SMBCコンサルティング

海外サプライヤーとの交渉の基本を身につける

【セミナー研修】
貿易実務に役立つ海外営業・調達の基礎知識

~海外調達の本格的輸入契約およびその実践~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年11月08日(木) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2018年11月08日(木) 昼食はご用意いたしません

対象者

貿易実務担当者、海外事業・貿易担当者

講師

中矢一虎法務事務所中矢一虎法務事務所(司法書士 行政書士) 代表  大阪市立大学商学部講師
司法書士/行政書士 中矢 一虎(なかや かずとら) 氏
中矢 一虎(なかや かずとら) 氏

略歴:神戸大学法学部卒業後、住友商事株式会社に入社。パリやロンドン駐在時には、主に化学品の貿易取引に携わる。今日まで、欧米・中国・アジア・アフリカ・中近東など世界80カ国以上を国際取引にて歴訪した経験を持つ。現在、中矢一虎法務事務所(司法書士 行政書士)の代表を務め、国際契約書の相談や作成を行う司法書士及び行政書士であり、裁判事務や簡裁訴訟及び中小企業の国際業務顧問や国際ビジネスに関わるコンサルティングを多数こなしている。大阪市立大学商学部講師、(公財)大阪産業振興機構ビジネスサポートセンター専門アドバイザー、各種団体が主催する講演会・研修会の講師としても幅広く活躍している。

著書:「貿易実務の基本と三国間貿易完全解説」(中央経済社)他多数


概要(狙い)

模擬交渉や事例を通じて、輸出・輸入の業務に関する仕事の取組みから、輸出・輸入価格の算出や交渉の進め方、契約成立までの実践過程を学びます。

効果 到達目標

◎事例や模擬交渉を通じて貿易業務の流れが理解できます
◎輸出者側と輸入者側の考え方や思考パターンが理解できます
◎海外取引交渉を実践できる力を身につけます

プログラム

【海外営業の貿易実務 (輸出編)】 
 1.海外新規顧客の開拓方法 
   1)事例1 : 海外国際見本市 
     ①見本市参加までに準備すべきこと 
     ②見本市での顧客対応 
     ③帰国後のフォロー 
     [・受注に至らず失敗する企業とは  ・出展を成功に結びつけるための方策] 
   2)事例2 : 国際インターネット販売 
     ①販売申込(sales offer)で気をつけるべきこと 
     ②注文キャンセルの対処方法 
     [・輸出契約のポイント  ・地域の特質] 
   3)事例3 : 現地販売調査 
     ①海外出張の事前準備 
     ②現地訪問先と調査方法 
     [・調査方法を知る  ・信用調査報告書の読み方] 

 2.売主と買主の取引開始前の状況分析 

 3.売主側の輸出価格の検討と申込準備 
   1)具体例の検討 
   2)申込(オファー:offer)書面作成 

 4.買主側の輸入採算等の分析と仕入先変更準備 
   1)具体例の検討 
   2)買主の採算と意向 
   3)反対申込(カウンターオファー:counter offer)書面作成 

 5.売主・買主による模擬交渉の実施 
   1)売主のプレゼンテーション 
   2)買主のプレゼンテーション 
   3)売主の申込(offer)実施 
   4)買主の反対申込(counter offer)実施 
   5)売主・買主の主張 

【海外調達の貿易実務 (輸入編)】 
 6.海外調達(輸入)を開始する 
   1)輸入商品およびサプライヤーを探す 
   2)品質の良い商品を輸入する 
   3)輸入業務の流れを理解する 
   4)演習1 最初の交渉と契約書の作成およびその後のフォロー 
     ・初めての海外調達交渉 
     ・サンプル海外調達 

 7.国際郵便および個人の携帯(別送品)貨物による輸入 
   1)国際郵便 
   2)国際宅配便(郵便EMSカーゴを含む) 
   3)航空貨物 
   4)手荷物による持込み 
     ・個人使用の携帯貨物による輸入と課税価格の特例 

 8.海外調達の本格的輸入およびその実践 
   1)海外調達交渉での主導権を握る方法 
     ①サプライヤーと交渉するコツ 
     ②価格交渉は単価の値下げだけではない 
     ③数量および梱包条件の重要性 
     ④有利な支払い条件とは何か 
   2)海外調達をする物品を選ぶ際の注意点 
     ①EPA(経済連携協定)や特恵関税制度を利用する 
     ②輸入制限(輸入してはならない貨物)とは何か 
     ③税関で確認する日本国内法令の輸入規制を知る 
     ④税関での輸入許可後、日本国内販売時の法令規制を知る 
   3)海外調達のロジスティックと輸入通関を理解する 
     ①税関による事後調査(税務調査)のポイントとは何か 
     ②輸入通関における課税標準(価格)と関税

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから