• SMBC
  • SMBCグループ

【2020年4月1日施行】直前対策

【セミナー研修】
改正意匠法と実務対応策

~改正法のリスクを踏まえた活用法~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2020年03月12日(木) 14:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2020年03月12日(木) 昼食はご用意いたしません

対象者

総務・法務・知財・経営企画部門等担当者

講師

ユアサハラ法律特許事務所  パートナー 弁理士  青木 博通 氏
青木 博通 氏

略歴:日本弁理士会意匠委員会委員長・同商標委員会委員長・同不正競争防止法委員会委員長、アジア弁理士協会意匠委員会共同議長、北海道大学大学院法学研究科客員教授を歴任。日本弁理士会執行理事として、今回の意匠法改正に関与。

著書:『知的財産権としてのブランドとデザイン』(有斐閣)、『新しい商標と商標権侵害』(青林書院)


概要(狙い)

2020年4月1日より改正意匠法が施行され、建築物(店舗、ビル、橋)、建築物の内装(レストラン、住宅)、クラウド上の画像デザイン、建築物・画像・物品の組物、組物の部分意匠が登録できるようになります。また、関連意匠が10年間出願できるようになり、存続期間も出願日から25年に延長され、間接侵害、損害賠償の規定も見直され、権利行使がしやすくなります。
本講座では、改正意匠法を、条文および改訂意匠審査基準に基づいて、事例も交えて具体的に説明し、実務上の対応策についても解説します。

プログラム

Ⅰ 改正意匠法の狙い

Ⅱ 改正意匠法の読み方
 1.建築物、内装の意匠
 2.クラウド上の画像デザインの意匠
 3.関連意匠の10年後だし
 4.建築物、画像、物品の組物の意匠
 5.創作非容易性の水準の引き上げ
 6.機能的意匠の保護除外
 7.意匠権の存続期間の延長(20年→25年)
 8.間接侵害規定の拡充
 9.損害賠償額算定基準の見直し
 10.その他
  1)複数意匠一括出願
  2)物品区分の取り扱いの見直し
  3)手続救済規定の拡充

Ⅲ 改訂意匠審査基準の読み方

Ⅳ 改正意匠法と実務対応策
 1.意匠調査
 2.出願
 3.中間処理
 4.意匠権侵害

Ⅴ 改正意匠法のリスクと活用法

Ⅵ 他社動向(出願する会社としない会社)

*最新情報・動向を繰り込むため、内容を一部変更させていただく場合がございます

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 20,900 19,000 1,900
SMBC経営懇話会会員 24,200 22,000 2,200
会員以外のお客様 27,500 25,000 2,500

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから