• SMBC
  • SMBCグループ

新任部長職セミナー
部長は業績の革新・向上を指揮する部門の経営者。課長とは全く違う職責を学びます

【セミナー研修】新任部長職に求められる役割と実務

現場を知り尽くしたベテラン講師が丁寧に解説します

大阪

日時と会場

参加者料金を確認する
2021年06月09日(水) 10:00~ 17:00

弊社セミナーホール(大阪)
大阪市北区中之島2-2-7
中之島セントラルタワー17階
※受付は30分前より開始いたします
※欠席・遅刻の場合は、ご連絡をお願いいたします

昼食

2021年06月09日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

新任部長、部長候補、現在部長の方で改めて部長としての職責について学びたい方

講師

人材パワーアップコンサルティング株式会社 代表取締役社長 二宮 靖志 氏
二宮 靖志 氏

主な得意分野:人事制度構築、マネジメント研修
略歴:松下電工㈱(現パナソニック)人事労務部門、ベンチャー企業の役員、経営コンサルティング会社役員を歴任、2007年から現職。上場企業から中小企業まで、経営課題に直結する組織・人事改革をはじめ、目標管理・戦略実行の現場指導に日々邁進している。人事制度構築に関する公開セミナー、雑誌寄稿などの実績多数。SMBCコンサルティングの取締役セミナー講師などの実績がある。
著書:『部下を育てて自分も育つ5つのマネジメント・プロセス』『経営人事ノート「人」と「企業」を強くする人事制度構築』


概要(狙い)

部長とは、業績の革新・向上を指揮する部門の“経営者”でなければなりません。部長には、企業経営の一角を担い、既存の部門経営を根底から切替え、新しい会社を創りあげるスタンスで業績向上に格闘することが求められます。そう考えると、部長のポストに就くには単なる課長からの延長線(昇進)ではなく、退路を断って部門経営者の一角に加わる覚悟が必要です。特に、中堅・中小企業の部長とは、業界に名をはせる「仕事のプロフェッショナル」であり、「会社の顔」であり、なおかつ「経営トップの右腕」でなければなりません。加えて「社員にとっての目標」であることも欠かせない要件です。本セミナーでは、ミドルマネジメントとトップマネジメントの違いを学び、部長の職責に果敢に挑戦するための具体策を考える機会とします。ぜひご参加ください。

※本セミナーは、「新任部長職セミナー【全3講】」のカリキュラムに設定されております。

効果 到達目標

・トップからも部下からも信頼される部長になることができる
・めざす姿・方向性を示す上司になることができる
・“あんな部長になりたい”と言われる上司になることができる

プログラム

●部長の仕事[部門戦略立案と革新的業績向上]
●成長・収益・経営効率・生産性[経営の着眼点]
●マネジメントの仕組み確立[5つのプロセス確立定着]
●B/S、P/Lを改善させる仕事[業績向上ツリー]
●経営の土台を固める重点施策[課題は何か・なぜか]
●部長が進める人の育成[人を育てるチームづくり]

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 27,500 25,000 2,500
SMBC経営懇話会会員 30,800 28,000 2,800
会員以外のお客様 35,200 32,000 3,200

※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※セミナーは、開催日の前営業日の午後3時までにお申し込みください。
  (弊社営業日は、土・日・祝日・年末年始を除く平日)
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
 また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
 HPからお手続きができない場合、お電話にてご連絡下さい。
 開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。
 代理出席は受付いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから