• SMBC
  • SMBCグループ

財務諸表を基礎から理解できる

【セミナー研修】決算書の読み方と使い方

~財務諸表(P/L・B/S・C/F)を理解し、適切な経営分析力を身につける~

東京

日時と会場

参加者料金を確認する
2020年11月10日(火) 10:00~ 17:00

三井住友銀行呉服橋ビル
東京都中央区八重洲1-3-4

※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、必ずご連絡をお願いいたします
※会場は当日1F掲示板にてご確認ください
※電卓をお持ちください

昼食

2020年11月10日(火) 昼食はご用意いたしません

対象者

・経理新任者、簿記・会計初心者(所属・経験は問いません)
・会計に苦手意識がある全ビジネスパーソン
・決算書の読み方と使い方を最短で着実に身につけたい方

講師

川口公認会計士事務所 公認会計士  川口 宏之 氏
川口 宏之 氏

略歴:略歴 2000年より、国内大手監査法人である監査法人トーマツにて、主に上場企業の会計監査業務に従事。
2006年、国内大手金融グループ系証券会社にて、主に新規上場における引受審査業務に従事。
2008年、これまでの経験を活かし、ITベンチャー企業の取締役兼CFOに就任。
その後、独立系コンサルティング会社にて、多種多様な会計関連のコンサルティングを経験。
現在は、一般のビジネスパーソン向けに「会計」の面白さや有益性を広めるべく、セミナー・研修 ・講演活動や、書籍などの執筆活動に尽力している。

著書:「決算書を読む技術」「決算書を使う技術」(かんき出版)、「いちばんやさしい会計の教本」(インプレス)


概要(狙い)

優秀なビジネスパーソンはほぼ例外なく、数字で物事を判断する「会計思考力」を身につけ、当然のように決算書を読み解き、ビジネスに活用しています。このようなスキルは、実はほんのちょっとしたコツを覚えるだけで誰でも身につけることができるのです。
このセミナーでは、決算書を図に置き換えて分析する手法を学び、実在する有名企業の決算書をケーススタディとした財務分析のワークを多数行います。多数の企業事例を紹介するため、企業の経営戦略がどのように決算書に反映されているのかが肌感覚で分かるようになります。また、特定の会社のナマの決算書を使って、その読み解き方を具体的にレクチャーするため、受講後すぐに実践で使えるスキルとなります。最近、新聞や雑誌で頻繁に登場する「ROE」「ROA」などの経営指標も、図解でスムーズに理解できます。

効果 到達目標

◎財務3表を読み解き、企業の実態を会計数値から把握する力を習得する
◎基本的な財務分析と経営指標の本質を理解できる
◎実際のビジネスと会計上の数字との関係性を理解できる

プログラム

●決算書とは何を指すのか?
●損益計算書、5つの利益を理解する
●貸借対照表、資産・負債・純資産を理解する
●簡単な財務分析~収益性分析、安全性分析
●実際に決算書を読み解く

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 27,500 25,000 2,500
SMBC経営懇話会会員 30,800 28,000 2,800
会員以外のお客様 35,200 32,000 3,200

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合、および入金済の方はお電話にてご連絡下さい。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
  代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから