• SMBC
  • SMBCグループ

多様な部下を効果的に育成し成果を上げる

【セミナー研修】
【午後】多様な部下を育てる 管理職のコミュニケーション

~相性の合わない部下がいなくなる新アプローチ~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2020年03月09日(月) 14:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

※【1日コース】もございます(下記よりお申込ください)
 部下育成のためのPDCAマネジメント/コミュニケーション

昼食

2020年03月09日(月) 昼食はご用意いたしません

対象者

管理職、リーダー、部下・後輩の指導を行う方

講師

株式会社コラボプラン  代表  河村 庸子 氏
河村 庸子 氏

略歴:早稲田大学卒業後、株式会社リクルートに入社。大規模なシステムや商品の開発、米・中・比での海外業務、国内外8事業の経営/マネジメントを経験。営業組織のマネジメント改革で業績をV字回復したことをきっかけに、2012年に独立。組織の人間関係、やる気、行動力を押し上げる、マネジメントの「しくみ」とリーダーの「人間力」を展開することを使命とし、2012年に独立。英国国立レスター大学MBA。

著書:「生産性マネジャーの教科書」「リーダーの戦術ノート」


概要(狙い)

企業を取り巻く環境が急激に変化する中で、管理職のマネジメントは困難を極めています。変化に対応し事業の成長を持続するためには、多様な部下を活かし、組織のPDCAを上手くまわしていくことが必要です。
この講座では、部下の自立を促進しパフォーマンスを高めるコミュニケーションについて、演習を通じて実践的に学びます。

効果 到達目標

●上司と部下のすれ違いの要因を、「認識スタイル」の視点から解明します
●部下のパフォーマンスを引き出す言葉の活用方法を理解します

プログラム

1.「認識スタイル」とは何かを知る
  1)脳が認知する情報をフィルタリングする「認識スタイル」が思考パターン・やる気・行動パターンに影響する
  2)「認識スタイル」を意識すると、「言葉」で相手を予測し「言葉」で相手に影響を与えられる

2.上司の「マネジメントスタイル」と部下の「行動特性」の違いを把握する
  1)仕事への「主体性」と「方向性」の違いでお互いに批判的な気持ちが起きる
  2)「コミュニケーションの焦点」が言語/非言語のどちらに向くかで誤解が生まれる

3.部下が納得しない理由を「情報の与え方」の観点から考察する
  1)お互いが伝える情報の粗さ/細かさが違うと、話がかみ合わない
  2)部下が優位な視覚・聴覚・体感覚に情報を与えないと、納得感が醸成できない

4.部下のパフォーマンスが低い理由を「仕事の与え方」の観点から考察する
  1)「判断基準が明確な部下」と「アドバイスが必要な部下」
    同じ任せ方ではやる気が出ない
  2)「常に他のやり方を求める部下」と「決まった手順に従う部下」
    同じ指示では動けない
  3)仕事に変化を求めるサイクルは、人によって1年~20年以上の幅がある

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 16,500 15,000 1,500
SMBC経営懇話会会員 19,800 18,000 1,800
会員以外のお客様 22,000 20,000 2,000

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから