• SMBC
  • SMBCグループ

法務・コンプライアンス・危機管理担当者のためのワークショッププログラム

【セミナー研修】
ビジネスロー実践コース≪リスクマネジメント編≫【全3日間】

~法務・コンプライアンスリスクのマネジメント総論から海外子会社管理の各論まで~

東京

このセミナーの募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
第1講 【セミナー研修】
改めて考える『企業リスクマネジメント』
講師: 結城 大輔 氏
2019年11月20日(水) 13:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

第2講 【セミナー研修】
海外子会社リスク管理の要点

講師: 結城 大輔 氏
2019年11月27日(水) 13:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

第3講 【セミナー研修】
海外子会社における不正調査・監査の実際

講師: 結城 大輔 氏
2019年12月11日(水) 13:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください
※【全3日間】受講の場合、割引適用価格となります(ページ下の【申し込む】までお進みください)
※各講(1日単位)選択いただけます(上記よりお申込ください)

昼食

2019年11月20日(水) 昼食はご用意いたしません
2019年11月27日(水) 昼食はご用意いたしません
2019年12月11日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

法務、コンプライアンス、リスクマネジメント、内部監査、海外事業部門等担当者

講師

のぞみ総合法律事務所  パートナー弁護士・ニューヨーク州弁護士・公認不正検査士  結城 大輔 氏
結城 大輔 氏

略歴:1996年東京大学法学部卒業、2010年米国University of Southern California(LL.M.)修了。1998年弁護士登録、2012年ニューヨーク州弁護士登録。のぞみ総合法律事務所パートナー。2008~13年韓国ソウルの法律事務所、米国ロサンゼルス・ニューヨークの法律事務所に出向。日本公認不正検査士協会理事。


概要(狙い)

グローバルにビジネスを行う日本企業の法務・コンプライアンス部門の方々にとって、「リスクマネジメント」は、しっかりと学んでおかなければと考えながらも、なかなか機会に恵まれないテーマではないでしょうか。
本セミナーは、第1回でリスクマネジメント総論として、企業リスクの把握、評価、対応を総括します。第2回は、多くの企業が悩む海外子会社のリスク管理について、米国グローバル企業に学びます。第3回は、各論・実践編として、中国での内部監査・不正調査について掘り下げます。いずれのセッションも、経験豊富なゲストスピーカーを迎え、掛け合い形式を取り入れるとともに、受講者によるディスカッション・タイムを設けることで、各参加企業の現状に合った気づきがあるような工夫を凝らします。

【特徴】
■最近の法務・リスクマネジメントの重要課題の最新情報をキャッチアップ
■各テーマごとに経験豊富なゲストスピーカーを迎えての実践的なカリキュラム
■受講者間の情報交換・相互啓発による課題解決型のグループワークの実施

プログラム

第1講 2019年11月20日(水) 13:00~17:00
「改めて考える『企業リスクマネジメント』 ~企業活動におけるリスクの把握、評価、対応の落とし穴~」

1.企業リスクマネジメント総論
  1)リスクをマネージするとは
    ~リスクの把握・評価・対応
  2)リスクマネジメントにおける落とし穴
    ~企業不祥事実例から学ぶ

2.企業活動と法務・コンプライアンスリスク
  1)リスクベースアプローチを深掘りする
  2)リスク把握のための工夫

3.企業・組織としての意思決定
  1)リスクマネジメントと危機管理
    ~リスクの評価と意思決定
  2)実践練習
    ~ハーバード流「交渉学」メソッドの活用
  3)経営判断をサポートする立場としての心構え

<ゲストスピーカー>
 ランドンIP合同会社 エグゼクティブディレクター
 三好 陽介 氏


第2講 2019年11月27日(水) 13:00~17:00
「海外子会社リスク管理の要点 ~米国グローバル企業の海外法務・コンプライアンス体制に学ぶ~」

1.グローバル法務・コンプライアンス
  1)日本企業の現状と海外子会社管理の重要性
  2)法務とコンプライアンスのグローバル化
  3)経産省 グループ・ガバナンス・システムに関する実務指針  

2.マイクロソフトの海外子会社管理
  1)法務の観点から
    ●本社法務部門・地域統括会社との関係
    ●事業部門との関係
    ●人材リソース、AIの活用
  2)コンプライアンスの観点から
    ●マイクロソフトのグローバル・コンプライアンス体制
    ●社内規程に関する考え方(規程過多?)
    ●コンプライアンスに関するレポーティングライン
    ●近時の重要課題(贈賄防止、AIの活用等)

3.日本企業にとっての示唆
  1)内部通報(認証制度、法改正、グローバル通報制度等)
  2)内部監査のあり方
  3)人材育成のための工夫

<ゲストスピーカー>
 日本マイクロソフト株式会社
 政策渉外・法務本部 Senior Legal Manager
 宮原 友雄 氏


第3講 2019年12月11日(水) 13:00~17:00
「海外子会社における不正調査・監査の実際 ~中国子会社での不正対策の最前線から学ぶ~」

1.海外子会社における調査・監査の重要性
  1)海外子会社における法務・コンプライアンスリスクの顕現化
  2)調査・監査の必要性と困難性

2.中国子会社における実情
  1)中国政府・グローバル企業の取組み
  2)日本企業の中国子会社の現状

3.先進的日本企業のあるべき取組み
  1)現状の海外子会社監査の限界
  2)未来志向の海外子会社監査・不正調査
  3)PDCAの回し方

<ゲストスピーカー>
 中国弁護士
 叶 森(イエ セン) 氏

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 62,370 56,700 5,670
SMBC経営懇話会会員 74,250 67,500 6,750
会員以外のお客様 83,160 75,600 7,560

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから