• SMBC
  • SMBCグループ

何に注意して審査すればいいのか?契約条項をどう修正すればトラブルにならないのか?

【セミナー研修】契約書審査の実践ポイント~トラブル事例を踏まえて~

契約条項例(業務委託契約、売買取引基本契約)を重点解説!

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
2019年12月04日(水) 14:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします

昼食

2019年12月04日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

契約書に携わられる方、総務担当者

講師

牛島総合法律事務所 パートナー弁護士 猿倉 健司 氏
猿倉 健司 氏

略歴:早稲田大学法学部卒業。2007年弁護士登録、牛島総合法律事務所入所。不動産・建築・製造分野やオンライン事業を中心に、契約書の作成、訴訟手続き等を数多く担当。その他、役員等の責任追及対応、不祥事・危機管理対応等も扱う。『不動産再開発の法務』(商事法務)、『不動産業・建設業のための改正民法による実務対応』(清文社)を共同で執筆した他、論文執筆・講演を多数担当


概要(狙い)

契約書審査においては、契約条項ごとにどのようなトラブルが生じる可能性があるのか、その結果裁判所にどのように判断される可能性があるのか、その他のリスクについて理解していなければ、契約条項をどのように修正すべきなのか、どのような条項を追加すべきなのかを判断することはできません。
そこで本セミナーでは、具体的なトラブル実例・相談事例を踏まえて、契約書審査で留意すべきポイント、契約条項をどのように修正すべきか、どのような点に注意すべきかについて具体例を用いて解説いたします。

プログラム

Ⅰ.契約書審査で留意すべきポイント

1.契約書の具体的な審査ポイント
(1)契約トラブル実例・裁判所の判断傾向の把握
(2)契約に適用されるデフォルトルールの確認(改正法、関連法も含む)
(3)契約のどちら側の当事者に立つかの確認
(4)特約条項の有効性・無効となった場合のリスクについての検討

2.契約書案の作成・相手方ドラフトの修正
(1)自社のひな形を利用する場合の留意点
(2)インターネットや文献に掲載された契約書案を利用する場合の留意点
(3)相手方の契約書案を修正する場合の留意点

3.担当部署・法務部との協議、弁護士への相談

4.相手方との契約条項協議
(1)契約条項の追加・削除の提案をする場合の留意点
(2)協議内容の証拠化の重要性とリスク
(3)契約交渉を踏まえた最終的な落としどころの判断


Ⅱ.契約条項例審査の具体的な実践ポイント・実践例【重点解説】

1.業務委託契約書・請負契約書
(1)業務内容条項
(2)報酬条項
(3)損害賠償条項
(4)任意解約条項
(5)秘密保持・守秘義務条項

2.売買契約書・取引基本契約書
(1)契約目的条項
(2)瑕疵担保・契約不適合責任条項
(3)解除条項
(4)責任期間・消滅時効条項
(5)表明保証条項

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 20,900 19,000 1,900
SMBC経営懇話会会員 24,200 22,000 2,200
会員以外のお客様 27,500 25,000 2,500

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから