• SMBC
  • SMBCグループ

2020年施行のパワハラ新法で待ったなし!

【セミナー研修】パワハラにならない叱り方と自分自身のアンガーマネジメント

感情をコントロールし叱り上手の上司となる

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
2020年06月11日(木) 10:00~ 17:00

TKP大阪淀屋橋カンファレンスセンター
大阪府大阪市北区中之島2-2-2
大阪中之島ビルB1 (旧ニチメンビル)
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします

昼食

2020年06月11日(木) 昼食はご用意いたしません

対象者

部下をおもちの全ての方、人事担当者、経営幹部

講師

株式会社 マネジメント・ラーニング 代表取締役 博士(政策科学) 久保田 康司(くぼた やすし)氏
久保田 康司(くぼた やすし)氏

主な得意分野:ビジネススキル、階層別教育、リーダーシップ
略歴:関西大学、関西学院大学大学院(MBA)、神戸大学大学院(MBA)。同志社大学大学院(博士)。鐘紡、ユー・エス・ジェイ、SMBCコンサルティングを経て現在に至る。人材育成の多方面に精通しており、わかりやすい解説と受講生を惹きこむセミナー内容が好評を博している。
主な資格:(一財)生涯学習開発財団認定プロフェッショナルコーチ
著書:「上司の自律性支援とコーチングが部下の動機づけに与える影響」文眞堂、「最強のチームをつくる10の鉄則-チームづくりから部下育成までの職場リーダー学」セルバ出版、「ビジネスリーダーのためのファシリテーション入門」同文舘出版


概要(狙い)

職場でのパワハラ防止策が2020年春から法律で義務付けられます。厚生労働省のパワハラの定義や具体例を盛り込んだ指針案も具体化されました。このため、部下をもつ方々はより一層指導に留意をする必要が出てきました。また、パワハラに関する正しい知識をもっていないが故に、「パワハラと言われるのが嫌だから叱りたくない」という管理職の声も聞こえてきます。ただ、そのようなマネジメントを続けていると、部下は管理職を疎んじ組織はいつか崩壊してしまいます。
そこで本セミナーではパワハラの定義を明確にした上で具体的にどのように部下と接すれば良いか、自分の感情をコントロールすれば良いのかを演習を交えて習得していただきます。
管理職の方の早めの受講をお薦めします。

効果 到達目標

・パワーハラスメントが何かを理解できるようになる
・パワーハラスメントを理解した上で、部下に適切な指導ができるようになる
・自分の怒りの感情をコントロールしつつ、相手に言うべきことは言えるようになる

プログラム

Ⅰ.パワハラにならない叱り方

1.待ったなし! 2020年施行のパワハラ新法とは
1)企業に求められる対策強化
2)労働者にも求められる責務
3)改めて考えるパワーハラスメントの定義
4)パワーハラスメントの類型化

2.問題の本質は上司のマネジメント力である
1)上司のマネジメント力とは
2)叱れない上司に問われる責任
3)失敗の報告が上がらない上司は黄信号?

3.パワハラのグレーゾーン
1)グレーゾーンとはどのような範囲なのか
2)強制はパワハラか
3)相手がパワハラと思えばパワハラか
4)グレーゾーンを個別に判断する

4.パワハラにならない部下の叱り方
1)なぜ部下を叱れないのか
2)叱ると怒るの違い
3)理性的な叱り方5つのステップ
STEP1:心のバリアを下げる
STEP2:事実を確かめて指摘する
STEP3:質問する
STEP4:助言する
STEP5:期待を伝える


Ⅱ.自分自身のアンガーマネジメント

1.怒りが発生するメカニズム
1)あなたはどんな時に怒りますか?
2)怒りはどのように起こるのか
3)瞬間湯沸かし器
4)感情をマネジメントするとは

2.自分の怒りを分析し対処する
1)自分の怒りを分析する
2)認知を変える
3)べき論を変える
4)イライラ感を可視化する
5)イライラ感を蓄積しない
6)点火しない

3.相手に配慮しつつ言うべきことは言う
1)アサーティブな態度を意識する
2)アサーティブな人の特徴
3)言う前に構造化して整理する
4)言う時の口調に気をつける

4.アンコンシャス・バイアスに気をつける
1)カテゴリーとステレオタイプ
2)偏見とは
3)アンコンシャス・バイアスとは何か
4)アンコンシャス・バイアスの弊害
5)アンコンシャス・バイアスによっておこる不都合

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 27,500 25,000 2,500
SMBC経営懇話会会員 30,800 28,000 2,800
会員以外のお客様 35,200 32,000 3,200

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから