• SMBC
  • SMBCグループ

グループ経営実務マスターコース
近時のガバナンス問題、実務トレンドを踏まえた

【セミナー研修】
グループ・ガバナンスの再構築に向けた実践ポイント

~検討の視点と取組項目を実践的なケーススタディで考察~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2019年09月18日(水) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

※本セミナーは、「グループ経営実務マスターコース」のカリキュラムに設定されております

昼食

2019年09月18日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

経営企画、関連事業、法務、財務、内部監査部門等担当者

講師

株式会社日本総合研究所  リサーチ・コンサルティング部門 理事  山田 英司 氏
山田 英司 氏

略歴:早稲田大学法学部卒業、英国国立ウェールズ大学経営大学院でMBA(経営管理学修士)を、EUビジネススクールでDBA(経営管理学博士)を修了。事業会社のグループ経営管理部門を経て、現職。グループ経営、M&A、ガバナンスなどのコンサルティングに従事するとともに、ベンチャー企業のCFOや監査役などを歴任、現在は大手企業の社外取締役を務める。早稲田大学理工学術院非常勤講師、東京都および公正取引員会の外部委員を兼職。

著書:「協創のグループ経営」(中央経済社、共著)、「グループ経営力を高める本社マネジメント」(中央経済社、監修)、「デューデリジェンス実践入門」(日本実業出版社)。その他週刊ダイヤモンド、東洋経済などに著作多数。


概要(狙い)

上場企業におけるガバナンス強化に対する取組みは着実に進展しつつあり、相次ぐ法改正を経てガバナンス重視はより鮮明になってきています。しかしながら、近年のガバナンス問題は、グループ会社から問題が発生しているケースも多く、グループ全体での適切な統制が課題となっています。
本セミナーでは、こうした背景を踏まえ、制度対応にとどまらず、グループ会社を一定の観点から区分し、それぞれのカテゴリーに応じた権限委譲の在り方や経営管理の高度化に向けた実務上のポイントを解説します。

効果 到達目標

◎コーポレートガバナンスをめぐる環境変化とグループ・ガバナンスの重要性を理解できる
◎ケーススタディにより現状認識からグループ会社の区分とガバナンスの再構築に向けた取組項目を理解できる

プログラム

1.コーポレートガバナンスとは何か

2.時代は「ガバナンス」重視へ
  1)企業統治をめぐる環境変化
  2)ガバナンスと経営高度化
  3)コーポレートガバナンスの全体像
  4)コーポレートガバナンス・コードの概要
  5)再構築の視点とアプローチ

3.ガバナンス改革は新たなステージへ ~「コーポレート」から「グループ」へ~
  1)コーポレートガバナンスの取組状況
    ●企業の取り組み姿勢
    ●取り組みの意義と成果
    ●取り組みの限界と課題
    ●近年におけるガバナンス関連テーマ
  2)ガバナンスは「コーポレート」から「グループ」へ
    ●グループ・ガバナンスの重要性
    ●近年のガバナンス問題と発生のメカニズム
  3)グループ・ガバナンスへの取組動向
    ●経済産業省CGS研究会におけるグループ・ガバナンスへの取り組み
    ●実務指針の概要

4.グループ・ガバナンス構築のアプローチ
  1)グループ・ガバナンスの構築に向けて
    ●グループ経営とガバナンス
    ●グループ・ガバナンス構築の視点
    ●グループ・ガバナンス構築のアプローチ
  2)グループ・ガバナンス構築ステップ
    ●グループ会社の合理的な区分
    ●グループ・ガバナンス再構築の取組項目
    ●再構築の推進事例

5.ケーススタディー
  1)持株会社の活用によるグループ・ガバナンス推進
  2)「攻めのガバナンス」~PPMの再構築~
  3)グループモリタリング体制の強化
  4)ガバナンスを意識したグループ再編
  5)M&Aとグループ・ガバナンス
  6)グループ資金ガバナンス
  7)グループ・ガバナンスとグローバル対応
  8)グループ・ガバナンスと人材マネジメント

6.グループ・ガバナンス構築に向けた今後の課題

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから