SMBCコンサルティング

無期転換、同一労働同一賃金・・変化の激しい非正規雇用の労務問題。どう対応すれば問題ない?

【セミナー研修】非正規雇用社員をめぐる法律と実務

法令の動向を踏まえ、今後必要となる労務管理・対応について、現時点で取り組むべき準備を解説!

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年08月24日(金) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします

昼食

2018年08月24日(金) 昼食はご用意いたしません

対象者

人事・総務・法務担当者、経営幹部

講師

岩谷・村本・山口法律事務所  弁護士 村本 浩 氏
村本 浩 氏

主な取扱分野:訴訟、企業・労働法務、個別的労働関係紛争・団体的労使紛争への助言・代理、労務コンプライアンス意見書作成、労務デューデリジェンス等に従事

略歴:2004年京都大学法学部卒、2006年京都大学法科大学院修了、2007年弁護士登録、2009年6月経営法曹会議入会。「派遣法改正の動向と当面の対応策の検討」、「サービス残業をめぐる行政指導・労組対応・未払い賃金請求への対応策」(SMBCコンサルティング主催)等セミナーや多数の講演を行い、各府県の社労士会の研修や大阪労働局幹部職員へのコンプライアンス研修等の講師を務める。


概要(狙い)

労働者派遣法、有期労働契約法制、パートタイム労働法など、非正規社員の雇用に影響がある法制が相次いで改正されております。昨今の激変する経営環境や商品ライフサイクルの短期化を考えれば、企業に必要な労働力量も必然的に変動するため、人件費の流動費化は必須であり、非正規社員を利用していかなければならないのが実情と言えます。そこで、法改正等の動向や混乱のおさまった業務処理請負の利用を冷静に見つめ直し、各企業の実態に応じた非正規社員利用のあり方を模索し続けなければなりません。
本セミナーでは、様々な形態での法律と改正動向を解説し、それぞれの非正規社員利用のあり方を比較検討します。

※本セミナーは、「労働法実務マスターコース【全3講】」のカリキュラムに設定されております

プログラム

1.有期雇用者の労務管理
1)有期雇用者の日常の労務管理のポイント 
2)雇止めにまつわる問題点

2.有期雇用者の無期転換対応の実務
1)無期転換対応の就業規則
2)無期転換申出後の手続対応

3.パートタイマー(短時間労働者)の労務管理

4.労働者派遣法の労務管理
1)平成27年9月30日施行・改正派遣法のおさらいと対応策
2)派遣労働者の日常の労務管理のポイント
3)派遣と請負の違い~偽装請負と評価されないために

5.「同一労働同一賃金」「働き方改革」への対応
1)働き方改革関連法案の解説
2)同一労働同一賃金ガイドライン案の解説
3)「不合理な労働条件の禁止」に関する裁判例の解説と対応策

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから