SMBCコンサルティング

効率的な資金管理の手法とキャッシュフロー計算書の構造を理解する

【セミナー研修】
資金管理とキャッシュ・フロー計算書の基本

~演習を通して、運転資金の計算やC/Fの計算と活用法を習得~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年11月22日(木) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください
※電卓をお持ちください

昼食

2018年11月22日(木) 昼食はご用意いたしません

対象者

経理・財務、内部監査部門等担当者

講師

望月公認会計士事務所  代表  望月 明彦 氏
望月 明彦 氏

略歴:監査法人トーマツ勤務を経て、新興上場企業2社にて経営企画責任者として経営企画部門の立上げを行う。その後アーンストアンドヤングにてM&Aのアドバイザリー業務を行い、2010年に望月公認会計士事務所を開業。慶応義塾大学大学院ビジネススクール(MBA) 日本公認 会計士協会 東京会 研修委員会 副委員長(10-14年) 経済産業省コンテンツファイナンス研究会 委員(02-03年)


概要(狙い)

 本セミナーは、資金管理編とキャッシュフロー計算書編の2章立てで構成しています。
 資金管理編では、会社の資金を効率的に運用し、資金をショートさせずにコントロールするために、キャッシュポジションの考え方や、運転資金とキャッシュコンバージョンサイクルの計算方法を、演習を交えて習得します。
 キャッシュフロー計算書編では、キャッシュフローの意味を押さえた上で、演習により、各項目や意義を理解します。さらに、経営に
活かすための読み解き方や、簡単な分析手法を解説いたします。

効果 到達目標

◎運転資金やキャッシュ・コンバージョン・サイクルの意味を理解する
◎キャッシュ・フロー計算書(間接法)の構造を理解する
◎キャッシュ・フロー計算書から会社の成長段階を読み取ることができる
※本セミナーでは間接法によるキャッシュ・フロー計算書のみを扱います

プログラム

第1章 資金管理 編 

 1.資金繰り表の基本 
   1)黒字倒産はなぜ起きるのか? 
   2)なぜ利益とキャッシュが一致しないのか? 
   3)家計はうまく回っているのか? 
   4)資金繰り表の見方 

 2.現預金と借入の適正値の考え方 
   1)現預金が多いと何が問題なのか? 
   2)現預金の適正値の考え方 
   3)借入が少ないと何が問題なのか? 
   4)負債月商倍率の考え方 
   5)債務償還年数分析の考え方 
   6)演習 債務償還年数の計算 

 3.運転資金の基本 
   1)運転資金の意味は? 
   2)なぜ売上が増えると運転資金が増えるのか? 
   3)なぜ現金商売はつぶれにくいのか? 
   4)演習 運転資金の計算 

 4.キャッシュ・コンバージョン・サイクルの基本 
   1)キャッシュ・コンバージョン・サイクルの意味は? 
   2)キャッシュ・コンバージョン・サイクルの計算方法 
   3)演習 キャッシュ・コンバージョン・サイクルの計算 

第2章 キャッシュ・フロー計算書 編 

 5.「キャッシュ・フロー計算書」の見方・考え方 
   1)キャッシュ・フローの理想形は? 
   2)キャッシュ・フローから成長ステージを見極める 
   3)キャッシュ・フロー計算書を読んでみる 

 6.「キャッシュ・フロー計算書」の構造 
   1)キャッシュ・フロー計算書の大原則 
   2)資金調達したらどうなる? 
   3)固定資産を購入し、減価償却したらどうなる? 
   4)商品を仕入れたらどうなる? 
   5)売掛金が増えたらどうなる? 
   6)B/SとP/LからC/F計算書を作成する(まとめ) 
   7)演習 キャッシュ・フロー計算書の作成 

 7.キャッシュ・フロー計算書は粉飾の影響を受けないのか? 
   1)架空売上を計上したらどうなる? 
   2)減価償却費を減らしたらどうなる? 
   3)架空売上と簿外債務を組み合わせたらどうなる? 
   4)自己株式の売買を売上・売上原価に計上したらどうなる? 
   5)子会社に商品を売却して利益をだしたらどうなる? 

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから