• SMBC
  • SMBCグループ

監査役等実務マスターコース
監査役等に必須の知識を2日間で習得

【セミナー研修】
監査役等実務マスターコース【全2日間】

~必要な法律知識、内部統制の理解と業務監査・会計監査の実務~

東京

満員御礼!!募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
第1講 【セミナー研修】
監査役等業務の基本と実務ポイント

講師: 若松 弘之 氏
2020年07月07日(火) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

第2講 【セミナー研修】
内部統制の基本と実務の具体例

講師: 野田 弘子 氏
2020年07月08日(水) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください
※【全2日間】受講の場合、割引適用価格となります(ページ下の【申し込む】までお進みください)
※各講(1日単位)選択いただけます(上記よりお申込ください)

昼食

2020年07月07日(火) 昼食はご用意いたしません
2020年07月08日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

監査役等、監査役スタッフ
(新任者・候補者の方から受講可能です)

講師

若松弘之事務所  代表公認会計士 税理士  若松 弘之 氏
若松 弘之 氏

略歴:1995年 有限責任監査法人トーマツ東京事務所に入所後、国内監査部門にて、上場企業の法定監査業務を中心にしながら、中小企業等の株式上場準備業務等にも従事。2008年 同法人を退職し、公認会計士若松弘之事務所を独立開業。上場企業等の社外役員、地方自治体の各種専門委員、早稲田大学院講師などを歴任し、各種実務セミナーや企業研修講師としても活躍中で、豊富な実務経験を活かした実践的でわかりやすい講義には定評がある。

著書:「こんなときどうする 会社の経理 Q&A」(共著)

プロビティコンサルティング株式会社  代表取締役 公認会計士  野田 弘子 氏
野田 弘子 氏

略歴: 東京大学法学部卒。約20年にわたり、複数の外資系金融機関で経理部長を歴任し、財務報告、管理会計、税務関連業務等、広く財務経理業務に携わる。
2006年より会計コンサルタントとして、経理部門の活性化、企業研修、公開セミナー等に取り組んでいる。
2010年にプロビティコンサルティング株式会社を設立し、現在に至る。三井海洋開発株式会社/岡部株式会社 社外取締役。


概要(狙い)

企業不祥事や製品事故等はとどまるところを知らず、些細なことから大きなリスクへと発展することも少なくありません。
こうした状況から、コーポレート・ガバナンスの強化が図られ、監査役等の責任や役割は従来と比べものにならないほど、
重くなってきています。
「監査役等実務マスターコース」では、監査役等や監査役スタッフの新任者を対象に、会社法等の法律知識や内部統制の基本と
業務監査・会計監査の実務ポイントを2日間で習得します。具体的な事例を踏まえてわかりやすく解説を進めます。

プログラム

第1講 2020年7月7日(火) 10:00~17:00
「監査役等業務の基本と実務ポイント」 講師:若松 弘之 氏

1.監査役とは
  1)会社法における監査役の位置付け
  2)監査役の法的責任と権限
  3)監査等委員会設置会社とは?

2.監査役業務の基本
  1)監査役と監査役会
  2)監査役監査の年間スケジュール
  3)監査計画の策定ポイント
  4)監査調書の作成
  5)監査報告の実務ポイント
  6)三様監査とは

3.業務監査の実務ポイント
  1)取締役(会)に対する監督
  2)会社法における内部統制システム
  3)経営判断の妥当性とリスク管理
  4)業務監査の具体的手続と実務ポイント
  5)グループ企業の監査
  6)事業報告の監査

4.会計監査の実務ポイント
  1)会計監査における監査役の役割
  2)会計監査人との連携
  3)会計監査の具体的手続と実務ポイント
  4)会計監査における監査要点
  5)監査要点を確認する重要な監査手続
  6)会計監査人非設置会社における会計監査
  7)財務報告・監査制度
  8)昨今話題の「KAM」とは?

5.監査役の使命と役割
  1)新任監査役になったら
  2)経営トップとの距離感
  3)平時の準備と有事の危機対応
  4)監査役監査の実効性の確保
  5)企業価値を守る監査役
  6)期待される監査役像


第2講 2020年7月8日(水) 10:00~17:00
「内部統制の基本と実務の具体例」 講師:野田 弘子 氏

1.内部統制はなぜ必要なのか? 
  1)会社という仕組みから考える内部統制の必要性 
  2)知っておきたい資本市場の変化 
    ~コーポレートガバナンス、スチュワードシップコード、エンゲージメントとは? 
  3)内部統制の目的 
    ●業務目的 
    ●報告目的 
    ●コンプライアンス目的 
   
2.内部統制の基本的要素 
  1)統制環境 
    ●統制環境に含まれる一般的事項とは 
  2)リスク評価 
    ●リスクの識別・分類・分析・評価・対応 
  3)統制活動 
    ●コントロールサイクル 
  4)モニタリング 
    ●モニタリングが有効であるためには 
  5)情報と伝達 
    ●リスク評価、統制活動、モニタリングを支える 
   
3.金融商品取引法の内部統制 
  1)金融商品取引法が求める内部統制の全体像 
  2)評価範囲の決定 
  3)内部統制の有効性の評価 
  4)IT統制の考え方 
   
4.会社法の内部統制
  1)会社法が求める内部統制の概要 
  2)18項目の決議内容 
  3)開示事例 
  
5.不正事例から考える内部統制の具体例 
  1)全社統制の具体例 
  2)業務プロセス統制の具体例 
  3)決算・財務報告プロセス統制の具体例 

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 55,000 50,000 5,000
SMBC経営懇話会会員 63,800 58,000 5,800
会員以外のお客様 71,500 65,000 6,500

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから