• SMBC
  • SMBCグループ

成功する新規事業をいかに創り出すか?

【セミナー研修】
ITを活用した新規事業の創り方

~ITを活かした新規事業開発の進め方とポイントを、事例を交えて分かりやすく解説~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2019年12月17日(火) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2019年12月17日(火) 昼食はご用意いたしません

対象者

経営企画・商品開発・営業企画等、各部門の担当者
経営幹部・管理職等、新規事業の責任者

講師

株式会社BDスプリントパートナーズ  代表取締役CEO 
株式会社ミレニアムパートナーズ 代表取締役 パートナー  秦 充洋 氏
秦 充洋 氏

略歴:ボストン コンサルティング グループ(BCG)にて既存事業の見直し、新規事業、人事組織戦略、M&Aなどプロジェクトマネジャーとして多岐にわたるプロジェクトを指揮する。医療従事者向け情報サービス 株式会社ケアネットを共同で創業し、東証マザーズ上場。2006年に株式会社ミレニアムパートナーズを、2018年にBDスプリントパートナーズを設立し、事業開発分野における第一人者として、体系化されたノウハウに基づいた実践的なアプローチで多くの企業や組織、起業家を支援している。グロービス経営大学院講師を経て、現在は一橋大学大学院MBAコース(HUB)及び早稲田大学ビジネススクール(WBS)講師。一橋大学商学部卒。
著書:「プロ直伝!成功する事業計画書のつくり方」(ナツメ社)、「未来事業2018」(日経BP社)、「未来市場2018-2027」(日経BP社)

株式会社Hoster‐JP   代表取締役社長  山中 正明 氏
山中 正明 氏

略歴:1995年 国際電信電話株式会社(現KDDI株式会社)に入社。世界を網羅する海事衛星通信の運用・構築および日本と世界のインターネットを接続した実績を持つ。2000年には業務改善の実績が認められKDDの社長賞を総代として受賞する。2006年に株式会社Hoster-JPを日本初のクラウドベンチャーとして設立し、他社では持ちえない世界を接続するクラウド技術をベースとして、今日まで日本の多数の大手企業の業務をITで高度化する実績を有する。


概要(狙い)

ITの進化は次々と新しい技術を生み出し、ビジネス環境にも大きな影響を与えています。今後のビジネスの成功は、いかにITを活用できるかが鍵と言えるでしょう。
この講座は、ITを活かして新しいビジネスを創り出す方法の習得を目的としています。新規事業開発・IT分野の専門家である講師が、事例やワークショップを交え、自社の新規事業を成功させるためのポイントを具体的に解説します。

効果 到達目標

◎IT活用による新規事業開発の進め方を習得できる
◎成功・失敗事例を通じて、新規事業開発の重要ポイントを理解できる
◎新規事業開発にあたり押さえておくべきITの動向、活用法を理解できる

プログラム

1.新規事業開発を進めるアプローチの基本
  ●今求められる新規事業開発の条件
  ●把握すべき環境変化
  ●アイデア発想のコツ
  ●間違いだらけのアイデア選び
  ●ビジネスモデル構築のステップ
  ●ターゲット顧客を絞り込む
  ●顧客を理解するということ
  ●顧客への提供価値を明確化する
  ●事業アイデアを顧客に検証する
  ●ヒアリングの重要性
  ●どのように実現するのか
  ●マネタイズモデルを工夫する
  ●キャッシュフローモデルで調整する

2.ITにより新規事業を成功に導いた事例、失敗した事例
  ●成功事例:データ投入業務の人材不足解消
   ・事業背景
   ・IT導入前、IT導入時、IT導入後に何が発生したのか
   ・事業責任者とIT担当がどのように連携すれば成功に結びつくのか
  ●失敗事例:在庫の適正管理、ドローンによる新規事業検討
   ・事業の背景
   ・IT導入前、IT導入時、IT導入後に何が発生したのか
   ・経営者がITを理解すること、IT担当者が経営を理解し説明することがなぜ重要なのか
  ●なぜ成功したのか、なぜ失敗したのか ワークショップ
   ・成功事例と失敗事例から学んだこと
   ・自社で新規事業に取り組むにあたっての気づき

3.新規事業に取り組むにあたり理解すべき、最新のIT動向と考え方
  ●ビッグデータの仕組み、現状の利用シーンと利用者側に求められる能力と今後
  ●AIの仕組み、現状の実力と利用者側に求められる能力と今後
  ●ロボティクスの仕組み、現状の実力と利用者側に求められる能力と今後
  ●最新ITを活かした世界での利用シーン
   ・AIの事例:自社に適用するコツ
   ・ビッグデータの事例:自社に適用するコツ
   ・ロボティクスの事例:自社に適用するコツ

4.ITで業務を高度化し、勝てる仕組みをつくる方法
  ●ITを理解した経営がもたらす具体的成果とは
  ●経営がリードすべきITのあるべき姿と適用ポイント
  ●あなたの会社で実行するにあたってのハードルは? ワークショップ
   ・仮に自社で導入しようとした時の想定されるハードルは何か
   ・ハードルを乗り越えるために何をする必要があるか

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 31,900 29,000 2,900
SMBC経営懇話会会員 37,400 34,000 3,400
会員以外のお客様 42,900 39,000 3,900

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから