SMBCコンサルティング

経理業務および経理部門のあり方を見直し、生産性向上を図る

【セミナー研修】
経理部門における「働き方改革」のすすめ方

~日常業務における効率化のポイントから、生産性のあがるチームづくりまでを実践解説!~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2018年12月11日(火) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2018年12月11日(火) 昼食はご用意いたしません

対象者

経理・財務部門等担当者

講師

プロビティコンサルティング株式会社  代表取締役 公認会計士  野田 弘子 氏
野田 弘子 氏

略歴:東京大学法学部卒。 約20年にわたり、複数の外資系金融機関で経理部長を歴任し、財務報告、管理会計、税務関連業務等、広く財務経理業務に携わる。2006年より会計コンサルタントとして、経理部門の活性化、企業研修、公開セミナー等に取り組んでいる。2010年にプロビティコンサルティング株式会社を設立し、現在に至る。熱気あふれるわかりやすい講義には定評がある。亜細亜大学大学院アジア・国際経営戦略研究科戦略会計担当非常勤講師
著書:「すらすら経理実務」(共著、中央経済社)


概要(狙い)

今、政府を挙げて「働き方改革」が推進される中、経理部門においても、生産性向上や業務改善の取り組みが急務となっています。しかし、「働き方改革」によって、単に残業を減らせばよいというものではなく、企業の成長戦略の中に位置づけて、仕組みから変えなければ真の改革とはいえません。
本セミナーでは、これからの経理部門が真の「働き方改革」に向けて、どのように生産性向上や業務改善を進めていくかについて、長きにわたり複数の外資系金融機関で経理部長を歴任してきた経験豊富な講師が解説をします。効率よく仕事を行う上での日常業務、決算業務におけるチェックポイントはもちろんのこと、生産性があがる経理部門の体制を構築するために、多様な働き方を取り入れた柔軟で新しい働き方や、モチベーションやコミュニケーションというアプローチについても触れていきます。そして、企業の成長という軸の中で実践的な視点から、単なる小手先ではない「働き方改革」の糸口となるセミナーを目指しています。

効果 到達目標

◎経理部門における「働き方改革」の必要性、取り組みのポイントが理解できる
◎経理部門の生産性向上、業務改善の具体的なすすめ方を理解できる

プログラム

1.働き方改革に関する知識の整理 ― 経理部門が知っておきたい労働法
  1)そもそもなぜ今働き方改革なのか
  2)長時間労働に関して知っておきたい労働法の現状と改正案
  3)長時間労働に関する会社側のリスク

2.企業と会計の役割と、多様化の時代に必須のダイバーシティを正しく理解する
  1)そもそも会社とは会計とは
  2)資本市場の変化から考えるダイバーシティ そして働き方改革とは
  3)変化する資本市場における経理の役割とは

3.経理部門の生産性を上げるには~成果=時間X作業内容で考える
  1)成果物から考える生産性の向上
    ●最終成果物はわかっていますか?
    ●何のための仕事かが明らかですか?
    ●なぜが説明できますか?
  2)時間の短縮化で実現させる生産性の向上
    ●ボトルネックを探そう
    ●属人化を排除するためにできること ~情報の共有~
    ●IT化への対応 ~IT化で仕事を増やさない~
  3)作業内容のレベルを上げて実現させる生産性の向上
    ●単純作業のIT化 ~知っておきたい電子帳票保存法~
    ●承認のレベルを上げる
    ●作業内容のレベルを上げる
     -貸借対照表科目のポイント 
     -月次業務のポイント

4. 組織として考える経理部の業務改善
  1)経理部門としての全般統制を見直してみよう
  2)経理部門としての人材の育成
  3)コミュニケーションがとれていますか?
    ●経理部門におけるコミュニケーション術
    ●言いにくいことを伝える技術とは

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから