• SMBC
  • SMBCグループ

新任役員・次世代経営幹部のためのエグゼクティブ・プログラム

【セミナー研修】新任取締役・執行役員セミナー【2日間コース-G】
「会計と意思決定」「顧客価値創造経営の戦略」

勝ち残りをかけたリーダーの役割とマネジメント

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
第1講 【セミナー研修】新任取締役・執行役員セミナー【1日コース-E】
「会計と意思決定」

講師: 金子 智朗 氏
2020年08月05日(水) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
第2講 【セミナー研修】新任取締役・執行役員セミナー【1日コース-D】
「顧客価値創造経営の戦略」

講師: 佐竹 隆幸 氏
2020年08月07日(金) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします

昼食

2020年08月05日(水) 昼食はこちらでご用意いたします
2020年08月07日(金) 昼食はこちらでご用意いたします

対象者

取締役・執行役員(特に新任の方におすすめします)・次世代経営幹部候補者

講師

ブライトワイズコンサルティング合同会社  代表社員 
公認会計士・税理士  金子 智朗 氏
金子 智朗 氏

略歴:1965年生まれ。東京大学工学部、東京大学大学院工学系研究科修士課程卒業。日本航空㈱において情報システムの企画・開発に携わる間に公認会計士試験に合格。プライスウォーターハウスコンサルタント㈱を経て、2000年に独立。現在、ブライトワイズコンサルティング合同会社代表社員。実務経験に基づく会計とITの専門性を活かし、会計全般、業務プロセス、内部統制、ITに関するコンサルティングを幅広く行うとともに、企業研修や講演も多数行っている。名古屋商科大学大学院ビジネススクール教授も務める。

著書:「ケースで学ぶ管理会計」「合理性を超えた先にイノベーションは生まれる」「経営分析の超入門講座」「管理会計の基本がすべてわかる本」「MBA財務会計」他多数。

関西学院大学 経営戦略研究科 教授 佐竹 隆幸 氏
佐竹 隆幸 氏

略歴:関西学院大学経済学部卒業、1990年関西学院大学大学院経済学研究科博士後期課程退学、兵庫県立大学(旧神戸商科大学)教授を経て、兵庫県立大学名誉教授。中小企業・産業構造・企業倫理・地域振興を中心に研究活動に従事。日本中小企業学会副会長、兵庫県参与、ひょうご産業活性化センター評議員、啓明学院理事、兵庫県芸術文化協会理事、兵庫県中小企業家同友会顧問、その他尼崎市・吹田市・たつの市・三木市・加東市等審議会会長など行政・経済団体等の役職を務める。㈱メック取締役(社外)、神鋼鋼線工業㈱取締役(社外)。全国各地で講演・研修実績をもつ。
著書:『「地」的経営のすすめ』(神戸新聞総合出版センター、2012年)、『「人」財経営のすすめ』(神戸新聞総合出版センター、2014年) 
編著書:『現代中小企業のソーシャル・イノベーション』(同友館、2017年)他。


概要(狙い)

企業経営を担うビジネスリーダーのための実践的トレーニング「新任取締役・執行役員セミナー」が開講。
日本経済は、これまでの景気回復基調から一転して、足下で大幅に下押しされており、厳しい状況にあることが政府により発表されました。
景気は後退局面に入り、予期せぬ経営環境の変化によって、当面の利益の確保と中長期的な需要動向を見極めつつ、この困難な局面を乗り越えていかなければなりません。
このような環境の下、取締役や経営幹部には、経営環境を見極めた戦略の立案と、変革を推し進める経営マインドや強力なリーダーシップが求められます。
「新任取締役・執行役員セミナー」は、新任役員や次世代経営幹部候補者の方に必要な会計、リーダーシップ、コンプライアンス等の実践的な知識を身につけていただき、リーダーとしてマネジメントの現場で活用していただくことを目的としたプログラムです。

※「成長し続ける戦略の方向性」のプログラムは状況にあわせて変更になる可能性があります。

プログラム

8月5日(水)「経営の意思決定と会計知識」/講師:金子 智朗 氏

【1】会計の種類とそれぞれの目的
 1.会計の種類
  ・外部に報告するための「財務会計」
  ・マネジメントに役立てる「管理会計」
 2.避けて通れないIFRS(国際会計基準)の影響

【2】財務諸表の見方・読み方
 1.財務諸表の基本構造
  ・主要3表の相互連関
  ・貸借対照表(B/S):左右の関係と上下の関係
  ・損益計算書(P/L):段階的利益計算と各利益の意味
  ・キャッシュ・フロー
 2.収益性
  ・「収益性」とは資本利益率である
  ・2つの指標 ROAとROE
  ・ROAを分解する
   実在企業の収益性分析<ケーススタディ>
 3.生産性
  ・生産性とは経営資源の活用度
  ・ポスト資本主義時代の生産性の意義
   実在企業の生産性<ケーススタディ>

【3】意思決定のために会計をどう役立てるか
 1.意思決定に役立たなければ管理会計ではない
  ・比較対象の明確化
   損失額はいくらか<演習>
  ・管理会計特有の埋没コストと機会コスト
   追加受注するか否かの意思決定<演習>
 2.管理会計をカタチにする
   強化・撤退すべき部門はどれか<演習>
  ・変動費と固定費を分ける
  ・固定費を個別と共通に分ける
  ・個別固定費を管理可能性で分ける
  ・共通部門の予算差異を分離する
  ・配賦について考える
  ・利益の源泉は顧客
   組織戦略と管理会計<ケーススタディ>

【4】「合理性を超える」意思決定
 1.合理性のワナ
 2.合理性を超えて成功したケース
  ・サムスン、グーグル、アップル
 3.これからのガバナンスのあり方


8月7日(金)「成長し続ける戦略の方向性」/講師:佐竹 隆幸 氏

【1】日本的経営こそ強み
 1.日本的経営の矛盾:担保主義保証制度
 2.日本的経営の進化:「超血縁性」と「系譜性」、「階統性」…「うちの会社」

【2】企業価値=顧客価値
 1.コーポレートガバナンス・コード…株主視点
 2.「ES」、「CS」、[CSR]…顧客価値創造経営の実現

【3】企業経営の3本の矢:「連携」「経営革新」「理念型経営」
 1.地域・社員・顧客・業界にとってなくてはならない企業へ。5つのイノベーションによる強い企業づくり

【4】経営品質の高い企業
 1.E(環境・エコ)・S(社会)・G(ガバナンス)における企業の社会的責任・企業倫理・経営理念からみる、よい企業づくり

【5】これからの戦略的方向性
 1.持続可能な経営の実践行動
 2.企業の存立条件 経営革新を縦軸に、経営品質を横軸とした融合戦略
 3.共通価値の創造(CSV)…価値共づくり

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 65,340 59,400 5,940
SMBC経営懇話会会員 73,260 66,600 6,660
会員以外のお客様 83,160 75,600 7,560

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、お電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから