバーシティ、メンタルヘルス、コンプライアンスの今日的課題とマネジメント実務~

東京

満員御礼!!募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
第1講 【セミナー研修】
人と組織を活かす現場の「上司力」

講師: 前川 孝雄 氏
2018年08月24日(金) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

第2講 【セミナー研修】
メンタルヘルスの基本と管理者の役割

講師: 瀬戸山 聡子 氏
2018年09月07日(金) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

第3講 【セミナー研修】
管理職に必要な法律知識とコンプライアンス

講師: 野口 大 (のぐち だい) 氏
2018年09月21日(金) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください
※【全3日間】受講の場合、割引適用価格となります(ページ下の【申し込む】までお進みください)
※各講(1日単位)選択いただけます(上記よりお申込ください)

昼食

2018年08月24日(金) 昼食はご用意いたしません
2018年09月07日(金) 昼食はご用意いたしません
2018年09月21日(金) 昼食はご用意いたしません

対象者

部長職等の上級管理職
(新任者・候補者の方から受講可能です)

講師

株式会社 FeelWorks  代表取締役
青山学院大学兼任講師  前川 孝雄 氏
前川 孝雄 氏

略歴:大阪府立大学経済学部。早稲田大学ビジネススクール・マーケティング専攻修了。株式会社リクルートにて、『リクナビ』『就職ジャーナル』『ケイコとマナブ』など、就職・転職、キャリア応援メディアの編集長を歴任した後、2008年に株式会社FeelWorks創業。
多様な人を育て、活かす「現場の上司力」を提唱し、独自開発した「上司力研修」は300社以上に導入。長期伴奏型で徹底した「人が育つ現場づくり」を支援している。出版された著書は20作以上、コラム執筆は年間100本以上、テレビ番組のコメンテーターも務めるなど活動は多岐にわたる。
2011年からは青山学院大学にて「キャリアデザイン特別講座」を開講。2017年には、株式会社FeelWorks初のグループ会社・株式会社働きがい創造研究所の代表取締役会長にも就任。

著書:『はじめての上司道』 『女性の部下の活かし方』 『女性社員のトリセツ』 『若手社員が化ける会議のしかけ』 『上司力トレーニング』 『年上の部下とうまくつきあう9つのルール』 『上司より先に帰ったらダメですか』 『組織「再起動」プログラム』 『勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい』 『結果を出す人の「報・連・相」』 『働く人のルール』 『30代はアニキ力」-後輩を育て、上司を動かす』 『上司の9割は部下の成長に無関心』 『ダイバーシティの教科書』 』『「働きがいあふれる」チームのつくり方』 『一生モノの学ぶ技術・働く技術』など多数。

ピースマインド・イープ株式会社  EAPスーパーバイザー  瀬戸山 聡子 氏
瀬戸山 聡子 氏

略歴:大手総合商社にて、人事・採用・社員教育等を担当。大手コンサルティング会社にて、販売促進やセミナー企画、大手菓子メーカーにて、役員・社員向け研修の企画・運営を担当。
現在、ピースマインド・イープ株式会社にてEAPスーパーバイザーとして活躍中。
2013年昭和女子大学大学院博士課程学位取得修了(博士(心理学))。
財団法人日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士
社団法人日本産業カウンセラー協会 産業カウンセラー
国際EAP協会認定EAプロフェッショナル(CEAP)

野口&パートナーズ法律事務所  代表パートナー弁護士
野口&パートナーズ・コンサルティング株式会社 代表取締役  野口 大 (のぐち だい) 氏
野口 大 (のぐち だい) 氏

略歴:平成2年司法試験合格、平成3年京都大学法学部卒業、平成14年ニューヨーク州コーネル大学ロースクール卒業(人事労務管理理論を履修)。平成20、21年度大阪弁護士会労働問題特別委員会副委員長。企業法務全般、特に労使紛争に熟知し、数多くの団体交渉や労基署調査、労働裁判を専ら会社側の立場で手がける経営者側弁護士として全国的に著名。訴訟だけではなく、社員面談・社内体制整備等を通じて紛争を未然に予防するコンサルを得意とするコンサル型弁護士であり、全国の中小企業から大企業まで多数の企業の顧問・社外役員を務める。
主な取扱分野:労働事件(使用者側)、企業間契約、コンプライアンス
著書:「労務管理における労働法上のグレーゾーンとその対応」(日本法令)


概要(狙い)

 高齢者の再雇用、女性の活躍推進、若年層を中心とした働く価値観の多様化など、人材・組織マネジメントにおいて、ダイバーシティが重要なキーワードとなりました。また、これと相まって、職場におけるメンタルヘルスやコンプライアンス問題が増え続けており、今、現場の管理職のマネジメントのあり方が問われています。
 本コースでは、管理職に必須のマネジメントのスキルとして、「ダイバーシティ」「メンタルヘルス」「コンプライアンス」の重要な3テーマを3日間かけて習得します。とくに、部門責任者である部長職やその候補者の方など、上級クラスの管理職の方々にご参加をおすすめします。

効果 到達目標

◎多様化が進む時代の管理職としてのマネジメントの「あり方」や具体的な「やり方」がわかる
◎メンタルヘルスケアにおける管理職の役割と、様々な場面における適切な対応方法について理解できる
◎管理職が最低限おさえておきたいコンプライアンスと法律知識を習得できる

プログラム

第1講 2018年8月24日(金) 10:00~17:00
「人と組織を活かす現場の『上司力』」 講師:前川 孝雄 氏

1.【基本講義】部下の仕事意識を読み解くカギ
  ~仕事を指示する前に、部下に目を向けよう~
 1)若手部下を理解するカギ
 2)女性部下を理解するカギ
 3)年上部下を理解するカギ

2.【ワーク】現場のマネジメント課題を共有しよう
  ~自身が向き合う人と組織課題を発表し合い、共通項を探します~

3.【基本講義】日本型ダイバーシティ時代の到来
  ~今の管理職が若手だった時代と今日の違いは?~
 1)少子高齢化、女性の進出、雇用形態多様化
 2)労働市場の変化のインパクト
 3)これからの組織はどうあるべきか?
 4)ポストと報酬による動機付けの限界
 5)ダイバーシティ(職場の多様化)が進むなかでの動機付けとは?
  
4.【ワーク】背景・原因について議論しよう
  ~時代背景の変化を踏まえ、マネジメント課題の原因を掘り下げます~

5.【ワーク】ケーススタディQ&A「上司力ノック」
  ~大切なのは答えを知っていることではなく課題を認識すること。あなたはいくつ悩んでいますか?~
 1)指示待ち若手部下への対応
 2)態度がとげとげしい年上部下への対応
 3)時間がないときに相談されたときの対応

6.【基本講義】一人ひとりを活かす現場の上司力
  ~あなたのマネジメントは間違っている!?上司に本当に求められている役割とは~
 1)上司と部下の信頼関係構築
 2)アドバイスより大切なこと
 3)仕事の目的と意義の重要性
 4)小さなキャリアの階段づくり
 5)誰かに必要とされる実感
 
7.【ワーク】上司力基本方針「あり方」を定めよう
  ~講義やワークを通じての気づきをもとに自分なりの上司としての基本方針を定めます~

8.【基本講義】現場で明日から試せる上司の仕掛け
  ~すぐに実践できる一工夫~
 1)メール日報
 2)会議での雑談 …など

9.【ワーク】上司としての「やり方」を決めよう
  ~講義やワークを通じての気づきをもとに明日から試せる上司としての具体的な行動・仕掛けを決めます~

10.まとめ・質疑応答
 1)会社は何のためにあるのか?
 2)これからのリーダーのあり方とは?



第2講 2018年9月7日(金) 10:00~17:00
「メンタルヘルスの基本と管理者の役割」 講師:瀬戸山 聡子 氏

1.日本のメンタルヘルスの現状と管理者の役割
 1)職場でのストレスが増大している
 2)職場でのストレスの要因は
 3)メンタル不調で職場にどんな影響があるか
 4)管理者に求められる安全配慮義務とは

2.見逃せない部下の変化~生産性に影響している事例性を捉える~
 1)いつもと違う変化はどう表れるか
 2)管理者が対応すべき“事例性”とは
 3)生産性低下の“事実”は何か

3.部下の生産性低下への対処の仕方~観察、記録、目標設定~
 1)「見る」~生産性低下の現状の把握
 2)「書く」~事実を具体的、客観的に記録
 3)「決める」~問題を解決し達成する目標の設定
 4)組織内外の資源、専門家を巻き込む
  【ワーク】事例検討
       事例で考える観察、記録と目標設定

4.部下との対話の進め方
 1)“傾聴”の効果
 2)“傾聴”のための5ステップ
  ・注意を向ける
  ・聴く姿勢を示す
  ・確認する
  ・結論を急かさない
  ・適切に返答する
 3)部下との対話の基本手順
 4)部下との対話の心得と留意点
  【ワーク】対話練習

5.休職者の職場復帰支援の進め方
 1)メンタル不調による休職と職場復帰の現状
 2)職場復帰支援の流れ
  ・職場復帰支援における管理者・人事・専門家との連携
  ・職場復帰支援の5つのステップ(休職開始~復帰後のフォローアップまで)
 3)職場復帰後のフォローアップで留意すべき点
  ・フォローアップの目的・重要性
  ・上司によるフォローアップと業務の任せ方
  ・復職者受け入れに当たっての10箇条
  ・職場再適応チェックリストの活用(復帰時点~復職6か月後)
  【ワーク】対話練習/ロールプレイ
       部下の職場復職時の対応


第3講 2018年9月21日(金) 10:00~17:00
「管理職に必要な法律知識とコンプライアンス」 講師:野口 大 氏

1.今、絶対に必要なコンプライアンス
 1)最近の企業不祥事の具体的な事例紹介
  ●コンプライアンス=法令遵守ではない
  ●内部通報が増えている
  ●役員の責任が重くなっている
 2)形式的にコンプライアンス規定をおいても意味がない
 3)コンプライアンスの体制・マニュアルのあり方

2.知らないと大問題になる!人事・労務の法律知識
 1)問題社員と解雇
  ●30日前に予告すれば解雇できるのか
  ●解雇が有効となる要件
  ●問題社員の対処法
 2)残業代に関する常識のウソ
  ●黙認していると労働時間となる
  ●朝礼も研修も労働時間となる
  ●厳格な労働時間管理が必要
  ●行政の動きや改正動向
 3)セクシャル・ハラスメント
  ●具体的なトラブル事例
  ●セクハラ相談窓口の運用上のポイント
 4)パワー・ハラスメント
  ●行き過ぎた業務上の指導・叱責
  ●違法なパワハラと言われないためには?
  ●具体的なトラブル事例
 5)メンタルヘルス
  ●メンタルヘルスに問題ある社員の扱い方
  ●素人判断によって対処を行ったトラブル事例
  ●具体的なトラブル事例

3.トラブルを未然に防ぐ!契約書の法律知識
 1)なぜ契約書は必要か?
 2)形だけの契約書・契約事項など何の意味もない
 3)想定されるトラブルと具体的な対処法が定められているかがポイント
 4)具体的な事例
 5)下請法の概要

4.取引事故を未然に防ぐための債権回収の基礎知識
 1)倒産すれば手遅れ(事前の情報収集がポイント)
 2)納入中止・取引停止
 3)連帯保証
 4)売掛金を担保にとる
 5)商品引き上げ
 6)その他の手段
 7)時効に注意(請求書を送付し続けても意味がない)

5.質疑応答

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 75,816 70,200 5,616
SMBC経営懇話会会員 90,396 83,700 6,696
会員以外のお客様 102,060 94,500 7,560

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから