• SMBC
  • SMBCグループ

対応すべき重要項目を網羅的にチェック

【セミナー研修】就業規則の見直し・改訂の実務ポイント

~副業・テレワークへの対応と採用から退職までのフェーズごとのリスク回避~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2019年10月09日(水) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2019年10月09日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

人事、総務・法務部門等担当者

講師

HRプラス社会保険労務士法人  代表社員 特定社会保険労務士  佐藤 広一 氏
佐藤 広一 氏

略歴:1991年3月明治学院大学経済学部卒業。1995年7月都内社会保険労務士事務所入所。2000年4月さとう社会保険労務士事務所開設。2016年6月HRプラス社会保険労務士法人に組織変更。
「人事労務で疲弊する日本中の経営者・人事マンを元気にする!」をミッションとし、「人事労務担当者にコミットした人事労務相談」をコンセプトに就業規則の見直し提案、IPO支援、海外赴任者の賃金設計などの人事労務コンサルティングを展開している。また、シンガポールに現地法人 ASIA BPO SERVICES PTE.LTD を設立し、ASEAN諸国の現地と連携しながら日本企業の海外進出支援サービスも行っている。
著書は25冊(共著を含む)あり、マスコミ・メディア取材、新聞・雑誌への寄稿も積極的に行う傍ら、全国各地で年間60本の講演をこなしている。


概要(狙い)

就業規則は労務管理の根幹をなす規範的なルールブックであり、採用から退職に至るまでの各フェーズで思いがけず発生する
労使間のトラブルを解決へと導く道しるべとなるものです。
また、無期転換ルールや労働基準法等の改正法に対し即応しなければならないほか、「働き方改革」のもと政府が推し進める、
同一労働同一賃金、在宅勤務、勤務間インターバルなどに対しても対応を急がなければなりません。
本講座では、労使間のトラブルが起きやすい点や法改正、働き方改革で取り上げられている制度の導入に当たって留意すべき
ポイントをピックアップし、就業規則における対応方法を具体的な規定例をもとに解説します。

効果 到達目標

・労働法関連の改正に対応すべき就業規則の項目を最新動向を踏まえて網羅的にチェックできる
・最近顕著な労務トラブルを回避する視点から、就業規則見直しのポイントを考えることができる

プログラム

●就業規則に関する基本事項
●労働時間、休日、休暇、休職のチェックポイント
●遵守事項に追加しておきたい服務規律・懲戒規定
●人事異動、退職、解雇、賃金のチェックポイント
●雇用形態別の就業規則作成の必要性

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 25,300 23,000 2,300
SMBC経営懇話会会員 29,700 27,000 2,700
会員以外のお客様 34,100 31,000 3,100

※消費税は、セミナー開催日の消費税率を適用しております。
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから