• SMBC
  • SMBCグループ

経理・会計基礎マスターコース
初めて決算書を学ぶ入門講座

【セミナー研修】
決算書の読み方と使い方

~決算書の構造と会社の数字の読み方、分析の基本を解説~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2019年12月06日(金) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください
※電卓をお持ちください

※本セミナーは、「経理・会計基礎マスターコース」のカリキュラムに設定されております

昼食

2019年12月06日(金) 昼食はご用意いたしません

対象者

経理新任者、簿記・会計初心者(所属・経験は問いません)

講師

望月公認会計士事務所  代表  望月 明彦 氏
望月 明彦 氏

略歴:監査法人トーマツ勤務を経て、新興上場企業2社にて経営企画責任者として経営企画部門の立上げを行う。その後アーンストアンドヤングにてM&Aのアドバイザリー業務を行い、2010年に望月公認会計士事務所を開業。慶応義塾大学大学院ビジネススクール(MBA) 日本公認 会計士協会 東京会 研修委員会 副委員長(10-14年) 経済産業省コンテンツファイナンス研究会 委員(02-03年)


概要(狙い)

ビジネスパーソンにとって会計・財務・決算書の知識は必須です。とくに幹部社員に近づくほど会計知識がないことで大恥をかいたり、大失敗をしたりすることがあります。
本講座では、決算書を読めるようになる、また決算書から財務分析ができるようになる、ということを通して、会計・財務の基礎的な理論を身につけることを、目的としています。また本講座は、会計・財務の理論的な解説だけでなく、企業の実例を織り交ぜて解説することで、「ビジネス数字に強くなった!」「会計・財務の本当の面白さが分かった!」そう感じていただくことを狙いにしています。

効果 到達目標

◎貸借対照表と損益計算書のしくみと意味を理解できる
◎決算書を読み解き、簡単な財務分析ができる

プログラム

※B/SやP/Lなどの会計をまったく勉強したことがない方でも安心してご参加いただけます。 

≪貸借対照表・損益計算書編≫
1.“決算書”とは何を指すのか?
   1)決算書とは何を指しているのか? 
   2)決算書をどうやって入手するのか? 
   
2.“損益計算書”を読めるようになろう!
   1)「5つの利益」の意味は? 
   2)どの利益が赤字かで経営課題が違う! 
   3)ビジネスモデルとP/Lの関係は? 

3.“貸借対照表”を読めるようになろう!
   1)「5つの箱」の意味は? 
   2)「純資産」が大きいことはいいことか? 
   3)なぜ「資産=負債+純資産」なのか? 

≪決算書編≫ 
4.“決算書”を読んでみよう!
   1)株主総会の招集通知 
   2)決算短信 

≪財務分析編≫
5.“売上と利益の関係”を分析しよう!【損益分岐点分析】
   1)改善努力なくして利益率が良くなる理由は? ~固定費、変動費~ 
   2)損益分岐点売上高を計算してみる ~損益分岐点~ 
   3)いくら売上が増えたら黒字だったのか? 

6.“儲ける力”を分析しよう!【収益性分析】
   1)利益率は高い方がいいのか? ~売上高利益率~ 
   2)資産を効率よく使っているか? ~総資産回転率~ 
   3)無借金で利益が大きいことはいいことか? ~ROA、ROE~ 
   4)ROEが低い理由がどこにあるのか? 

7.“倒産する可能性”を分析しよう!【安全性分析】
   1)流動比率200%でも倒産する理由は? ~流動比率、当座比率~ 
   2)資本金が多ければ安全なのか? ~自己資本比率~ 
   3)運転資金が大事な理由 ~運転資金~ 

8.事例で考える!敵対的買収と買収防衛策

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 25,300 23,000 2,300
SMBC経営懇話会会員 29,700 27,000 2,700
会員以外のお客様 34,100 31,000 3,100

※消費税は、セミナー開催日の消費税率を適用しております。
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから