• SMBC
  • SMBCグループ

契約の基本から裁判例にみる実務上の留意点まで

Webセミナー
システム開発・保守契約のレビューの仕方とトラブル発生時の対応演習(2021年10月15日収録)

~IT用語、法的概念、裁判例に基づいた解説とケースを用いた実践~

東京

このセミナーの募集は終了いたしました。

(次回の開催予定等はこちらから検索をお願いします。)

日時と会場

参加者料金を確認する
2021年12月08日(水) 15:00~ 19:00

WEBセミナー
本セミナーは、職場やご自宅の端末よりご視聴いただくWEBセミナーです。

【視聴期間】
2021年12月8日(水)15:00~2021年12月21日(火)まで

【申込期限】
2021年12月6日(月)15:00まで

【講義時間】
約4時間

☆必ずお読みください
※本セミナーは、2021年10月15日に収録したSMBCビジネスセミナーをアーカイブ動画配信するWebセミナーです。視聴期間:2021年12月8日(水)15:00~2021年12月21日(火)まで繰り返しご視聴いただけます。職場やご自宅の端末より視聴URLへアクセスのうえご視聴ください。
※システムの都合上、開催日時、会場、昼食等の記載がございますが、会場での開催はございませんので、ご了承ください。
※お申込み後、ご登録メールアドレスへ自動送信される申込受付メールや受講リマインドメールにて、受講証のご案内・当日のご案内がございますが、本セミナーはWebセミナーのため、受講証のダウンロードは必要ございません。

☆動作環境チェックのお願い(必須)
株式会社ネクプロ(https://nex-pro.com/)の配信プラットフォームにより配信いたします。
お申込みの前に、以下のテスト視聴サイトで動作環境の確認をお願いいたします。(事前に必ずご確認ください。)
PC、通信環境、セキュリティの設定によってはご視聴いただけない場合があります。別の環境からご受講をお願いいたします。

テスト視聴サイトはこちら

昼食

2021年12月08日(水) 昼食はご用意いたしません

対象者

総務・法務・情報システム・購買部門等担当者

講師

牛島総合法律事務所  パートナー 弁護士  影島 広泰 氏 
影島 広泰 氏 

略歴:一橋大学法学部卒業。2003年弁護士登録、牛島総合法律事務所入所。ITシステム・ソフトウェアの開発・運用、個人情報・プライバシー、ネット上のサービスや紛争に関する案件を中心に、企業法務の第一線で活躍。わかりやすく、ポイントを押さえた指導・解説には定評がある。日本経済新聞社「企業法務・弁護士調査」(2019年)のデータ関連で「企業が選ぶ弁護士ランキング」1位。


概要(狙い)

システムの開発・保守契約においては、IT技術に関する専門的な概念に対する理解と、様々な裁判例をベースとした実務的知識が求められます。また、トラブルが発生した場合に、和解で「手を打つ」のか、訴訟にするのかといった判断をする際には、これまでに蓄積された裁判例に対する理解が不可欠です。
本セミナーでは、様々なIT契約について、契約のレビューのポイントからトラブルシュートまで、IT用語、法的概念、裁判例に基づいた実務的な解説したうえで、架空のシステム開発事例を想定し、トラブル発生時に書類のどこを確認すべきかなどを演習形式で検討していきます。

効果 到達目標

◎様々なIT契約におけるレビューのポイントとトラブル発生時の留意点を理解できる
◎仮に想定したケースを用いた演習を通じて、契約書のレビューや交渉のポイントをおさえることができる

プログラム

【Webセミナー視聴方法】
1.Webセミナー開催当日(12/8)の開始時刻前に、事務局(「@smbc-consulting.co.jp」からのメール)より参加者様のご登録メールアドレスへ視聴URLをご連絡いたします。 
2.Webセミナー開始時刻より、インターネット通信環境で視聴URLへアクセスのうえ、ご視聴ください。 
3.Webセミナーで使用する配布資料は視聴画面よりPDFでダウンロードいただけます。なお、質疑応答はございません。
 
受講の流れはこちら

【注意事項】
※動画はストリーミング配信形式となります、ダウンロードはできません。 
※視聴期間を過ぎると、動画の視聴及び配布資料のダウンロードはできなくなります。
※Webセミナーの修了証は発行しておりません。 
※1契約につき、1名様分の視聴URLを発行いたします。同URLで複数名のご利用はご遠慮ください。 
※セミナー動画の録画・録音・配布資料の複製、視聴URLの再配布につきましては、一切禁止とさせていただいております。 
※視聴にあたってのシステムサポートは対応致しかねますのでご了承ください。 

【プログラム】
1.ITシステム開発委託契約
  1)契約書レビューのポイント
    ●多段階契約と一括契約の違い
    ●請負と準委任はトラブルになったときにどのような違いを生むか
    ●民法改正の影響と契約実務
    ●責任制限条項のワーディングのポイント

  2)トラブル発生時の金銭負担とプロジェクト中止の判断
    ●プロジェクト・マネジメントに関する義務の考え方と契約への反映
    ●「瑕疵(契約不適合)」や「債務不履行」を判断する際の
     「債務」の内容をどのように判断するか
    ●追加費用の請求が可能なケースと不可能なケース
    ●プロジェクトを中止する際の留意点

  3)システムの完成をめぐるトラブル
    ●代金の支払いを拒める場合と拒めない場合
    ●民法改正の影響と契約実務

  4)トラブル発生時に法務部門が確認すべき点
    ●裁判例からみる「勝ち負け」のポイント

2.システム保守契約
  1)個人情報保護法の解釈とシステム保守契約のポイント
  2)契約書に盛り込むべきポイント
  3)SES契約が偽装請負といわれないためのポイント
  4)委託先から情報漏洩が発生した場合のトラブルシュート

3.仮想のケースを用いた演習
  ●書類のどこにトラブルの予兆があるか
  ●交渉の際のポイントが書類のどこに記載されているか

受講料(一名様につき)


会員種別 税込価格 本体価格 消費税
単価 SMBC経営懇話会特別会員 31,900 29,000 2,900
SMBC経営懇話会会員 31,900 29,000 2,900
会員以外のお客様 31,900 29,000 2,900

※受講料は同一価格となります。  
※セミナー名、開催日、プログラム、受講料等が予告なく変更になる場合があります。
※申し込み時点で定員に達している等の理由によりお申込みいただけない場合があります。
  また、募集状況によりセミナー開催が中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※やむを得ずキャンセルの場合は、原則、開催日の前営業日の午後3時までに、HPからキャンセルをお願いいたします。
  HPからお手続きができない場合はお電話にてご連絡ください。
  開催日当日の取消しの場合は、受講料を全額ご請求いたします。 

各種お問い合わせや資料請求についてはこちらから