• SMBC
  • SMBCグループ

出産、子育て、介護をしながら働く社員は今後ますます増加!

【セミナー研修】出産・育児および介護休業等に必要な手続きと実務のポイント

社会保険の基本を確認し、実務のポイントや関連する法律を身につける。

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
2019年09月26日(木) 10:00~ 17:00

TKP大阪淀屋橋カンファレンスセンター
大阪府大阪市北区中之島2-2-2
大阪中之島ビルB1 (旧ニチメンビル)
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします

昼食

2019年09月26日(木) 昼食はご用意いたしません

対象者

人事・労務担当者

講師

株式会社 ソフィアステージ 代表取締役 福西 綾美 氏
福西 綾美 氏

主な得意分野:組織風土改善、人事労務管理、グローバル人材育成、採用コンサルティング、メンタルヘルス対策
略歴:製薬会社で人事労務全般に従事した後、平成18年に社会保険労務士事務所を開設。平成27年株式会社ソフィアステージを設立。組織風土改善コンサルティングに伴う社内制度の構築と研修事業を行い、事業展開。社会保険労務士、キャリアコンサルタント、産業カウンセラー、文書情報マネージャー。
著書・寄稿:「給与計算の実務」「介護スタッフ手帳」「医療スタッフ手帳」「ストレスチェックQ&A」「マイナンバーQ&A」「ES経営のための人事制度設計」


概要(狙い)

午前-【出産・育児編】
人事総務担当者は、出産から育児休業を経て職場復帰をする社員の事務手続きをモレなく正確に行うことが求められます。
本セミナーでは、出産、育児休業等に関する社会保険の手続きを確認し、実務上のポイントや関連する法律の知識を身につけることを目標とします。はじめて実務を行なう人事総務担当者向けとなっています。

午後-【介護休業等編】
介護休業の利用は今後ますます増加が見込まれます。人事総務担当者は、法改正に対応した介護休業制度の運用と事務手続きが求められます。
本セミナーでは、介護休業等に関する手続きや実務上のポイント、関連する法律の知識を身につけることを目標とします。はじめて実務を行なう人事総務担当者向けとなっています。

※昨年度開催の「出産・育児および介護休業等に必要な社会保険の手続きと実務ポイント」からタイトルが変更になりました

効果 到達目標

・出産、育児休業、介護休業等に関する社会保険や労働保険の仕組みが理解できる
・出産、育児休業、介護休業等に関する事務手続きができる
・関連する法律の知識が身につく

参加者の声

・テキストが見やすくわかりやすい。具体例も多く挙げてもらえて理解しやすかった。
・とても聞き取りやすく丁寧で安心して受講できました。
・練習問題があって良かった。
・少し不安・よくわからないままだった所が補完できた。普段は社労士事務所に書いてもらっている書類を実際に記入実習してみると、知らないことが多くあって良かった。

プログラム

午前「出産・育児に必要な社会保険の手続きと実務ポイント」

1.ミスなく進める“出産、育児休業”の事務手続き
1)産休~職場復帰までのスケジュール
2)出産、育児休業中の社会保険料、育児休業終了時改定、養育期間特例
3)給与・賞与、国からの給付金について

2.ここがポイント、関係法令と実務
1)育児時間、時間外労働等の制限(労働基準法)
2)子の看護休暇、短時間勤務制度(育児・介護休業法)
3)母性健康管理措置(男女雇用機会均等法)
4)妊娠・出産・育休などを理由とするハラスメント(男女雇用機会均等法)
5)くるみん(次世代育成支援対策推進法)

3.出産、育児に関する保険給付
1)出産手当金、育児休業給付の対象者とは?
2)各種申請書の支給申請(実習)
3)保険給付とマイナンバーの取り扱い


午後「介護休業の事務の流れと手続きの実務ポイント」

1.ミスなく進める“介護休業”の事務手続き
1)“介護休業”の申し出があったとき
2)「取扱通知書」の記載方法
3)介護休業中の社会保険料

2.ここがポイント、関係法令と実務
1)介護休業制度/対象者、休業期間、社内規定
2)残業の制限と所定労働時間の短縮措置
3)介護休暇取得の条件

3.介護に関する保険給付
1)介護休業給付の対象者とは?
2)介護休業給付金の支給申請(実習)
3)保険給付とマイナンバーの取り扱い

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 24,840 23,000 1,840
SMBC経営懇話会会員 29,160 27,000 2,160
会員以外のお客様 33,480 31,000 2,480

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから