• SMBC
  • SMBCグループ

法律知識から実践へ 人事初心者がやさしく理解できる

【セミナー研修】
人事担当者に必要な労務管理の基礎知識

~働き方改革の時代に求められる労務管理の実務~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2020年09月15日(火) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください

昼食

2020年09月15日(火) 昼食はご用意いたしません

対象者

人事・総務部門の初心者、新任者
人事労務管理の基本を理解したい方

講師

社会保険労務士事務所 フォーアンド  社会保険労務士 
株式会社 フォーアンド 代表取締役  小山 貴子 氏
小山 貴子 氏

略歴:1992年リクルート入社。HR事業部に12年在籍。入社時は創刊したばかりの求人誌「ガテン」の営業に配属。その後、中途全般、新卒、教育の営業と業務範囲を広げ、個人事業主から上場企業まで2,000社を超えるお客様とやり取り。育児休業取得後、復帰し、2004年退社。その後、ベンチャー企業の採用責任者として立ち上げから6年勤務後、社労士事務所を経て独立。現在は、「採用」を入り口として「教育・育成」「労務管理」と、企業の“人”に関わる部分のトータルコンサルティグに携わっている。



概要(狙い)

昨今、企業をとりまく経営環境や労働者の働き方、働く意識がますます多様化しています。政府が提唱する「一億総活躍社会」からも「女性活躍」「非正規労働者」「障がい者」「高齢者雇用」「介護離職0」といったさまざまな立場の人たちへの雇用のあり方が問われており、また「残業問題」「うつ病」に代表される労働者の健康問題が取りざたされ、労働に関する悩ましい問題・課題は増えるばかりです。こうした中、企業として・個人として成長していくためにも、労使双方が働きやすい環境づくり、制度づくりをしていくことが望まれる時代になっており、人事労務管理の重要性が高まっています。
本セミナーでは、ワークをおりまぜながら、楽しく、自社の置かれた環境を理解し、人事労務管理に関する知識を身につけていただけます。

効果 到達目標

◎世の中で起こっている人事問題を理解し、自社の置かれている環境を考えることができる
◎採用から退職までの一連の労務管理の基礎知識を習得できる
◎人事担当者として、社員や人事部内でのコミュニケ―ションに自信がもてるようになる

プログラム

1.人事をとりまく社会環境
  1)日本の人口数・人口ピラミッド・有効求人倍率の推移
    ●2008年がピーク
     明治維新後、100年で増加し、100年で減少する?
    ●生産年齢人口の推移等
  2)新しい働き方の模索
    ●テレワーク
    ●地方の在り方
    ●副業、複業、兼業
    ●女性活躍・介護離職0等から考える時短勤務
    ●非正規労働者・障がい者・高齢者等の雇用

2.人事の全体的な流れと人材採用の知識
  1)人事業務の季節の流れ
  2)採用の知識
    ●採用の流れをつかむ
     -人事戦略・採用計画の立案
     -採用プロモーション
     -応募者対応
     -会社説明会
     -選考・面接
     -内定
     -入社前フォロー
     -入社
     -入社後
  
3.国の定めている労務管理のルール
  1)労働法の全体像
    ワーク 考えてみよう!ルールとは?
    ●労働法とは
    ●効力の関係図
    ●労働組合とは
    ●就業規則とは
  2)労働者
    ワーク 考えてみよう!労働者とは?
    ●「労働者」って誰のこと、いつから「労働者」
  3)労働条件
    ワーク 考えてみよう!労働条件とは?
    ●「労働条件」は誰が決める
    ●休職
  4)労働時間
    ワーク 考えてみよう!労働時間とは?
    ●基本は「法定労働時間」
    ●休憩・休日・休暇
    ●つみあげたり・ゆるめたり
    ●特別の配慮
    ●いわゆる「残業」
    ●労働時間は誰が決める?
  5)賃金
    ワーク 考えてみよう!「賃金」とは?
    ●給与・報酬・ご褒美・お小遣い
    ●「賃金」の大原則
    ●休んでもらえる賃金
    ●契約以上にもらえる賃金
    ●ボーナス・退職金
    ●いろいろなルール・制度
  6)退職
    ワーク 考えてみよう!退職とは?
    ●「退職」=「雇用契約の終了」
    ●「誰が終わらせたがっているのか」によって違いがある
  7)懲戒
    ワーク 考えてみよう!懲戒とは?
    ●会社のしきたり
    ●罰の限度
    ●懲戒となる事由

4.労働法の改正と企業経営への影響~昨今の法改正~   
  1)働き方改革関連法の概要
  2)労働生産性向上に向けての取り組み方
  3)同一労働同一賃金の実務

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 27,500 25,000 2,500
SMBC経営懇話会会員 30,800 28,000 2,800
会員以外のお客様 35,200 32,000 3,200

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから