• SMBC
  • SMBCグループ

ヒューマンエラーはなぜ起こるのか?

【セミナー研修】ポカミス うっかり(ヒューマン)エラー防止の具体策【製造・物流編】

ヒューマンエラーへの対策について解説します

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
2020年06月03日(水) 14:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします

昼食

2020年06月03日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

・ヒューマンエラー防止に興味・関心のある方
・ヒューマンエラーの切り口から改善を考えておられる方

講師

株式会社 日本能率協会コンサルティング 品質革新センター チーフ・コンサルタント 大西 弘倫 氏
大西 弘倫 氏

主な得意分野:IE(インダストリアル・エンジニアリング)をベースにした生産性向上、コストダウン、品質改善、間接部門の効率化、ヒューマンエラー防止
略歴:1994年3月九州大学法学部卒業後、大手印刷会社を経て、1998年、㈱日本能率協会コンサルティング入社。各種メーカー、サービス業など企業から官公庁、自治体、医療機関まで幅広く、生産性向上に取り組んでいる。安全・安心を実現するためにヒューマンエラー防止のテーマを得意としている。
著書:「『病院の業務』まるまる改善-今すぐ使える、効果が出る!」共著(日本医療企画)など


概要(狙い)

ヒューマンエラー要因や対策の検討が表面的で場当たり的ではヒューマンエラーが再発します。そのような事態を防ぐためには、ヒューマンエラーそのものをよく知り、対策をいろいろな角度から網羅的に検討できる力が必要です。本セミナーでは、ヒューマンエラー発生のメカニズムとそのメカニズムを踏まえた対策の方向性を解説します。業種業界を問わず、ヒューマンエラーの切り口からの改善を試行錯誤されておられる方々のご参加をお待ちしております。

※1日コースもございます

効果 到達目標

・ヒューマンエラー発生のメカニズムとそのメカニズムを踏まえた対策の方向性を理解できるようになる

参加者の声

● 受身(再発防止)ではなく、積極的に(未然防止)ミス対策をしていきたいと思います。
● 実際の現場の例をあげながら解説してくれたので良かった。
● 専門用語をわかりやすい言葉に置きかえてお話ししてくださったのでわかりやすかった。

プログラム

1 ヒューマンエラー発見のための基礎知識
 1)【演習】ヒューマンエラーリスクの抽出
 2)ヒューマンエラーの定義
 3)人の情報処理システムとヒューマンエラーのタイプ

2 ヒューマンエラー対策の基本的な考え方
 1)ヒューマンエラーを取り巻く構造
 2)ヒューマンエラーに関する対策の4つの視点
 3)【演習】ヒューマンエラー対策を考えてみる

3 ヒューマンエラー要因抽出の視点と対策の方向性
 1)「人の関与の排除、低減」対策の視点
 2)「要因の排除、抑制」対策の視点
 3)「エラーの回避、無効化、発見、対処」対策の視点
 4)「不具合、被害の最小化」対策の視点

4 再発防止から未然防止へ
 ・「ヒューマンエラーに強い職場づくり」の目指す姿と発展の段階

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 17,600 16,000 1,600
SMBC経営懇話会会員 20,900 19,000 1,900
会員以外のお客様 23,100 21,000 2,100

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから