• SMBC
  • SMBCグループ

経理の生産性向上と働き方改革を推進する

【セミナー研修】
すぐに見直す経理部門の事務改善と合理化の具体策

~IT、アウトソーシングの活用と事務改善のアクションプラン~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2020年03月11日(水) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2020年03月11日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

経営者、経理管理職・経理社員、システム担当者の方、経理システム導入を検討している方、経理アウトソーシングを検討している方

講師

一般社団法人 経理革新プロジェクト  代表・税理士  児玉 尚彦 氏
児玉 尚彦 氏

略歴:企業の税務会計顧問の他、経理業務の効率化、財務体質の改善などを中心に活動。講師を務める「経理財務セミナー」には10,000社以上が受講、企業経営に貢献できる経理社員の育成を支援している。
URL http://www.keiri4970.com

著書:『35歳までに身につけておくべきプロの経理力』 『「少人数で儲かる経理」はこうつくる』(日本実業出版社)、『会社のお金はどこへ消えた?』(ダイヤモンド社)、『新版 ココまでできる経理の合理化』(日本能率協会マネジメントセンター)他

共著:『3年で「経理のプロ」になる実践PDCA』(日本実業出版社)、『30代からの仕事に使える「お金」の考え方』(ちくま新書)




概要(狙い)

ITの高度化や働き方改革の進展などにより、経理を取り巻く環境が大きく変化しています。このような中、経理部門は業務のスピードアップや事務の効率化などにより、組織・社員の生産性向上を図ることが重要な課題となります。
本セミナーでは、ITやアウトソーシングの活用による経理の事務改善と合理化の進め方について、具体例をもとに解説します。

効果 到達目標

◎経理を取り巻く環境変化を認識し、経理部門の再構築、経理社員の働き方改革を推進できる
◎ITやアウトソーシングの活用による経理の生産性向上に向けた事務改善の具体策を理解できる

プログラム

1.少人数で成果をあげる経理部の作り方
  1)経理事務員数は100万人減少
    ●経理の仕事がコンピュータに奪われる
  2)生産性が低い経理部の共通点
    ●若手経理社員が育たない環境
    ●同じ仕事を3年以上続けると成長が止まる
  3)生産性が高い経理部の特徴
    ●少数精鋭、明確な納期と作業時間  
    ●仕事の重要性と優先順位

2.経理業務をスピードアップする
  1)効果的な月次決算の早期化対策
    ●月次決算の目的の明確化と改善ポイント
    ●月次決算で求められているスピードと品質
  2)決算スケジュールの改善
    ●決算の工程を分解して組み直す
    ●決算作業を標準化、手順化、仕組み化する

3.時間短縮を図る業務別事務効率改善策
  1)管理部門のスリム化と経理コストの削減
    ●経理事務フローの見直しと作業工程改革
  2)経費精算と現金出納業務の効率化
    ●月1回キャッシュレス精算で出納係を解放
  3)支払方式の統一と仕入買掛処理の連動
    ●支払管理システムで二重入力廃止を実現
  4)売上回収管理の効率化と運用体制
    ●売掛金の自動消し込みによる即日回収管理
  5)ファイリング時間の削減と電子文書管理
    ●電子帳簿保存法の改正で領収書保管は不要?

4.効果的なIT活用で経理の生産性をアップする
  1)生産性に10倍差がつく会計システムの利用形態
    ●伝票集計型、業務連動型、ERP型、クラウド型
  2)ITで生産性を上げる3つの改善策
    ●デジタル環境整備、業務データ連携、属人化排除
  3)電子決済で変わる経理の仕事
    ●Webバンキングで支払や会計仕訳が自動処理
    ●高まるセキュリティ対策の重要性
  4)各部門システムとのデータ受け渡し方法の改善
    ●業務系(販売仕入)、事務系(給与経費)とのデータ共有
  5)次期経理システムへの移行と検討課題
    ●消費税改正対応「軽減税率」「インボイス制度」
    ●RPAの導入事例とクラウド化の動向

5.経理アウトソーシングの現状と利用価値
  1)給与計算から決算まで
    ●本業以外はアウトソーシングの時代
  2)アウトソーシングの判断基準と経理体制の再構築
    ●アウトソーシングのメリット、デメリット
  3)事務集中センターとシェアードサービスの事例紹介

6.効率改善目標とアクションプラン
  1)経理生産性向上戦略による選択と集中
    ●改善の効果予測と合理化後のイメージ
  2)数値目標の設定と改善提案の進め方
    ●繁忙期の残業時間の削減が重点課題
  3)3段階の改善スケジュール
    ●フェーズごとの現実的な活動計画と実行課題

7.経理本来の役割と仕事
  1)合理化したあとに残る経理の本質とは
  2)これからの経理部門の体制と経理社員の働き方
  3)合理化チェックリストで明日への課題を整理

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 25,300 23,000 2,300
SMBC経営懇話会会員 29,700 27,000 2,700
会員以外のお客様 34,100 31,000 3,100

※消費税は、セミナー開催日の消費税率を適用しております。
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから